今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

クレンジングの洗い流し、すすぎのポイントは?

クレンジングのすすぎはこすらず手早く10回程度で!
58543632e2c15d9d1b492aca88ef0c5c_s
Q.クレンジングの洗い流し、すすぎのポイントは?
クレンジングですすぐ時、どうやって洗い流したらいいのかでいつも迷います。こするのはあまり肌に良くないと言うし、でもこすらないとよく落ちないし…すすぎのポイントがあれば教えてください!(35歳 Iさん 主婦/パート)

A.クレンジングは10回程度の洗い流しが目安。残りやすい部分は特に丁寧に!
1日中メイクしていた肌はお疲れモード。粒子が細かくて毛穴につまりやすいメイクは家に帰ったらすぐ落とすのが美肌の秘訣。でもクレンジングの方法を間違っていると肌荒れの原因になります。洗浄力と脱脂力の強いクレンジングは特に丁寧にすすいであげないといけません。くれんジグノ洗い流しやすすぎのポイントをまとめました。

そもそもクレンジングの役割とは?

クレンジングはメイクを浮かせて水となじませるためのアイテムで、汚れをスッキリ落とすのは洗顔料の仕事です。クレンジング後のすすぎは汚れを落とすのではなく、クレンジング剤が洗い流せればそれで十分。落ちにくいアイメイクやリップメイクを無理やり落とすためにゴシゴシこするなんて言語道断、目元や唇は顔の中でも特に皮膚が薄く乾燥しやすい部分なので面倒でも専用のリムーバーを使いましょう。

クレンジングの落とし方は『手早く、10回程度』がポイント

クレンジングは油分を含むメイクを浮かせるために洗浄力や脱脂力が強い成分を使っています。できるだけこすらずに手早く落とすのが肌を傷めないポイントです。クレンジングとメイクがなじんで乳化するように指先で軽くなでながら10回程度でささっとクレンジング剤を洗い流します。ここで重要なのが『こすらない』こと!なじませるようになでるのはあくまで優しいタッチで。「落ちろ落ちろ」とゴシゴシこするのは絶対にダメ!

ただし、クレンジング剤は油分を多く含むものが多いので洗顔前にしっかり落とせていないと洗顔料では落としきれずに毛穴の黒ずみやニキビにつながるケースも多います。

残りやすい、生え際やこめかみ、顎の裏側、鼻のわきなどは特に丁寧にすすいでください。隅々までよーくクレンジングを落とす、でもこすらないで手早く!これがクレンジングのすすぎで大切なことです。普段からゴシゴシこするのがくせになっていると無意識に力を入って面倒に感じますが、手のひら全体を使って指先から力を抜くように意識すると楽に実践できるので試してみてください。

いかがでしたでしょうか?クレンジング→洗顔と2段階のケアは肌に大きな負担になりますが、こすらないですすぐだけでも肌への負担が減って未来のキレイな肌を守れます。

こすると汚れがスッキリ落ちて気持ち良いですが、摩擦による刺激はシミの元であるメラニンを発生させたり、肌の赤みの原因になるので、できるだけこすらないでクレンジングをすすぎましょう。

        
        

  関連記事

肌に透明感を出すにはどうしたらいい?くすみの原因とケア方法

くすみタイプ別、透明感を取り戻すスキンケアテクニック 抜けるような透明感のある肌 …

10秒でケア!ワキガ・足の匂い対策にはCLEANEO

たったの10秒でニオイ対策ができるCLEANEOについてご紹介します。 ↓公式サ …

梅雨でも美人をキープ!周りと差をつけるためのポイント4つ

梅雨の季節は積極的に雨を楽しむのがキレイの秘訣です 雨が長く続く梅雨の季節は、湿 …

冬にぐーんと老けこんでしまうのはなぜ?

「あ、乾いてるかも!」と思ったら、すぐに保湿を Q:冬に老けこんで見えるのはなぜ …

意外とみんな気にしてる…歯磨きでも消えない口臭の解決策は?

口臭の原因、対策法を紹介します 「毎日歯磨きしてるのに、なぜか口臭がキツくなる! …

目が小さく見えるのは蒙古ひだが原因!?整形なしでデカ目にするマッサージ方法とは

蒙古ひだを改善するマッサージとは?そのやり方は? みなさんはメイクをするとき、ど …

99%の使用者が満足したオーガニックスカルプシャンプー「チャップアップ」

毛髪診断士と美容師が共同開発したプレミアムな濃密オーガニックシャンプー とある調 …

お肌をうるうるに! 保湿成分を学んで賢く保湿しよう

保湿成分の役割、どのくらい知っていますか? 化粧品にはたくさんの成分が含まれてい …

万能!ココナッツオイルで上質オイルクレンジング&洗顔!

高い抗酸化効果・免疫力&保湿力アップで肌トラブルゼロ洗顔 巷でウワサのココナッツ …

本当に若々しい年齢不詳美人になるにはパーソナルカラーの活用を!

「若づくり」と「若さ」の勘違いって、どこから生まれるの? スキンケアやファッショ …