今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

20代メイクはNG!美容部員が教える魅力的な30代、40代メイク

50cff70d8c2d2729afbafaf7fa7f948f_s

アラサー・アラフォー世代にありがちなのが、20代の時のままのメイクをしてしまうこと。20代は仕事も遊びも恋も全力投球で、メイクにも力が入って「キレイ!」と褒められることも多く、“私メイクルール”が確立する年齢。瑞々しい肌にはどんなメイクもよくなじみます。

が、肌に加齢の影響が出始める30代、40代ともなると、肌質も変わってきますし、隠したい部分も増えて行きます。いつまでも20代感覚でいると、“本物の”20代だけでなく、周囲からも「痛い」と思われてしまいます。

プロの美容部員に30代、40代メイクのコツを伺ってきました。

アイメイク

NGポイント:黒の太目アイライナー、極太マスカラ、つけまつ毛、がっつりと盛ったアイメイク。

肌がピンと張った20代とは異なり、コラーゲンが減少していく30代・40代は目元の負担を軽くすべき。盛り過ぎたアイメイクは目元の薄い皮膚に負担をかけ、こじわ、たるみ、くまの原因を作ってしまいます。

ウォータープルーフのアイメイクを落とす時の摩擦もくせ者。つい20代と同じようにクレンジングや洗顔をしていると、マイナスの貯金をするようなもの。ある日突然、目元のシワやシミに驚くことに。

アイメイクをがっつりからきっちりに切り替えることで、目元の印象を高め、顔の下部分をカバーすることができます。

アイシャドウ

多色使いだと、どうしても濃くなりがちで老けて見えるので、基本は単色使いで。地味な色味だと肌がくすんで見え、また目元がくぼんで貧相に見えるので、発色のよいブラウンやゴールド、ベージュ系など明るめの色を選んで仕上げましょう。目元下地を使ってから塗ると薄い色でもきれいに発色します。

パール入りのアイシャドウは、まぶたをつややかに見せます。下まぶたのくすみやクマが気になる場合は、ツヤ感のあるクリームシャドウでカバーしてください。

目元のシワは、ラメ入りのハイライトを目の上から目尻にかけて塗ると、光が反射して目立たなくなります。

アイライナー

アイライナーのつけすぎもNGですが、まったく使わないと目元が締まりません。目元が下がってくる年齢なので、少し長目に&心持ち目尻をはね上げるように描くと、リフトアップ効果が狙えます。

眉メイク

20代のような細すぎる眉は、かえって顔のたるみや脂肪を強調してしまいます。眉毛専用のはさみで整える程度にしましょう。パウダータイプの眉ペンシルで眉尻を少し描き加えることで、大人っぽい表情が作れます。

ファンデーション

NGポイント:厚塗り&すっぴん

肌が乾燥しやすく、また乾燥毛穴も目立ってくる年代。ファンデの厚塗りをすると毛穴にファンデが入り込んで、かえって凸凹が目立ってしまいます。それをカバーするために一層厚塗りに。

厚塗りはメイクがよれやすく化粧直しもタイヘンですし、肌にも負担大。またクレンジングでの摩擦ダメージもこわいところ。

といっても、20代と違ってくすみ肌にすっぴんはNG!シワ、シミ、そばかすも目立ってきます。UVケアもかねて、薄付きでもカバー力があり、肌色がきれいに見えるファンデを選びましょう。

美容成分配合の化粧下地を使うと、肌ケアしながらファンデをしっかり吸着させることができます。気になる部分はコンシーラーでカバーを。ファンデの前の一手間がナチュラル美肌を可能にします。

チーク

NGポイント:おてもやん

チークは他のアイテムと比較すると、あまり流行による変化がないので、20代の頃と同じ色を選びがち。頬にもハリツヤがある20代ならくるりと丸いチークもキュートさをアップしますが、30・40代だと悪目立ちしておてもやん顔に見えてしまいます。色味や塗り方、塗る部位を見直す必要があります。

30・40代のチークは、血色がアップしツヤ感がプラスされるものを選びましょう。乾燥防止にはパウダータイプより、ジェルやリキッドタイプがお薦めです。

また頬の高い部分に斜めに入れる入れ方は、頬がそげて顔が寂しく見えます。頬の真ん中にツヤ感がでるように塗ることでハリ感が出て、マイナス5歳が実現できますよ。

リップ

NGポイント:マットなリップ、ぬらぬらグロス

30・40代は肌自体がかさつきがちなので、マットに仕上げると年齢以上に老けて見えてしまう恐れあり。肌の色もキレイにうつりません。ツヤ重視で選んでください。

ただし、グロスなどでぬらぬらしすぎるのも若作りに見えるのでNG。上品なパール系でつややかな唇を作ってください。

逆に20代では悪めだち感のあった赤リップは、30代40代の大人の女性にこそ似合う色。くすみがちな肌&唇の色を、ひと塗りで明るく健康的に見せることができます。肌の色もトーンアップして、美肌効果も発揮できます。

普段からリップクリームなどで保湿も忘れずに!

年相応の30代、40代メイク

顔色がくすみがちな30代、40代メイクは、発色、血色、ツヤがポイント。20代のような濃いめのメイクではなく、全体に色味は控えめにしながらも、気になるエイジングサインをピンポイントでカバーし、ナチュラルに見えて若々しい肌作りを。

老け顔でも若作りでもなく、30・40代にしか出せない、大人の魅力を極めましょう。

        
        

  関連記事

よりよいスキンケアのために、知っておきたい化粧品と医薬品の違い

ネット通販をはじめ、コンビニやドラッグストアなど、いろいろな場所で化粧品が買える …

乾燥は一番の大敵!肌が乾燥する原因とは?

間違ったフェイシャルケア、続けていませんか? 顔の若々しさを決めるのは、ぷるっと …

「CCクリーム」はナチュラルメイクでもしっかりUV対策ができる優れもの

BBクリームはもう古い?流行のCCクリームってどんなもの? 今、新しいメイクアイ …

AHA(フルーツ酸)ピーリングで年齢肌や大人ニキビをすっきり一掃しよう!

安心・安全に老廃物を除去、ターンオーバーを正常化してつるつる素肌に フルーツから …

薬用美白濃密クリーム”ラスター”で膝や脚の黒ずみ、しっかりケア!

使えるのは脚だけじゃないんです 出典:LusTer 脚は、シミや色素沈着を起こし …

韓国発祥!クッションファンデ・クッションチークでつやつや肌に!

クッションファンデやクッションチークでツヤ肌を実現! メイクの技術はたくさんあり …

気になる美容皮膚科でのレーザー治療のいろいろ

シミができたらレーザーでなんとかしちゃおう、というぐらい気軽になってきたレーザー …

柔軟、ふき取り、収れん化粧水、しっかり使い分けできてますか?

保湿だけじゃない!角質を落としたり毛穴を引き締めたり、進化する化粧水たち 化粧水 …

美人の秘密はバランスにあり!顔の黄金比率とは?

顔の黄金比率が整っていると美人に見られます。女性の場合はメイクで顔の黄金比率い近 …

梅雨など湿気の多い時期に髪で悩みんでいる女性必見!広がりやうねりを抑える方法

梅雨や湿気の多い時期に対策となるヘアケア術のこと 梅雨の訪れや湿気が気になる時期 …