今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

【保存版】スベスベ素肌を目指すなら、除毛クリームがおすすめ!その効果と選び方とは?

夏が近づくと、ムダ毛が気になりますよね。海やプールに出かける予定がある女性は、脇や手足だけでなく、VIO(陰部)ラインの処理も気になるはずです。

エステティックサロンで脱毛処理をするのもよいですが、どうしても高額な費用がかかってしまいます。そのため、自宅でセルフケアする女性も多いものです。

脱毛のためのセルフケアの方法には、毛抜きで抜く、カミソリで剃る、家庭用脱毛器を使うなど、いろいろな方法がありますが、中でもおすすめなのが「除毛クリーム」を使うことです。

そこで今回は、除毛クリームとは何か、その成分や効果、使用するメリットとデメリット、除毛クリームの種類の違いと選び方、おすすめの除毛クリームなどについて、お話しします。

除毛クリームって何?脱毛とはどう違うの?

除毛クリームについて説明する前に、除毛と脱毛の違いについて、説明しておきましょう。

脱毛とは

脱毛とは、その名の通り、ムダ毛を毛根から取り除くことをいいます。自宅でセルフケアする方法と、エステティックサロンなどで脱毛処理をしてもらう方法があります。

セルフケアでの脱毛はお金をかけずに行えますが、毛穴が開く、炎症を起こして色素沈着するなどのトラブルが起こることも多いようです。

一方のエステティックサロンで脱毛処理を行う際には、光脱毛やニードル脱毛、医療レーザー脱毛などの種類があり、熱でムダ毛の毛根を破壊することで、再び生えてこないようにします。

その場合、皮膚深部の毛根を処理することになるため、多少の痛みを伴うことがあります。

除毛とは

一方の除毛とは、皮膚の表面にみられるムダ毛を取り除くことをいいます。カミソリやシェーバーを使って剃る、あるいは除毛剤を使って取り除く方法があります。

この除毛する方法の一つに、除毛クリームを使うことがあげられるのです。

除毛クリームとは

除毛クリームとは、アルカリ成分を配合してつくられた、ペースト状のクリームのことをいいます。

決められた時間、肌に除毛クリームを塗ることで、生えているムダ毛のたんぱく質を溶かして除毛します。脱毛ではないので、除毛クリームでセルフケアしても、時間がたつと再びムダ毛は生えてきます。

最近は、女性のムダ毛処理のための商品だけでなく、体毛の濃い男性のムダ毛を除毛するための強力な除毛クリームも販売されています。

除毛クリームの成分にはどんなものが含まれるの?

人間の体毛はアルカリ性に弱く、触れると分解して溶けるという性質を持っています。除毛クリームは、そうした性質を活用し、アルカリ性の薬剤を配合することで、ムダ毛のたんぱく質を溶かすことで除毛します

では、実際にはどんな成分が配合されているのでしょうか。

チオグリコール酸カルシウム

除毛クリームで使われることの多い成分には、「チオグリコール酸カルシウム」があげられます。

チオグリコール酸は、メルカプト酢酸と呼ばれることもあり、刺激臭がある無色の酸です。このチオグリコール酸に含まれているカルシウム塩のことを、チオグリコール酸カルシウムといいます。

体毛を構成しているケラチンタンパク質を変性して溶かす働きがあるので、除毛クリームには5~10%配合されていることが多いです。

水酸化カルシウムと水酸化ナトリウム

次に、「水酸化カルシウム」と「水酸化ナトリウム」です。

水酸化カルシウムと水酸化ナトリウムは強いアルカリ性成分を持ち、体毛に含まれるたんぱく質の分解や溶解を促します。そのため、除毛クリームのうち2~6%程度配合されている商品が多いです。

ここで覚えておいてほしいのが、除毛クリームを塗ることで、脱毛しているわけではないということです。除毛クリームの成分によって、肌表面に出ている体毛のたんぱく質を溶かすことで、除毛をしています。そのため、作用するのは肌表面に出ているムダ毛だけになります。毛根には作用しないので、時間が経つと再びムダ毛は生えてくることになることを、しっかり認識しておく必要があります。

除毛クリームには効果があるの?効果が続く期間は?

