今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

美白化粧品でシミは消えない?今あるシミはどうやってケアしたら良いの?

シミ予防の美白化粧品は日常ケアに、今あるシミはハイドロキノンでケア

84a41038ad8a26febcc2cca273634892_s1

Q.美白化粧品を使ってもシミがなくならないのはどうして?
シミが気になってきたので美白化粧品を使い始めたのですが、いくら使っても全くシミが薄くなりません。
美白化粧品使ってもシミがなくならないのはなぜですか?私の使い方が間違っていたり、美白成分が合っていないとか、何か理由があったら知りたいです。
【Oさん 30代後半 専業主婦】

A.美白化粧品の効果はメラニンを抑制すること。予防的なものなので日常のケアに取り入れて!
美白化粧品に含まれる美白有効成分の働きは『メラニンの生成を抑制して、シミ・ソバカスの予防をする』というもの。今あるシミを薄くする効果はありません。全く効かないというわけではないのですが、一般的な美白化粧品を使ってシミを薄くするにはシミができるのと同じだけの時間がかかると言われています。

シミができるメカニズム、美白化粧品の効果、できてしまったシミをどうケアするかについて、順を追ってご説明しますね。

シミができるメカニズム

紫外線を浴びたり、炎症を繰り返したり、摩擦や乾燥によるストレスを感じると肌の中にあるメラノサイトという組織からメラニンが作られます。メラニンは様々な刺激から肌を守る傘のようなもので、徐々に角質層まで押し上げられてターンオーバーによって排出されてシミにはなりません。

ところが、年齢による肌の老化でターンオーバーが乱れたり、紫外線の浴びすぎや間違ったスキンケアでメラニンが大量に作られると排出が追い付かず肌に残るようになります。メラニンは黒い色をしているため、どんどんメラニンがたまっていくことでやがてシミになってしまうのです。

美白化粧品の効果とは?

美白成分によってどんなアプローチをするか違うのですが、ほとんどはメラニンの生成を抑制することでシミやソバカスを予防する効果です。今あるシミをなくすことはできませんが、シミがこれ以上濃く大きくならないようなケアをしてくれます。

日焼け止めだけでは完全に紫外線をカットできない上に、日々の肌ストレスによってメラニンが発生しているため、シミを薄くする効果がないからと言って使わなくなってしまうのはもったいないです。

このように、美白化粧品にはシミを薄くするのではなく予防としての高い効果があります。今の透明感を保ちたい、シミを作りたくないと思ったら美白化粧品を使い始めましょう。また、ニキビや肌荒れを繰り返しているとシミになってしまうので、肌のゆらぎが気になっている方にも美白化粧品がおすすめです。

できてしまったシミを薄くするにはハイドロキノン配合化粧品か美容皮膚科へ

もうすでにできてしまったシミを薄くするならハイドロキノン配合の化粧品がおすすめです。ハイドロキノンは別名・肌の漂白剤とも言われるほどシミに即効性がある成分で、元々は皮膚科のシミ治療に使われていた美白成分です。

シミを予防する効果は従来に美白化粧品に劣りますが、今あるシミを薄くしたい、消したいという方はぜひ試してみてください。ただ、ハイドロキノンは刺激が強く肌荒れを起こしやすいという側面もあるので、まずはトライアルセットで肌に合うか試してみる方が良いです。

また、即効性のあるシミケアや、完全にシミを薄くしたいと言う場合は美容皮膚科へ相談して治療するという手段もあります。

シミは一度できてしまうとなかなか消せない厄介な存在です。予防のために日常的に美白化粧品を撮りいてつつ、気になるシミはハイドロキノン配合化粧品や美容皮膚科でケアしていきましょう。

        
        

  関連記事

99%の使用者が満足したオーガニックスカルプシャンプー「チャップアップ」

毛髪診断士と美容師が共同開発したプレミアムな濃密オーガニックシャンプー とある調 …

ロクシタン「レーヌブランシュ」の植物の美白力がすごい!

出典:ロクシタン公式通販   「レーヌブランシュ」は、ロクシタンが20 …

ハリを今すぐ取り戻したい!それならCoyori美容液オイルを使うべきな5つのポイント

エイジングケア新定番の美容液オイル、その特徴とは? 最近お肌にハリがなくなってき …

洗顔の直後に美容液!?ハニープラセンタは出雲の温泉水配合の新感覚美容液!

化粧水より前に美容液!ハニープラセンタの特徴や使い方 何となく肌がゴワついて潤い …

赤ちゃんから大人まで!やさしく乾燥を防ぐ「ベビーバター」が限定ラベルで帰ってくる!

髪の毛から指先まで全身しっとり保湿ケアできるオーガニックバーム 出典:www.j …

顔以上に年齢が出るくびのしわ、早めにケアしましょう!

スマホ症候群の「ストレートネック」は要注意! 顔のエイジングケアを頑張っているあ …

骨だけが原因じゃない!顔のエラの出っぱりを解消させるセルフケア

エラを解消させるポイントは、咬筋(こうきん)という筋肉のマッスル化を予防する事! …

美白成分のアルブチンってなに?肌があまり強くない人にもおすすめ

アルブチンとはどういったもの?ハイドロキノンが合わない人は試してみては? 美白関 …

【必見!】年代ごとに違う『お肌の曲がり角』現象とは?

化粧ノリ、毛穴、シワ・・・。あなたのお肌は今何歳? いつまでも若々しい肌でいたい …

お肌で活躍する美肌菌、大事に育ててアンチエイジング!PMKなら美肌菌を培養してトリートメントできる!

肌で活躍する細菌がいる! 菌活という言葉もあるように、細菌の営みは本当に興味深い …