今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

紫外線がもたらす肌への影響は甚大!光老化を防ぐためにすべきことは?


健康を保つうえで日光を浴びることはとても大切なことです。ですが、紫外線対策をしないまま日光を浴びると、ダメージを受けるのも事実です。

実は、人間の肌が老化する原因の約8割が、「光老化」と呼ばれる紫外線による影響なのです。

この光老化を防ぐためには、紫外線をしっかり理解することから始める必要があります。

そこで今回は、紫外線の種類や多くなる時期や時間帯、紫外線がもたらす肌への影響について、お話しします。

さらに、聞きなれない光老化とは何か、普通の肌の老化とは何が違うのか、光老化の症状と予防方法についても触れます。

これまでの紫外線対策が甘かったとしても、これから始めれば受けるダメージは軽減できます。また、紫外線からダメージを受けるのは、肌だけではありません。

もし紫外線を浴びてしまっても、影響が及ばないようにしっかり日焼け止めを塗ることを、毎日の習慣にすることをおすすめします。

そして、紫外線対策は女性だけのものではなく、男性や子どもにも必要なことを理解し、家族みんなで取り組んでみてください。

それが5年後、10年後の肌や健康の状態をよくすることに役立ってくれるはずです。できることから実践してくださいね。

紫外線について知ることから始めよう

では、まず紫外線について、説明しましょう。紫外線とは、太陽光線の一種です。太陽光線には、紫外線(UV)のほかに可視光線や赤外線(IR)があります。

紫外線の種類とは?

紫外線にも種類があり、「UV-A(A波)」「UV-B(B波)」「UV-C(C波)」の3つに分かれます。

UV-A

UV-Aは、メラノサイトを活性化させ、肌を黒くする「サンタン」を起こすものです。紫外線の中でも波長が長く、雲や窓ガラスもと売り抜けます。そのため、UV-Bの20~30倍の量が注がれているといわれています。

さらにUV-Aは肌の真皮層まで届き、コラーゲン繊維を小さく切断し、エラスチンを変性させてしまいます。その結果、肌は弾力を失い、ひだやたるみができ、しわをつくります。

そして、皮膚にある細胞を遺伝子レベルで傷つけてしまうので、皮膚自体の免疫力も低下させます。

UV-B

UV-Bは、皮膚の表面にあるメラニン細胞を活性化させ、多量のメラニンを生成する働きをします。

そのため、サンバーンと呼ばれる日焼けの状態をつくります。UV-Bはエネルギーが強く、表皮細胞の遺伝子を傷つけます。そのため、シミや皮膚がんの原因となるのです。

UV-Aと比べると波長が短いので、肌の真皮層までは届きません。ですが、真皮にあるコラーゲン繊維を破壊するコラケナーゼという酵素の働きを高めてしまいます。

その結果、しわをつくる間接的な原因になってしまうのです。

UV-C

UV-Cは、UV-Bより有害な紫外線といわれています。ですが、オゾン層に吸収されてしまうので、これまでは重視されてきませんでした。とはいえ、オゾン層の破壊が進む現代、その危険性が指摘されています。

紫外線が多い時期や時間帯はあるの?

紫外線は、時期や時間帯によって、量が変化します。1年間で最も紫外線が多いのは、7・8月です。ですが、5月ころからかなり紫外線が強くなっています。

1日の中でも、紫外線の量は変化するのですが、最も多いのが10:00~14:00といわれています。この時間帯に、1日の約60%の紫外線が降り注いでいます。

紫外線が肌にもたらす悪影響とは?

では紫外線は、肌にどのような悪影響を及ぼすのでしょうか。

紫外線の肌への影響にはどんなものがあるの?

紫外線の肌への影響の筆頭といえば「サンタン」です。これは、UV-Aによって、少しずつ肌が黒くなるという日焼けです。

肌への刺激は弱いですが、長期的に進むことで肌の老化を早めてしまいます。

サンバーン

これは、UV-Bによって、一気に肌が日焼けしてしまった状態をいいます。肌に痛みやかゆみが出たり、ひどいどきには水ぶくれができ、皮膚がむけることもあります。

その結果、しみや跡が残ってしまうことも多いです。

シミ・そばかす

UV-Bを浴びることで、表皮の細胞が損傷されることが原因で起こります。人間の肌は、一度浴びた紫外線を記憶しています。

そのため、時間をかけてシミやそばかすができてしまうのです。そして、一度できると消すのは大変です。

しわ・たるみ

UV-Aが肌の真皮層に達し、繊維芽細胞と呼ばれるコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸をつくる細胞を損相させることで起こります。