除毛クリームは、カミソリやシェーバーを使ってムダ毛のセルフケアをするより効果が高いといえるのか、気になる女性もいることでしょう。

そこで、カミソリやシェーバーを使ってムダ毛を剃ったときと、除毛クリームを使用した場合を比較してみましょう。

除毛クリームを使ってムダ毛を処理すると、カミソリやシェーバーを使ったときよりも、除去されたムダ毛の先端が丸くなります。そのため、再びムダ毛が生えてきたときに毛が薄くなったように感じたり、チクチク感がないというメリットがあります。

これは、毛根を破壊することはできませんが、除毛クリームが毛穴の内部に入り込んでムダ毛を溶かしているからです。

同じ理由で、カミソリやシェーバーを使ってムダ毛を処理したときに起こりがちな色素沈着や肌荒れは、起こりにくいといわれています。

では、除毛クリームの効果がどれくらい続くのでしょうか。それを知るためには、ムダ毛が生えるスピードについて理解しておく必要があります。

人間の体毛は、生えている場所によって、除去した後の再生スピードが違います。腋毛の場合は1日に約0.3mm、腕や脚のムダ毛の場合は約0.2~0.4mm伸びるといわれています。

除毛クリームを使った後、再びムダ毛が生えてくるスピードは、除去した部位によって異なるのです。

一般的に除毛クリームでムダ毛を処置した後、効果が持続する期間は3~7日間といわれています。体毛の濃さや質によって、個人差が出るのです。

除毛クリームを使うメリットとは?

では、ムダ毛処理をセルフケアで行うときに、除毛クリームを使うメリットについて、まとめておきましょう。

仕上がりがキレイ

まず、除毛クリームを使うと仕上がりがキレイなことです。

カミソリやシェーバーを使ってムダ毛を処理すると、どうしても切れたムダ毛の先端が黒く見えますし、毛抜きでぬくと肌表面にプツプツが残ることがあります。

除毛クリームは、ムダ毛のたんぱく質を溶かすことで取り除くので、見た目もキレイに仕上がります。ムダ毛を除毛した後の肌表面が、ザラザラしないことも、メリットといえるでしょう。

チクチク感が少ない

次に、ムダ毛は生えてくる際にチクチク感を感じにくいことです。カミソリやシェーバーを使ってムダ毛を処理すると、毛先が荒くなっているので、どうしてもチクチク感があらわれてしまいます。

ですが、除毛クリームはムダ毛のたんぱく質を溶かしているので毛先が丸くなっているので、生えてくるときにこうした刺激を感じることはありません。

使い方が簡単

そして、除毛クリームは使い方が簡単なことです。

脱毛までに必要な時間こそ、商品によって異なります。除毛したい部分の体毛が隠れるように除毛クリームを塗り、5~8分程度そのままにしてから、取り除くというのが一般的な使い方です。

一度に広範囲のムダ毛を処理することができますし、所定の時間ができたら拭き取る、あるいは洗い流すだけなので、誰でも手軽に用いることができます。

除毛クリームは家庭用脱毛器などと比べると安価なので、続けやすいこともメリットといえます。

除毛クリームを使うデメリットとは?

何かとメリットが多い除毛クリームですが、使用にあたってはデメリットもあります。

まず、効果は高いけれど、一時的な脱毛しかできないことが、最大のデメリットといえるでしょう。

除毛クリームは、肌表面に見えているムダ毛のたんぱく質を溶かすことで除毛するという商品なので、毛根には細胞が残っています。そのため、時間が経つとまた、ムダ毛が生えてきます。

除毛クリームの効果が持続するのは、3~7日であると前述しました。除毛クリームを使うと、キレイに除毛することはできますが、定期的にセルフケアする必要があります

そう考えると、定期的に除毛クリームを購入しなければならないので、コストパフォーマンスが悪いと感じるひともいるのが現実です。

肌に負担をかけない成分が含まれている除毛クリームは、お値段が張ることも多いものです。それを購入し続けることが、負担になるひともいるようです。

次に、カミソリやシェーバーを使ってムダ毛を処理するより、時間がかかることです。

除毛クリームを塗って、所定の時間が経過してから拭き取ったり洗い流すことを、週に何度かくり返すことを、負担に思うひともいるといいます。

そして、肌表面にも影響が出ることです。除毛クリームは、ムダ毛だけでなく、皮膚に含まれるたんぱく質も溶かしてしまいます。そのため、長時間除毛クリームを使用したり、使用頻度が高くなると、肌にトラブルが起こる可能性があります。

