今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

ニベアで作るシュガースクラブは、アラサー・アラフォーに最適・最強

2016-12-26_160525

 

最近「ソルトスクラブ」に代わって話題なのが「シュガースクラブ」です。市販のシュガースクラブもありますが、「ニベア青缶シュガースクラブ」はプチプラなのに美肌効果絶大!と大評判です。

これなら自宅でも簡単に作れるので、気になっている方は早速作ってみてくださいね。

シュガースクラブとソルトスクラブの違い

砂糖にはもともと保湿効果があり、肌を柔らかくししっとりさせます。塩とは違って、水分に溶けやすいので、低刺激で肌に優しいのもポイント。

塩には殺菌・消毒効果と発汗作用、古い角質を除去し肌を引き締める効果があり、キメを整えてツルツルにします。一方で、砂糖に比べて粒子が粗く溶けにくいため、肌への刺激は強めです。

どちらも毛穴ケアに効果がありますが、ソルトスクラブは「肌の引き締め効果」、シュガースクラブは「肌の保湿効果」重視と覚えておくとわかりやすいですね。保湿力の低下や肌の乾燥が気になるアラサー・アラフォー向けにはシュガースクラブがお薦めです。

プチプラなのに凄い、ニベア青缶の実力

ニベアは、「保湿効果」「肌のクリーナー効果」「ヘアケア」「マッサージ」「ネイルケア」などさまざまな効果がある万能薬として古くから重宝されてきました。

最近では、マドンナも愛用の超高級クリーム「ドゥ・ラ・メール」と配合成分が酷似していることで話題にもなりましたね。さすがにまったく同じとはいきませんが、30ml入りで18,000円のクリームと似ているというのはすごいことです。

また他のスキンケアアイテムに混ぜて使うと、効果アップすることでも有名で、中でもハトムギ化粧水とのコラボは「ニキビ撃退、また高い保湿効果でツヤとハリを実感できる」と口コミでも人気です。

今回は砂糖との組み合わせで、潤いを保ちながら毛穴ケアができる最強コラボとなりました。

シュガースクラブの作り方

シュガースクラブの作り方は、ニベア、砂糖、オリーブオイルを以下の比率でよく混ぜるだけです。

  • ニベア:4
  • 砂糖:2
  • オリーブオイル:1

オリーブオイルの代わりにココナッツオイルやベビーオイルでもOKです。

また、はちみつを少々加えると、ミネラルなどの栄養素、殺菌・抗菌、美白作用等の美容効果が加わり、より美容効果が高まります。

シュガースクラブの使い方

クレンジング〜洗顔後、または入浴後の清潔な肌に使います。肌のザラつきが気になる部分にシュガースクラブを塗ります。その部分を円を描くように力をいれずにマッサージし、1〜2分放置します。その後ぬるま湯で洗い流して、清潔なタオルで水分を拭き取って完了。スクラブ後にはいつものスキンケアを行ってください。

シュガースクラブは基本的にどの部位でも使えます。小鼻の黒ずみを含めた顔全体、肘・膝・かかとの黒ずみや、首筋〜デコルテ、背中や、ひそかにザラザラ、ぶつぶつが気になるお尻にも!食べることはできませんがリップケアにも有効です。

ニベアも砂糖もオリーブオイルも肌に優しい成分なので、敏感肌でも使えるのも高ポイントです。

スクラブを使用する目安としては、一週間に1回くらいが適切。やりすぎはかえって毛穴を傷つけるので控えてください。

シュガースクラブの効果

毛穴ケア効果

ニベアと混ざることで砂糖のツブツブが完全には溶けずに丸く残り、マイルドなスクラブ効果を発揮します。砂糖の粒子には吸着力があるので、毛穴に詰まった汚れや、角質、余分な皮脂をしっかり排除して肌を浄化します。顔や身体の黒ずみや、くすみの解消、また大人ニキビケアに効果を発揮します。マッサージによる代謝力アップも見逃せません。

保湿効果

砂糖にはもともと優れた吸収力、保湿力、浸透力があり、保湿力の高いニベアと合わさることで、肌にしっかり浸透してより高い潤い力を発揮します。潤いが長続きするのもポイントです。

浸透力アップ

砂糖がもつ浸透圧によって、角質層の浸透力が高まるので、シュガースクラブ後に塗る化粧水や美容液、またボディローションやクリームの浸透率が高まり、個々の効果がアップします。

「美肌菌」が活発になる

皮膚の上には善玉の皮膚常在菌「美肌菌」がいます。美肌菌は汗や皮脂を食べ、肌の潤いを保つ働きのある「グリセリン」を排泄します。その「美肌菌」が、大好物の砂糖によって活性化するので、より肌がハリを取り戻してつやつやになります。

シュガースクラブはアラサー・アラフォーの毛穴ケアにお薦め

シュガースクラブは、溶けやすい砂糖を使うことで、ソルトスクラブや市販のスクラブに比べて肌に優しく、ニベアとのダブル保湿力で肌をしっかり潤わせながら、毛穴の汚れを除去することができます。

ほどよいマッサージ効果もあり、今使っているスキンケアアイテムの効果を高めることもできるので、ぜひ試してみてくださいね。

        
        

  関連記事

肌がきれいに見えるリキッドファンデーションの探し方&塗り方をご紹介

ただファンデーションを厚塗りしても美肌は作れません。ポイントについてご紹介します …

敏感肌はちょっとの日焼けがシミになる!?紫外線対策でシミを予防

敏感肌こそ紫外線対策が必要な理由とは アトピーやアレルギー体質の方は化粧品や気候 …

コスパの良いのコットンでできる激安ローションパックの正しい方法

佐伯チズさんが推奨し、多くの愛用者がいる「ローションパック」。自分の持っているロ …

今すぐ使いたい!ベビーパウダーの驚くべき万能コスメっぷり!

赤ちゃんだけに使うのはもったいないほど高機能なベビーパウダーの魅力をご紹介。 赤 …

アイケアもできるマルチ美顔器「RFボーテ フェイスEX」は毎日使えるスグレモノ

5つのモードでトータルケア!美顔器ひとつでクリーニングからアイケアまで &#82 …

ちょっと待った!その乾燥、間違ったW洗顔が原因かも?

間違ったW洗顔をしていませんか?今すぐチェック W洗顔とは「クレンジングを使って …

脱・香水ブス!失敗しない香水の選び方・付け方について

香水選びで失敗しないためのポイントや、TPOをわきまえた付け方について紹介します …

毛穴の開き、涙袋、法令線が目立ってきたら顔がたるみはじめてるサイン

保湿、マッサージで内側から活性化させリフトアップを! しわやしみと並ぶ三大加齢現 …

あなたはどのタイプ?日焼けの種類とタイプ

日焼けの種類とタイプを知って自分に合ったケアをしよう 女性は誰でも日焼けを嫌がり …

泡洗顔料は洗顔の新定番になるか!? メリットデメリットと各社の製品を比較

洗顔料を泡立てるのが苦手という方にもおすすめの泡洗顔料についてご紹介します。 洗 …