今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

保湿成分の役割を大きくわけて3つ 肌に合った保湿で効果的なエイジングケアを!

セラミド、ヒアルロン酸、天然保湿因子は全く違う性質の保湿成分

197dd894c3ed78eba6040f0ea7b93851_s1

アンチエイジングの基礎と言えば『保湿』です。年齢を重ねると肌の中で作られていた保湿成分がなかなか作られなくなり、どうしても乾燥しがちになるため化粧品で外から補ってあげるのはとても良いことです。

ところで、保湿成分にもそれぞれ役割があることはご存知でしょうか?どれも「保湿効果がある」という部分では変わらないのですが、それぞれ違った働きで肌にうるおいを与えてくれます。

保湿ケアの基礎知識ともいえる保湿成分の役割について見ていきましょう。

保湿成分の役割は大きくわけて3つ

水分を挟み込む『セラミド』

保湿成分の中でも特にうるおい持続効果があるのがこの『セラミド』です。セラミドは肌のうるおいをキープする細胞間脂質において約半数を占める成分で、細胞の間に水分を挟み込んで水分の蒸発を防いでくれます

ひどい乾燥肌で刺激を感じる、アトピーで乾燥や肌荒れを繰り返している、といったケースではセラミド不足が大きな原因と言われています。

なかなか乾燥が改善しない時はぜひセラミド配合の化粧品を試してみてくださいね。セラミドの他、スフィンゴ脂質、リピジュアなども細胞間脂質の一種。セラミドより保湿力は弱めですが、これらの成分を配合しているものもおすすめです。

水分を抱え込む『ヒアルロン酸』

保湿成分の中では比較的リーズナブルなヒアルロン酸は肌内部で水分を抱え込んでうるおいをキープしてくれる成分です。多くのスキンケア商品に使われている他、ヒアルロン酸原液なども販売されています。

湿度とは関係なく保湿効果を発揮するので、空気が乾燥する秋・冬でもしっかりうるおいを与えてくれます。ヒアルロン酸は分子が大きすぎて肌内部まで浸透しないという指摘もありますが、肌表面に付くことで乾燥はだ肌を守ってくれる働きもあります。ヒアルロン酸の他、コラーゲンなども水分を抱え込むタイプの保湿成分です。

水分をつかむ『天然保湿因子(NMF)』

水分をつかむ天然保湿因子(NMF)は、空気中の湿気を掴んで肌に取り込んでくれる成分です。夏場など湿度が高い時期はこれでも十分ですが、空気が乾燥している冬はこれだけだとちょっと物足りないのがネック。天然保湿因子の他、化粧品ではおなじみのグリセリンも水分をつかむ働きをしています。

どうでしょう?保湿と言ってもこれだけ違った働きをしていると、どんな保湿成分を配合しているかもしっかりチェックしなきゃ!という気になりましたよね。

保湿力が高ければ良いというものでもなく、今の自分の肌の乾燥状態に合わせて保湿成分を選ぶのがポイントです。過剰は保湿やスキンケアは「自分からうるおわなくても良いんだ」と肌に勘違いさせて乾燥を悪化させたり、老化を進行させる原因になります。

肌に合った保湿ケアでいつまでも若々しい肌をキープしましょう!

        
        

  関連記事

【保存版】除毛石鹸が話題!お風呂で体を洗うついでに手軽にムダ毛対策!

女子力を高めるためにツルスベの肌を目指すことは欠かせません。しかし、面倒なムダ毛 …

繰り返す大人ニキビを解消するには草花木果の”どくだみ”を選んで!

大人ニキビ対策として草花木果 どくだみを取り入れよう! 草花木果 どくだみは大人 …

美肌ケアに不可欠な「天然保湿因子(NMF)」ってどんな成分?

天然保湿因子(NMF)はもともと私たちの肌が生み出す天然の保湿成分 スキンケアを …

花粉症のときのメイクってどうしたらいい?ポイントやコツを教えて!

花粉症が持病の女性は毎年いつから花粉が飛び始めるのか、戦々恐々なのではないでしょ …

高い美白効果と抗酸化作用で、肌を老化からガードする「エラグ酸」

植物性ポリフェノールの力で安心、安全に美白ケアしよう エラグ酸は、ザクロやイチゴ …

なぜ紫外線は肌によくないの?肌を傷める光老化とは?

若々しい肌の決め手は紫外線対策と美白ケア 紫外線の怖い真実 スキンケアに特に興味 …

毛穴の開き、涙袋、法令線が目立ってきたら顔がたるみはじめてるサイン

保湿、マッサージで内側から活性化させリフトアップを! しわやしみと並ぶ三大加齢現 …

デリケートゾーンの悩み、予防だけでなくできてしまった黒ずみ解消に「イビサクリーム」

デリケートゾーンだけでなくバストトップ他にも使える実力派・美白クリーム >>思い …

エターナルプレミアムプラセンタドリンクで内側から美しく変身!

高配合のプラセンタ+贅沢な美容成分で話題のドリンクをご紹介します クリスマスに忘 …

一生残るかも?ニキビ跡の恐怖、どう対処すべき?

大人のニキビ跡はターンオーバーだけでは間に合わない 大人の悩みの1つ、ニキビ。思 …