そのため、肌が弱いひとは使用にあたって、注意が必要です。

脱毛クリーム・除毛クリーム・抑毛クリーム・抑毛ローションの違いについて教えて!

除毛クリームとひとくちにいっても、その種類はさまざまです。脱毛クリームや除毛クリーム、抑毛クリーム、抑毛ローションなどがあります。その違いを知ったうえで、自分に合ったものを選ぶことをおすすめします。

脱毛クリームは、実は名称が違うだけで、除毛クリームと同じ効果があるものです。そのどちらも、肌表面に出ている体毛のうえに塗布することで、たんぱく質を溶かすことで除毛します。

脱毛クリームといわれてても、それを使ってムダ毛を毛根から取り除けるわけではないので、脱毛できるわけではありません。

脱毛クリームや除毛クリームを使ってムダ毛のお手入れをしても、毛根に残っている細胞が再びムダ毛を再生しますので、3~7日後には再びムダ毛処理をする必要があります。

そのため、除毛クリームや脱毛クリームを使用した後は、抑毛クリームや抑毛ローションを使い、生え変わるサイクルを伸ばすひとが多いようです。

抑毛とは

そもそも抑毛とは、毛の成長を抑えることです。女性ホルモンに似た成分を毛根や毛根周辺の細胞に塗ることで、ムダ毛が生える力を抑制することができるのです。その働きを利用してつくられているのが、抑毛クリームと抑毛ローションです。

その効果は同じですが、形状がクリームなのか、ローションなのかが異なり、テクスチャーの好みによって商品を選択する女性が多いようです。

抑毛クリームや抑毛ローションには、ムダ毛が生える力を抑制する働きがあるので、使い続けることで体毛を細くしたり、生えてくるムダ毛の本数を減らす効果があるとされています

また、ムダ毛が細くなることで、抜けやすくなるのだそうです。

ただし、抑毛クリームや抑毛ローションに即効性はなく、使用を続けて効果を実感できるようになるまでに、約2週間から2カ月かかるといわれています。

ですが、脱毛クリームや除毛クリームと併用することで、生えてくるサイクルを伸ばし、セルフケアの負担を軽減できそうです。

自分にあった脱毛方法はどうやって選べばいいの?

これまで除毛クリームについて説明してきましたが、ムダ毛を自分で処理する方法はほかにもあります。そして、美容外科やエステティックサロンで脱毛の施術を受けるという方法もあり、自分にあっていると思うものは、ひとそれぞれです。

