今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

保湿成分の役割を大きくわけて3つ 肌に合った保湿で効果的なエイジングケアを!

セラミド、ヒアルロン酸、天然保湿因子は全く違う性質の保湿成分

197dd894c3ed78eba6040f0ea7b93851_s1

アンチエイジングの基礎と言えば『保湿』です。年齢を重ねると肌の中で作られていた保湿成分がなかなか作られなくなり、どうしても乾燥しがちになるため化粧品で外から補ってあげるのはとても良いことです。

ところで、保湿成分にもそれぞれ役割があることはご存知でしょうか?どれも「保湿効果がある」という部分では変わらないのですが、それぞれ違った働きで肌にうるおいを与えてくれます。

保湿ケアの基礎知識ともいえる保湿成分の役割について見ていきましょう。

保湿成分の役割は大きくわけて3つ

水分を挟み込む『セラミド』

保湿成分の中でも特にうるおい持続効果があるのがこの『セラミド』です。セラミドは肌のうるおいをキープする細胞間脂質において約半数を占める成分で、細胞の間に水分を挟み込んで水分の蒸発を防いでくれます

ひどい乾燥肌で刺激を感じる、アトピーで乾燥や肌荒れを繰り返している、といったケースではセラミド不足が大きな原因と言われています。

なかなか乾燥が改善しない時はぜひセラミド配合の化粧品を試してみてくださいね。セラミドの他、スフィンゴ脂質、リピジュアなども細胞間脂質の一種。セラミドより保湿力は弱めですが、これらの成分を配合しているものもおすすめです。

水分を抱え込む『ヒアルロン酸』

保湿成分の中では比較的リーズナブルなヒアルロン酸は肌内部で水分を抱え込んでうるおいをキープしてくれる成分です。多くのスキンケア商品に使われている他、ヒアルロン酸原液なども販売されています。

湿度とは関係なく保湿効果を発揮するので、空気が乾燥する秋・冬でもしっかりうるおいを与えてくれます。ヒアルロン酸は分子が大きすぎて肌内部まで浸透しないという指摘もありますが、肌表面に付くことで乾燥はだ肌を守ってくれる働きもあります。ヒアルロン酸の他、コラーゲンなども水分を抱え込むタイプの保湿成分です。

水分をつかむ『天然保湿因子(NMF)』

水分をつかむ天然保湿因子(NMF)は、空気中の湿気を掴んで肌に取り込んでくれる成分です。夏場など湿度が高い時期はこれでも十分ですが、空気が乾燥している冬はこれだけだとちょっと物足りないのがネック。天然保湿因子の他、化粧品ではおなじみのグリセリンも水分をつかむ働きをしています。

どうでしょう?保湿と言ってもこれだけ違った働きをしていると、どんな保湿成分を配合しているかもしっかりチェックしなきゃ!という気になりましたよね。

保湿力が高ければ良いというものでもなく、今の自分の肌の乾燥状態に合わせて保湿成分を選ぶのがポイントです。過剰は保湿やスキンケアは「自分からうるおわなくても良いんだ」と肌に勘違いさせて乾燥を悪化させたり、老化を進行させる原因になります。

肌に合った保湿ケアでいつまでも若々しい肌をキープしましょう!

        
        

  関連記事

アラサーアラフォーに大人気!ロクシタンの魅力大分析!

出典:ロクシタン公式通販   アラサーアラフォーに大人気のロクシタン。 …

チョコレートパックで美肌作り!効果・効能、方法は?

甘いものが欲しくなった時に一かけのチョコレートを食べるとそれだけでも気持ちが落ち …

自宅でサロン仕様のビキニライン美白ケアができる!「VL WHITE(ヴィエルホワイト)」

独自のリポゾーム美容成分が美白効果・美肌効果を高め、黒ずみ解消! おしゃれな水着 …

【保存版】全身うるうる!秋のスキンケア・ヘアケア大特集!

秋といえば、食欲の秋、芸術の秋、など様々ですが、女性ならやはり“スキンケアの秋” …

フェイシャルエステ、美容整形、毎日自宅で表情筋を鍛える…結局、たるみに一番効くのはドレ?

お顔のたるみを改善させるためには、どの選択肢が一番いいの? とにかく効果的なたる …

髪の日焼けが薄毛の原因?紫外線から髪を守ろう

紫外線が及ぼす髪と頭皮へのダメージと予防法 「顔や手足の紫外線対策はばっちり!」 …

【保存版】化粧品は最後まで使い切れる!試す価値ありの裏技や変身術を大紹介

使いきれない、合わない化粧品を最後まで使う方法や有効活用する方法を紹介! 化粧品 …

乾燥性敏感肌とは?症状や原因、対策の他、おすすめ商品を紹介!

肌が乾燥する季節は特に注意が必要な乾燥性敏感肌についてご紹介します。 肌には様々 …

40代、抜け毛が増えてきたかも…。女性用育毛剤はどんなときに使うべき?

女性も薄毛に注意!髪の状態に合わせて女性用育毛剤を使おう スキンケアアイテムを年 …

ホームケアで効果が実感できないなら美容皮膚科で美白もおすすめ

美容皮膚科とは何?どのような美白対策を行うことができる? 自宅で美白する方法はい …