今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

深まるほうれい線の進行を食い止めるには保湿とビタミンC補給がポイント

b9edbe432093f31631946b755d24852c_s

顔の印象を一気に老けさせるほうれい線。放置するとどんどん深くなっていきます。最近では20代後半でもほうれい線予備軍が増えているとか。原因をしっかり把握して、しっかり対策していきましょう。

ほうれい線の種類

ほうれい線には、多く来分けて3つのタイプがあります。

乾燥型

紫外線や空気の乾燥等で肌表面の水分が失われ、肌のキメが乱れて小じわができた状態です。浅いほうれい線で20代30代にも多いタイプです。

たるみ・むくみ型

年齢とともに、コラーゲンやエラスチンなどの保湿成分を作り出す力が低下、肌の水分量も減少していき肌がハリや弾力を失って、たるみが生じます。頬に付着していく脂肪もたるみにつながります。

また冷えや塩分の取りすぎ等で老廃物や水分が顔にたまり、むくみが生じてそれがたるみを助長します。表情筋の衰えもあるので、一度ほうれい線が生じるとケアしなければ深まって行く一方です。

クセ型

口をヘの字にしていることが多いと、口角がさがってほうれい線ができやすくなります。噛み合わせや頬杖などのクセも影響します。

ほうれい線の関節原因

上記と重複しますが、たるみ・むくみ型を加速させる要因として下記があります。原因が複合化しやすいのもやっかいな点ですね。

紫外線ダメージ

紫外線はコラーゲンを破壊し、生成を妨げます。UVケアを怠らず、日々ケアをして紫外線ダメージの蓄積を防ぎましょう。

乾燥

季節的なものだけでなく、エアコンや、また化学繊維の洋服・下着などが肌を乾燥させます。

姿勢の悪さ・肩こり

パソコンやスマホなどで前屈みの姿勢が続くと、肩こりや首のこりが増加、血流やリンパの流れを妨げ、細胞に栄養が届かなくなって肌の老化を進めます。

目の疲れ

最近多いのが目の疲れによる目元のたるみ。老廃物が目元にたまってたるむことでほうれい線にもマイナスです。

たるみ・むくみ型ほうれい線 徹底対策

ほうれいの線種類によってケア方法は異なります。ここでは、一番深刻で原因が複合化しがちな、「たるみ・むくみ型」のほうれい線対策をまとめてみました。「乾燥型」や「クセ型」のほうれい線にも効果があります。

保湿ケア

保湿は全ての肌トラブル、エイジングケアの基本。乾燥につながる紫外線や外気を遮断しながら、まずは肌表面の角質層にたっぷり潤い成分を補給することが大切です。

保湿成分を角質層まで届かせるには、セラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸配合の化粧品を活用しましょう。またミストや加湿器などで、見逃しがちな部屋内での湿度キープも有効です、

コラーゲンサポート

たるんだ肌にハリや弾力を与えてリフトアップするためには、コラーゲンの生成をサポートすることが重要です。上記でもあげている保湿と、コラーゲン生成を促すビタミンCを摂取することが大切。

化粧品ならコラーゲン、レチノールやビタミンC誘導体、アスタキサンチンが配合されたものを積極的に使いましょう。またターンオーバーを活性化するプラセンタなどの美容成分も有効です。

ターンオーバーを活性化するために、睡眠も食事も正しくとってください。コラーゲンはそのまま食べてもダイレクトな効果はのぞめませんが、コラーゲンを体内でつくるために必要なビタミンCを鉄分と一緒に摂取すると効果アップです。

表情筋UP

肌の外側・内側からしっかり保湿し、コラーゲンをサポートすると同時に、衰えた筋力を強化させるフェイシャル・エクササイズや、マッサージなども行って行きましょう。血行が促進され代謝力もアップされて、ほうれい線への対策以外にも小顔効果や保湿力アップ、ハリ・弾力アップも期待できます。

簡単なものをいくつかご紹介します。

ベロ回しエクササイズ

ベロを回すだけの超簡単なエクササイズです。口を閉じたまま舌先を上の歯と歯茎の間に入れ、歯の表面に沿って舌をぐるりと回します。右回り20回、左回り20回の合計40回がワンセットです。朝昼晩1日に3セットは行いましょう。

フェイシャルマッサージ

ほうれい線になりやすい口元を優しくマッサージ。口角に手を当て、力を入れずに耳の方に引き上げるように動かします。

頭皮マッサージ

顔の皮膚と頭皮は繋がっているので、頭皮を揉みほぐすことで顔への血行が促進され、ほうれい線解消に効果があります。シャンプーの時などに行ってみて下さい。

保湿とビタミンCで深いほうれい線もしっかり解消!

ほうれい線には、大きく分けて、比較的浅い「乾燥型」、深い「たるみ・むくみ型」、また「クセ型」があります。「たるみ・むくみ型」の原因は、加齢や乾燥、紫外線ダメージ、姿勢の悪さなど、すべてのタイプに共通する部分があります。

対処方法としては、徹底した保湿と、ビタミンC補給によるコラーゲン生成の活性化がポイント! スキンケアに保湿成分やビタミンCを加えたり、食事で摂取したりして、肌の外側と内側からケアしていきましょう。えやマッサージで、表情筋を鍛えるのも有効です。

        
        

  関連記事

家庭用脱毛器の中でもかなりの人気を誇るケノンを解説!

数ある家庭用脱毛器の中でも有名なケノンについてを紹介します。 家庭用脱毛器の中で …

髪の日焼けが薄毛の原因?紫外線から髪を守ろう

紫外線が及ぼす髪と頭皮へのダメージと予防法 「顔や手足の紫外線対策はばっちり!」 …

抗糖化力に注目!見逃せないサクラのすごい美容効果

AGEsを抑制!コラーゲンの生成をサポートし、老化にワザあり 日本の春といえば桜 …

オールインワン型乳液!ラウディのクリーミィモイストミルクとは?

あえて、化粧水以外をまとめたクリーミィモイストミルクでお手軽スキンケア! エイジ …

手荒れが気になる女性必見!その原因とケアの方法について

乾燥したり、気温が下がる時期に手が荒れてしまうという女性は、案外多いものです。 …

口コミで評判の優秀プチプラクレンジング3選

コスパも機能も超優秀!一度は試したいクレンジング クレンジングは肌にぴったり密着 …

秋冬のケアこそ肝心!今までの美白ケアを台無しにする「シミ・リバウンド」にご用心

肌の乾燥がシミを悪化させる原因に!秋冬でも美白ケアはやめないで 春夏が来ると、美 …

ブーツを脱ぐ恐怖の季節がやってきた!気になる足のニオイ原因と対策

足が臭くて悩んでいる方のために改善ポイントをご紹介します。 男性でも女性でも足が …

キューティクルエッセンスの新・ヘアケア発想で、シャンプータイムが変わる!

キューティクルケアで翌朝のヘアスタイルが決まる!時間がたっても大丈夫 @suje …

年齢を重ねてもキレイな秘密は『成長ホルモン』

成長ホルモンを上げると若返る!?成長ホルモンの概要と成長ホルモンを上げるポイント …