そこで、脱毛方法と、それぞれのメリットデメリットについて、考えてみることから始めてみましょう。

「脱毛種類別メリット・デメリット」という、表をご覧ください。それぞれの脱毛方法について、主なメリットとデメリットについて、まとめてみました。

メリット デメリット
カミソリやシェーバーで剃る ・誰でも簡単にできる
・すぐにムダ毛を除毛できる
・器具や装置が安価
・すぐにムダ毛が生えてくるので、その場しのぎにしかならない
・カミソリ負けして肌が荒れることがある
・剃るとムダ毛の断面が太くなるので、剃った跡が目立つ
ワックスで抜く ・ムダ毛の根っこから抜けるので、一度処理すると生えてくるまでに時間がかかる
・すぐにムダ毛を除毛できる
・くり返し使うことで、ムダ毛が薄くなってくる
・一時的に脱毛できるだけなので、定期的なケアが必要
・ワックスの購入費用がかかる
・ワックスをはがすときに痛みがある
・ワックスをはがすことでの肌へのダメージが大きい
家庭用脱毛器で抜く ・エステティックサロンなどで行われている脱毛処理が自宅でできる
・エステティックサロンでの脱毛の施術と同じような効果が望める
・自分のペースで脱毛ができる
・一度脱毛すると、その効果が長持ちする
・家庭用脱毛器自体が高価なうえ、交換用カートリッジなどのランニングコストがかかる
・永久脱毛ではないので、定期的なセルフケアが必要
・自分では施術しにくい部位がある
サロンやクリニックで施術を受ける ・全身脱毛が可能・医療でレーザー脱毛を受ければ永久脱毛もできる
・専用機器を使ってプロの施術を受けられるので、素早く確実に処理ができる
・脱毛後の効果が長持ちする
・施術する部位にもよるが、高額な費用がかかることが多い
・エステティックサロンやクリニックに通う手間がかかる
・施術方法によっては、永久脱毛にはならない
除毛クリームで除毛する ・除毛クリームを使うことで、すぐにムダ毛を処理できる
・比較的安価に購入できる
・素早くキレイにムダ毛を処理できる
・痛みが少ない
・効果が持続しないので、定期的にケアする必要がある
・除毛クリームの成分により、肌にダメージが出ることがある

 
こうして比較してみると、どの脱毛方法にも、メリットとデメリットがあることがわかります。

ですが除毛クリームは、定期的にセルフケアをする必要はあるものの、比較的ランニングコストが低く、痛みや肌へのダメージ、手間などがないことを考えると、続けやすい脱毛方法といえそうです。

ただし、効果を持続させたいと思うなら、抑毛クリームや抑毛ローションを併用することをおすすめします

実際に除毛クリームはどうやって選ぶ?

除毛クリームとひとくちにいっても、その種類はさまざまです。商品によって、配合されている成分にも違いがあります。

そこで、除毛クリームの選び方のポイントについても、お話ししておきましょう。

肌タイプで選ぶ

まず、自分の肌タイプにあった除毛クリームを選ぶことです。

肌が丈夫なひとなら、どんな除毛クリームを使ってもそれほどトラブルはないと思いますが、敏感肌やアトピー肌の場合は、内容成分をきちんとチェックする必要があります。

除毛クリームの中には、抗炎症成分や抗菌成分、美肌成分が配合されているものもあるので、自分にあうものを探してみましょう。

その際には、必ずテスターを使って、使用時に痛みやかゆみ、炎症が出ないかを確認してから購入するのが基本です。

ムダ毛のタイプで選ぶ

次に、自分のムダ毛のタイプにあった除毛クリームを選ぶことです。

体毛の濃い・薄い、ムダ毛が太い・細いなど、ひとによって、同じ除毛クリームを使っても、感じる効果は違います。

最近は男性向けに剛毛でも対応する除毛クリームも発売されていますので、場合によってはそれらを利用するのも選択肢の一つです。

脱毛する部位に合わせて選ぶ

そして、脱毛したい部位にあわせて、除毛クリームを選ぶ方法です。

除毛クリームはムダ毛に含まれるたんぱく質を溶かして除毛するので、部位によっては強すぎて使えない部位があります。

具体的には、デリケートゾーンや顔、脇などです。腕や脚とは違うので、部位によって除毛クリームを使い分けるのもよいでしょう。

塗布時間で選ぶ

また、除毛クリームを塗布する時間にこだわるひともいるようです。

除毛クリームは、塗った後に時間をおいてから、拭き取ったり、洗い流したりします。そのため、肌が敏感なひとは、塗布時間が短く済むものを選んでいるようです。

価格・購入方法で選ぶ

このほかにも、ランニングコストを考えて価格を選ぶ、定期的に自宅に届いたり、効果がないときに返金できるなど購入方法で選ぶというひともいます。

自分にあった除毛クリームは何かを考え、選んでみるとよいと思います。

おすすめの除毛クリーム9選

では、数ある除毛クリームの中で、おすすめのものをいくつか紹介しておきましょう。

パイナップル豆乳除毛クリーム

7種類のハーブエキスを配合することで、除毛するときの毛穴周辺への刺激を抑えるとともに、除毛後の肌をしっとりと保ちます。

また、チオグリコル酸カルシウム特有の臭いを独自の製法で軽減しているので、除毛クリームの臭いが苦手というひとには特におすすめです。

初めての購入者は、商品到着後30日以内は全額返金保証付きなことも、1本100gで2,808円という料金も魅力です。定期購入を選択すると、送料無料や割引率のアップ、ポイント付与などの特典もあります。

