今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

気になるプチ整形の相場はどのくらい?

シワやたるみにも即効性あり!日々のスキンケアやエステでは得られない効果

87cbfe61696bcc7e84f7a5cf47b8f99a_s

メスを使わない「プチ整形」の体験者が増えています。私の友人にも「眉間の気になる縦じわをプチ整形で解消した」「眼瞼下垂(がんけんかすい)をプチ整形した」という体験者がいますが、どちらも「すごく簡単だったよ~」「すぐに効果が出てホント嬉しかった!」と大好評。

眉間のシワの友人いわく「人相が悪く見えていやだったから毎日マッサージしてたし、エステにも通ったけど、あまり効果なかったのがいっぺんにキレイになって、悩んでたのがウソみたい」だそうです。眼瞼下垂の友人は「目元がぐっと若返ってみんなにほめられる!視界も広がって目の疲れもとれた」そう。

メスを使わないプチ整形で悩みの元を解消!

たしかに毎日スキンケアに時間やお金をかけ、長時間かけて効果が出るのを待つ(出ないかもしれない)より、一気に効果が出るのは助かりますよね。

となると、気になるのはプチ整形の金額ですね。クリニックや施術内容、また本人の状態などによっても差はあるようですが、大体いくらくらいかかるのか相場を調べてみました。

切らないとはいえ、大切な顔に関わる手術なので、クリニック選びは慎重に行う必要があります。また、手術後は運動など禁止事項もあるので、しっかり守ってくださいね。

ほうれい線、しわ取り

顔の印象ががらりと変わるほうれい線、年々増えて行く小じわや深いしわ、鏡を見る度に気になりますね。頑張ってマッサージやパック、美容液などでケアしても「消える」ということはないのでは?プチ整形ではヒアルロン酸注入やボトックスでシワを解消します。

ほうれい線にはヒアルロン酸注入、表情ジワにはボトックスがよいといわれていますが、クリニックによっても異なるので、自分のシワはどちらがよいのかきちんとカウンセリングをうけてください

ヒアルロン酸注入は肌の内側から肌をもちあげシワをなくし、肌にハリと弾力をもたらします。ボトックスは筋肉を弛緩させてシワが固定化されるのを防ぎ、できにくくします。どちらも10分程度の施術で効果がその場で出るのも嬉しいですね。

相場としては3万円~10万円くらいの幅があります。肌やシワの状態や使うマシンや技術などによっても異なります。初回キャンペーンなどで格安に受けられる場合もありますが、回数も関係してくるので、内容をチェックしてくださいね。

眼瞼下垂(がんけんかすい)

年齢とともにたるみが目立つ目元、中でもまぶたが下がって見えにくくなる「眼瞼下垂」は加齢によって上まぶたを開ける筋肉が弱まることで悪化します。

先天的な場合は意識しやすいですが、成人の眼瞼下垂は意外と意識していない人も多いようですが、視界が狭まって、目の疲労度も増すことで、肩こりや頭痛などにもつながる場合があります

眼瞼下垂は、通常は切開手術で片目で約30~40万円、両目で約50万円ですが、プチ整形でも対応可能で、二重と同じく「埋没法」で対処できます。相場は20万円~40万円となっています。

フェイスライン

歳とともに顔の筋肉が弱まって顔がたるみ、フェイスラインが崩れてきます。メイクが決まらなくなって、写真をとってもイメージが違う、なんだか顔がむくんでみえる・・・。マッサージや美顔器などでリフトアッを頑張っている方も多いのでは?

プチ整形ならヒアルロン酸を注入することで、ハリを取り戻したるみを解消することが可能です。また気になるエラもボトックス注射で対応可能です。

アンチエイジングだけでなく憧れの小顔をめざせるのが嬉しいですね。頬・アゴ・額へのヒアルロン酸注入は10万円から、ボトックス注射は3万円〜20万円と幅があります。

速攻効果のある顔のアンチエイジング、チャレンジする価値大ですね。まずはカウンセリングでどういう方法がいいか、相談してみてくださいね。

        
        

  関連記事

ポリマーは肌に悪いって本当?どうして肌に良くないの?

よく聞くけど、ポリマーっていったい何? 目次1 ポリマーとは?2 ポリマーが化粧 …

女性専用の育毛剤『コンシャス スカルプ』@コスメで1位のその効果はいかに!?

ボリュームがない…ツヤがない…加齢による髪のコンプレックスを、『コンシャス スカ …

効果がないかも! 間違った日焼け止めの使い方してない?

日焼け止めの使い方は大丈夫?正しい使い方を覚えよう 夏に向けて紫外線が気になる季 …

ネイルアート効果もぐっとひきたつ!基本的な爪のカタチを極めよう

インパクトのあるスクエア、可愛いオーバル、爪のカタチでプチ変身! 指先を華やかに …

うるおいキープのポイントは乳液やオイルでふたをすること!

保湿化粧水を使っても乾燥するなら皮脂不足が原因かも Q.高保湿化粧水を使っている …

保湿剤として人気の「グリセリン」、粘度が高く重めのテクスチャーが特徴

吸湿性が強い分、活用方法や取り扱いには注意が必要! 「グリセリン」は保湿剤として …

紫外線吸収剤・紫外線散乱剤の違いとは?肌に優しい日焼け止めはどっち?

日焼け止めには2種類ある それぞれの特徴とは? 日焼け止めに含まれる紫外線をカッ …

塗ってよし、食べてよし!アロエの美肌パワーでうるおい美人になろう!

アロエを食べるとコラーゲン量アップ!?アロエのアンチエイジング効果とは? 古くか …

レヴール・メルサボンの生コスメはシャンプー・ボディウォッシュ!

酸化を抑えたシャンプー・ボディウォッシュなら生コスメがおすすめ 生コスメと呼ばれ …

「伊勢志摩サミット公式お土産にも認定!」思わず誰かに見せたくなる!おもしろ系パックが話題

「パック姿は誰にも見せられない」のは過去の話! 今は見せたくなる時代です お江戸 …