そのほかの影響

紫外線の影響は、肌を老化させることだけではありません。「紫外線アレルギー(日光過敏症)」「免疫力低下」「皮膚がんの発症」などにも関係しています。

紫外線アレルギー(日光過敏症)
とは、紫外線を浴びることで湿疹ができる、ひどいかゆみを感じる、蕁麻疹ができるという症状が出る病気です。紫外線がアレルゲンになってしまうので、一度発症すると完治することはないといわれています。

また、紫外線を浴びすぎると皮膚の免疫力が下がるので、最近やウイルスに感染しやすくなります。

紫外線を大量に浴びた皮膚のみでなく、全身の免疫力の機能を抑えられることが近年の研究でわかったそうです。

そして、皮膚がんを発症するきっかけになります。日本人には「有棘細胞がん」「基底細胞がん」が多いです。

光老化って何?予防できるの?

では、みなさんが気になるであろう「光老化」について、お話ししましょう。

光老化と普通の老化の違い

光老化とは紫外線によって起こる老化のことをいい、加齢による自然老化とは違います。

自然老化は加齢とともに起こる肌の衰えのことです。これは誰もが避けることはできません。ですが、人間の肌の老化の原因のうち、自然老化がしめるのは20%程度です。残りの80%は光老化が原因なのです。

光老化は皮膚が紫外線を浴びたときに防御反応を起こし、厚く色が濃くなることで起こります。UV-Aが肌の真皮層に届くことで皮膚の弾性繊維が固まってしまい、光線性弾性繊維症が発症します。これが、肌の老化を促進させるのです。

光老化の症状とは?

光老化の症状は35歳前後からみられるようになります。シミやそばかすが目立つ、しわが深く大きくなる、肌がくすんだりざらつくようになるなど、紫外線にさらされている部分に、いろいろな症状がみられるようになります。

光老化を予防する方法は?

光老化を予防するためには、紫外線から肌を守るしかありません。特に、サンタンから肌を守ることが大切です。

まず、紫外線の強い時間帯の外出を控えることです。それが難しい場合には、外ではできるだけ日陰を歩く、日傘を使う、帽子をかぶる、袖や襟のついた洋服を着る、サングラスをかける、日焼け止めを上手に使うことも、紫外線対策には有効です。

紫外線対策をして肌を守ろう!

紫外線対策のために、日焼け止めをつけることを習慣にすることをおすすめします。その際、日焼け止めの選び方がポイントです。

日焼け止めを選ぶときには、UV-AとUV-Bの両方に有効なものにする、SPFは15以上、PAは+以上のものにするのが基本です。そして日焼け止めは、厚塗りかなと思うくらい塗る、汗で流れたらすぐ塗りなおすのが大原則です。

正しく日焼け止めを使って、紫外線対策をしましょう。

        
        

  関連記事

40代、抜け毛が増えてきたかも…。女性用育毛剤はどんなときに使うべき?

女性も薄毛に注意!髪の状態に合わせて女性用育毛剤を使おう スキンケアアイテムを年 …

まるで老人のような印象を与える恐ろしいしみ…紫外線対策、美白ケアだけじゃ防げないものも…

しみには種類があることを知ってますか? 顔の印象を変えてしまうしみ、一気に老けて …

いますぐ使い始めたい!ハトムギ化粧水のすごすぎる効果5つ

安くて良いものってたくさんありますが、ハトムギ化粧水はその中でも群を抜いてお勧め …

目立ってしまう口周りのにきび。実は体の不調を表していた!

気づけば出来ていることが多い口周りのにきび、その原因と対処法を知っておきましょう …

美容成分豊かなお茶の洗顔で、美白・美肌・アンチエイジング!

世界的にも注目を浴びているカテキンパワーを最大限活用しよう お米と同様、日本人の …

秋のゆらぎ肌の正体は『バリア機能の低下』、血行を改善して元気な肌へ!

夏の肌ダメージは秋のスキンケアで改善させて冬を迎えよう 紫外線やテカりが気になる …

秋冬から春夏へ。ファンデーションの切り替えの必要性とは?

ファンデを秋冬と春夏で使い分けた方が良いメリットとは? ファンデーションは季節に …

Function of beautyのオーダーメイドシャンプーが話題!

出典:www.functionofbeauty.com 髪質というのは一人一人個 …

【化粧直し裏技】ポーチに入れておきたい3つのレスキューアイテム

身近なアイテムが化粧直しに大活躍!時間がないときの化粧直しテクも モテる女のバッ …

【知っておきたい】アンチエイジングの成分

アンチエイジングに求めるものは?理想の肌を叶える成分をチェック! 『アンチエイジ …