今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

肌荒れの原因は花粉かも!?原因と症状、対策について知っておこう!

冬から春へと季節が変わるとき、肌トラブルが多いと感じている女性は多いのではないでしょうか。実はその原因が、花粉かもしれないのです。「自分は花粉症じゃないから」と軽視していると、皮膚炎に発展することもあるのです。

そこで今回は、花粉が原因でどうして肌荒れが起こるのか、そのときにはどんな症状が出るのか、どんな対策をすればよいのかについて、お話しします。

花粉によって起こる肌荒れにも種類があり、対処法が変わります。花粉による肌荒れが起こったときには、スキンケア方法を変える必要があります。また、自分が花粉による肌荒れが起こりやすいと知っていれば、発症する前に予防を心がけることができます。

そして、花粉症に悩む女性はほかの症状を同様に、花粉による肌荒れを最小限にできるように、シーズンが始まる前から心がけておくのがよいでしょう。なぜなら、花粉症による二次災害で肌荒れが起こることもあるからです。

また、花粉症で肌荒れしているときには、化粧品の選び方にも注意が必要です。何を基準に化粧品を選び、どのように使うべきかを知っておくと、肌荒れを悪化させずに済みます。

花粉症にまつわる肌荒れについてしっかり理解して、できることはいますぐ実践してみてくださいね。

花粉で肌荒れを引き起こす原因って何?

まず、花粉が肌荒れを引き起こす原因について、お話ししましょう。これは、「花粉症皮膚炎」「花粉による二次被害」に大別されます。

花粉症皮膚炎を発症する

そもそも花粉症とは、目や鼻の粘膜に侵入した花粉を、体外に押し出すために起こる、 アレルギー反応のことをいいます。そう聞くと、くしゃみや鼻水などを連想すると思いますが、実は肌の上でも起こっています。

花粉症皮膚炎とは、花粉が肌についた部分にアレルギー反応が起こり、皮膚にかゆみが出る、赤くなる、乾燥するなどの肌荒れが起こる症状をいいます。

花粉症皮膚炎は接触性皮膚炎の一つに分類されます。大半は、目や鼻にも花粉症の症状がみられますが、ごくまれに皮膚だけに炎症が起こるひともいるそうです。

花粉症が原因の二次被害によるものもある

花粉症になると、どうしても鼻をかむ機会が増えます。そして、花粉をブロックするために、マスクを装着するひとが多いです。その結果、ティッシュやマスクと肌が慢性的に摩擦することで、肌荒れが起こるのが、花粉症が原因の二次被害です。

花粉症皮膚炎にせよ、花粉症による二次被害にせよ、結果として肌のバリア機能が低下し、乾燥してしまうことに変わりはありません。そして、乾燥した肌に花粉が挟まり、ずっと肌についた状態になることで、さらにアレルギー症状が重くなるのです。

花粉による肌荒れの症状と対処法とは?

では、花粉による肌荒れには、どんな症状があらわれるのでしょうか。そして、対処法はあるのでしょうか。気になりますよね。

花粉が肌につくことで起こるアレルギー反応とは?

肌に花粉がつくことで起こるアレルギー反応としては、皮膚が赤みを帯びる、ブツブツができる、かゆみを感じる、ヒリヒリする、乾燥することがあげられます。

目のかゆみや鼻水・鼻づまりといった、花粉症特有の症状がなくても、花粉シーズンに入って肌荒れが続いたときには、花粉が原因かもしれないと疑ってみましょう。

花粉による肌荒れに対処する3本柱

では、花粉による肌荒れを改善するためには、どうしたらいいのでしょうか。その改善方法は、「正しいスキンケア」「花粉症に効果のある食事」「生活習慣の改善」3本柱になります。

正しいスキンケアとは、肌を刺激しない洗顔と、徹底した保湿です。洗顔するときには、いつも以上に洗顔料を泡立て、使うお湯も30度程度のぬるま湯にしましょう。その際、顔を刺激しないように、泡を力を入れずに動かすようにイメージしてください。

1分程度洗顔したら、しっかり落とします。そして、洗顔後はすぐに保湿をしてください。その際、敏感肌でも使えるタイプの化粧水や乳液、クリームを使うことをおすすめします。

次に食事面についてですが、栄養バランスのとれた食事を心がけることが基本です。そこに、花粉症によいとされるレンコンやゴボウなどの根菜、ヨーグルト、アジ・サバ・イワシなどの青魚、ニンジン・カボチャ・ブロッコリーといった緑黄色野菜を意識して加えると、花粉症の症状を抑える働きをしてくれます。

生活習慣の改善としては、十分に睡眠をとること、ストレスをためないこと、ホルモンバランスを整えることが大切です。

花粉による肌荒れに効く化粧品の選び方とは?

