今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

保湿成分の役割を大きくわけて3つ 肌に合った保湿で効果的なエイジングケアを!

セラミド、ヒアルロン酸、天然保湿因子は全く違う性質の保湿成分

197dd894c3ed78eba6040f0ea7b93851_s1

アンチエイジングの基礎と言えば『保湿』です。年齢を重ねると肌の中で作られていた保湿成分がなかなか作られなくなり、どうしても乾燥しがちになるため化粧品で外から補ってあげるのはとても良いことです。

ところで、保湿成分にもそれぞれ役割があることはご存知でしょうか?どれも「保湿効果がある」という部分では変わらないのですが、それぞれ違った働きで肌にうるおいを与えてくれます。

保湿ケアの基礎知識ともいえる保湿成分の役割について見ていきましょう。

保湿成分の役割は大きくわけて3つ

水分を挟み込む『セラミド』

保湿成分の中でも特にうるおい持続効果があるのがこの『セラミド』です。セラミドは肌のうるおいをキープする細胞間脂質において約半数を占める成分で、細胞の間に水分を挟み込んで水分の蒸発を防いでくれます

ひどい乾燥肌で刺激を感じる、アトピーで乾燥や肌荒れを繰り返している、といったケースではセラミド不足が大きな原因と言われています。

なかなか乾燥が改善しない時はぜひセラミド配合の化粧品を試してみてくださいね。セラミドの他、スフィンゴ脂質、リピジュアなども細胞間脂質の一種。セラミドより保湿力は弱めですが、これらの成分を配合しているものもおすすめです。

水分を抱え込む『ヒアルロン酸』

保湿成分の中では比較的リーズナブルなヒアルロン酸は肌内部で水分を抱え込んでうるおいをキープしてくれる成分です。多くのスキンケア商品に使われている他、ヒアルロン酸原液なども販売されています。

湿度とは関係なく保湿効果を発揮するので、空気が乾燥する秋・冬でもしっかりうるおいを与えてくれます。ヒアルロン酸は分子が大きすぎて肌内部まで浸透しないという指摘もありますが、肌表面に付くことで乾燥はだ肌を守ってくれる働きもあります。ヒアルロン酸の他、コラーゲンなども水分を抱え込むタイプの保湿成分です。

水分をつかむ『天然保湿因子(NMF)』

水分をつかむ天然保湿因子(NMF)は、空気中の湿気を掴んで肌に取り込んでくれる成分です。夏場など湿度が高い時期はこれでも十分ですが、空気が乾燥している冬はこれだけだとちょっと物足りないのがネック。天然保湿因子の他、化粧品ではおなじみのグリセリンも水分をつかむ働きをしています。

どうでしょう?保湿と言ってもこれだけ違った働きをしていると、どんな保湿成分を配合しているかもしっかりチェックしなきゃ!という気になりましたよね。

保湿力が高ければ良いというものでもなく、今の自分の肌の乾燥状態に合わせて保湿成分を選ぶのがポイントです。過剰は保湿やスキンケアは「自分からうるおわなくても良いんだ」と肌に勘違いさせて乾燥を悪化させたり、老化を進行させる原因になります。

肌に合った保湿ケアでいつまでも若々しい肌をキープしましょう!

        
        

  関連記事

知っておきたい「スフィンゴ脂質」とセラミドの関係性

高い保湿機能とバリア機能、そして安全性で乾燥肌に効果あり 「スフィンゴ脂質」をご …

かゆい!痛い!ニキビとは違うポツポツの顔湿疹に悩む方へ!対策や効果的なアイテムを紹介!

顔湿疹の原因や改善法などについてご紹介します。 顔湿疹とは何かというと、これは、 …

ちょっと待った!その乾燥、間違ったW洗顔が原因かも?

間違ったW洗顔をしていませんか?今すぐチェック W洗顔とは「クレンジングを使って …

そのスキンケア勘違いかも!炎症が肌にもたらす老化現象とは?

シミ、シワを作る勘違いスキンケアをチェック! 突然ですが、スキンケアを何のために …

アイケアもできるマルチ美顔器「RFボーテ フェイスEX」は毎日使えるスグレモノ

5つのモードでトータルケア!美顔器ひとつでクリーニングからアイケアまで &#82 …

ワキ体臭にワンプッシュで簡単対策!クリアンテとは?

とても手軽にニオイ対策ができるアイテムであるクリアンテをご紹介します。 ↓公式サ …

必見!ナチュラルで涼しげな大人の浴衣メイク!

ベースメイクは?アイメイクは?浴衣の時にぴったりなメイクのポイントをご紹介! お …

パックタイプの美輝肌マスクで時短しながら楽々エイジングケア

働いてても肌のことは考えてあげたい、忙しい女性におすすめ そろそろエイジングケア …

高い美白効果と抗酸化作用で、肌を老化からガードする「エラグ酸」

植物性ポリフェノールの力で安心、安全に美白ケアしよう エラグ酸は、ザクロやイチゴ …

目立ってしまう口周りのにきび。実は体の不調を表していた!

気づけば出来ていることが多い口周りのにきび、その原因と対処法を知っておきましょう …