今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

チョコレートパックで美肌作り!効果・効能、方法は?

6c8b0c08c485cd2dbfc2cc9a64b9800c_s

甘いものが欲しくなった時に一かけのチョコレートを食べるとそれだけでも気持ちが落ち着きます。チョコレートはカカオの働きによりダイエット効果や美容効果も期待できるということでよく食べているという方も多いのではないでしょうか。

ですが、チョコレートの持っている美容効果というのはそれだけではありません。実は、チョコレートを使ってパックをすることで高い美容効果を期待できるのです。

そこで、チョコレートパックの効果・効能や方法についてご紹介しましょう。

チョコレートパックとは?

エステの中にもチョコレートパックを取り入れているところがあります。チョコレートにシアバターという天然由来の植物性油脂をまぜ、それを使ってマッサージ及びパックを行うエステが一般的です。

最後に成分をタオルで拭き取ってからシャワーで洗い流し、ボディミルクを使って肌の状態を整えます。

チョコレートパックの効果・効能

チョコレートはカカオやココアバター、砂糖をなどが含まれています。このうち、カカオとココアバターは美容に効果的な成分でもあるのでチョコレート使ったパックが美容に働きかけてくれるのです。

カカオには抗酸化作用を持ったポリフェノールのほか、食物繊維やミネラル、ビタミン、血行を良くするテオブロミンという成分が含まれています。どれも美肌作りにとって嬉しい働きをしてくれる成分ですよね。

ココアバターは中性脂肪やコレステロールを減らす働きを持った脂質のことなので、このダブルの働きによりチョコレートパックで嬉しい効果が期待できるのです。

具体的には美白効果、脂肪分解効果、シミやシワの改善、老化防止など。

チョコレートを食べるだけでもこれらの働きを期待することはできるのですが、ダイエット中の方などはどうしてもカロリーが気になりますよね。そういった方もチョコレートパックであれば取り入れやすいでしょう。

自分でもチョコレートパックはできる?

チョコレートパックはエステやサロンで行うのが一般的ではありますが、自分で行うことも不可能ではありません。

ただ単にチョコレートを溶かして使うのではなく、チョコレートパック用のクリームを作りましょう。

必要なものはカカオ90%以上のチョコレートまたは純ココアとヨーグルト、小麦粉(アレルギーがある方は不要)、オリーブオイル、ミネラルウォーターです。これらをすべて大さじ1ずつまぜ合わせ、顔や美白したい部分に伸ばしたら10分ほど放置して濡れタオルで拭き取ります。

最後にぬるま湯で洗い流しましょう。

チョコレートはあらかじめを細かく砕いて湯煎で溶かしておくと馴染みやすくなります。

チョコレートパックの注意点

目と唇の周りは皮膚が敏感なので避けましょう。洗顔をした後にパックをすると効果が高まります。また、初めてチョコレートパックに挑戦する方は5分程度の短い時間から試してみてくださいね。

チョコレートパックで美肌作り

チョコレートは食べても良い、塗っても良いと非常に嬉しい食材です。チョコレートパックは自宅でも簡単に試すことができるので、気になっている方はチェックしてみてくださいね。

ニキビができやすい方も食べるよりチョコレートパックを試してみた方が安心です。チョコレートを食べた上でパックもすれば内側と外側から働きかけることができるので、アンチエイジング効果や健康効果を高めることにも繋がります。

自宅の近くにチョコレートパックを取り扱っているエステやサロンがないという方も自作して試してみましょう。

        
        

  関連記事

顔にできるシミの種類とケア方法とは?適切なケアで透明感のあるお肌へ!

そのシミ、今のケア方法で大丈夫?シミの種類に合わせたケアをしよう 女性のお肌の悩 …

いつのまにしわしわに!? 老けて見られる首元のしわ…対策はどうすればいい?

首元のしわを作らない、改善するためにはどうすればいいのかご紹介します。 特に年齢 …

高機能ファンデとは?特徴やメリット、デメリットもご紹介!

様々な効果が期待できる高機能ファンデとはどういったものなのかについてご紹介します …

プラセンタで美肌作り!働きや期待できる効果、取り入れる時のポイントは?

美容の分野で注目されているプラセンタについてご紹介します。 プラセンタといえば、 …

出来れば併用したい…ボディ用日焼け止めは顔にも使えますか?

日焼け止めはボディ用と顔用で使い分けるほうが良い Q.ボディ用の日焼け止めを顔に …

更年期障害の治療「ホルモン補充療法」で肌や髪の若返り効果が!

目次1 アンチエイジング治療で人気の「ホルモン補充療法」とは?2 ホルモン補充療 …

秋冬から春夏へ。ファンデーションの切り替えの必要性とは?

ファンデを秋冬と春夏で使い分けた方が良いメリットとは? ファンデーションは季節に …

乾燥は一番の大敵!肌が乾燥する原因とは?

間違ったフェイシャルケア、続けていませんか? 顔の若々しさを決めるのは、ぷるっと …

保湿成分の役割を大きくわけて3つ 肌に合った保湿で効果的なエイジングケアを!

セラミド、ヒアルロン酸、天然保湿因子は全く違う性質の保湿成分 アンチエイジングの …

赤ちゃんから大人まで!やさしく乾燥を防ぐ「ベビーバター」が限定ラベルで帰ってくる!

髪の毛から指先まで全身しっとり保湿ケアできるオーガニックバーム 出典:www.j …