では、花粉による肌荒れがみられるときには、どんな化粧品を選んだらよいのか、気になりますよね。

スキンケア用品については、高保湿成分が配合され、低刺激のものを選ぶことをおすすめします。化粧水や美容液なら、セラミドやコラーゲンが配合されているものがよいでしょう。反対に、エタノールや〇〇硫酸という表示があるものは、刺激が強いので避けた方が無難です。

メイク用品については、油分の少ないファンデーションを選ぶことがポイントです。油分が多く含まれていると、どうしても花粉がつきやすいからです。オイルフリーのファンデーションを選ぶように心がけてください。

花粉による肌荒れの際のスキンケア方法

最後は、花粉による肌荒れが起こった場合のスキンケア方法です。まず、外出から帰宅したらすぐに化粧を落としましょう。その際には、刺激が強いシートタイプやオイルタイプを避けること、洗顔するときにゴシゴシ顔をこすらないこと、ぬるめのお湯で短時間に洗顔を終えることです。

そして、保湿をするための化粧水は、手であたためてから肌にやさしくのせます。その際、目元や口元など乾燥しやすい部分には、重ねづけをするのがポイントです。その後、乳液や美容液、クリームをつけるときにも、手で温めてから肌につけてください。

花粉症による肌荒れを予防する方法とは?

スキンケアや食事、生活の改善に加え、肌荒れを予防する方法も実践してみましょう。

花粉を浴びないように注意する

まず、花粉を浴びるのを最小限にすることです。マスクやサングラスを装着するなど、花粉が肌に触れないように保護してあげることです。

そしてもう一つ、心がけてほしいことがあります。それは、帽子をかぶることです。髪の毛には、花粉がつきやすく、それが肌に落ちて炎症が起こることが多いからです。帽子をかぶるときにも、髪の毛を出さないようにまるめるなど、気をつけてください。

マスクやティッシュの使い方を変える

マスクとティッシュは、花粉症のひとには手放せないアイテムです。ですが、マスクやティッシュをすることで、肌荒れを悪化させることもあるのです。そのため、くしゃみや鼻水がなく、鼻がムズムズする程度なら、マスクをするのを止めることをおすすめします。

また、マスクをする場合も、肌に密着するものより、立体タイプの方が肌にかける負担は少なくなります。そして、肌が触れる部分のマスクに、保湿用のクリームを塗っておくと、摩擦が起こりにくくなります。

鼻をかむときにも、こすったり、拭ったりするのではなく、優しく抑えながら、鼻水を吸い取らせるようにすると、摩擦が少なくなります。

できることはすぐ実践しよう!

花粉による肌荒れは、予防法や対策を徹底することで、症状を軽減することができます。自分ができることはすぐに実践して、肌荒れを悪化させないようにしましょう。

また、花粉による肌荒れをメイクでカバーしたいときには、簡単に落とせるように薄づけにする、ウォータープルーフは使わないのがポイントです。

もし、かゆみや赤みがひどくなったときには、セルフケアだけでは対処できないことがあります。メイクやスキンケアも苦痛になっているなら、すぐに皮膚科を受診しましょう。ワセリンや塗り薬、内服薬など、処方されたものを使うだけで、症状が軽減することがあります。

自己判断せず、専門医の指示に従いましょう。

        
        

  関連記事

意外に見られている?背中ニキビの対処法を知ろう

背中が見えるファッションなどできになるのが背中ニキビ。露出が多くなる季節の前に、 …

見られてますよ!実年齢が出てしまう首と手のパーツ・アンチエイジングケア

顔はメイクでカバーできても、意外と年齢が出やすいのが首と手。そして顔以上に見られ …

いつもの化粧水の浸透力を劇的にアップ、効果的に肌ケアしよう

ハンドプレスやパッティングで浸透力がここまで変わる! ギリギリまで寝ていたい朝。 …

自まつ毛をもっと印象的にするには育毛がオススメ!

毎日のメイクでダメージを受けて抜けがちなまつげを、しっかり育毛するにはどうしたら …

本格的なエイジングケアのためにノエビア505薬用スキンローションに注目してほしい5つの理由

お肌が乾燥したるみが気になってくると、本格的にエイジングケアを考えますよね。おす …

化粧水が浸透しない?角質ヘドロが溜まっているのかも

古い角質を除去して、しっかり保湿&美容成分補給しよう! 「最近化粧水が浸透しない …

秋冬のケアこそ肝心!今までの美白ケアを台無しにする「シミ・リバウンド」にご用心

肌の乾燥がシミを悪化させる原因に!秋冬でも美白ケアはやめないで 春夏が来ると、美 …

最先端の飲む日焼け止めサプリメント「雪肌ドロップ」で抗酸化ボディへ!

話題の成分「ニュートロックスサン」をはじめとするボタニカルパワーで光老化を防止 …

まだ間に合う!30代の顔のたるみ解消法

生活も顔も引き締めて、しっかりリフトアップしましょう 「たるんでる!」といっても …

スキンケアのテクスチャーはどう使い分ける?

しっとり?さっぱり?化粧品のテクスチャーはどうやって選ぶ? Q.ローションやクリ …