>>公式サイトをチェックする

ディー・レジーナ・エピ・プレミアム

女性の産毛から男性の剛毛までに対応する、除毛クリームです。ムダ毛を処理したい部分に塗り、所定の時間を経過したら洗い流すだけと、ヘラで伸ばす必要がない便利さが人気のようです。

その秘密は、ワンタッチで開けやすい形状と、程よい固さに保たれたクリームです。除毛後の肌荒れを防ぐために美容成分が配合されているので、除毛後の肌もしっとりしています。

1本150gで3,060円という価格に加え、グレープフルーツの香りが気に入ってリピートするひとも多いそうです。

>>公式サイトをチェックする

プリュムインバスリムーバー

業界でも最速といわれる、塗って1分でムダ毛を処理できる除毛クリームです。形状は、直接肌に塗りやすいスポンジタイプになっており、手を汚すことなく、簡単に脱毛したい部分に塗ることができます。

また、強い除毛力があるだけでなく、処理後のお肌を守る美容成分も配合されているので、洗い流した後の肌はつるつる、しっとりしています。

1本80gで1,500円と、ほかの除毛クリームに比べると高めですが、コンパクトで持ち運びがしやすく、効果も高いので満足度は高そうです。

>>公式サイトをチェックする

EpiSara(エピサラ)

さまざまな女性誌で取り上げられている除毛クリームで、人気読者モデルや有名ブロガーの愛用者も多いです。

ダイズエキスやトウキンセンカエキス、セージエキスなど10種類の植物成分が配合されており、角質層まで保湿成分が浸透するので、使用後もしっとりした肌を保つことができます。

そして最大の魅力は、剛毛であっても除毛が5分でできるというスピード感です。

付属品でスパチュラがついて1本100gで3,980円は、満足できる価格設定といえそうです。

>>公式サイトはこちら

ヘアーリデューシングクリーム(Episivaエピシーヴァ)

全世界で累計100万個を販売した、トルコ製の抑毛クリームです。体毛を嫌うイスラム教徒が多いトルコは、脱毛や抑毛の技術が進んでいます。

除毛クリームではないので、カミソリで剃るなどの下処理を行った後で、ムダ毛の成長を遅らせるために塗ります。

朝晩2回、クリームを塗る習慣をつけることで、ムダ毛が伸びるスピードが遅くなるだけでなく、徐々に薄くなっていくといいます。

通常価格は1本140mlで4,800円ですが、初回に限り40%オフの2,980円で購入することができます。

>>公式サイトをチェックする

プレミアムリムーバーミルク

男女兼用に開発された、除毛クリームです。有効成分であるチオグリコール酸が配合され、低刺激なのにしっかり除毛できます。

ミルクタイプなので、除毛したい部分に塗りやすく、塗布した後は5分ほどおいて、ガーゼやティッシュでふき取ってから、ぬるま湯で洗い流せばOKです。

アロエエキスやダイスエキス、カッコンエキスなど、美容成分も豊富に配合されているので、使用後はツルスベに仕上がります。

1本150gで3,218円が通常価格ですが、3本同時購入で1本プレゼントしてくれるセットも用意されています。

>>公式サイトはこちら

NULLリムーバークリーム

メンズ用のスキンケアブランドから販売されている除毛クリームですが、女性にも人気が高く、リピーターが多いそうです。

除毛したい部分のムダ毛が隠れるまで塗布し、5~10分放置した後、スポンジやタオルなどでふき取ってからぬるま湯で落とすだけと手軽です。

数多くの保湿成分を配合するのはもちろん、除毛クリーム特有の臭いを排除した、グリーンフローラルのさわやかな香りが好評です。

全額返金保証がついていること、1本200gで通常価格は4,980円ですが、3本同時購入だと1本プレゼントというキャンペーンを開催中です。

>>公式サイトはこちら

ソランシア・リムーバークリーム

体毛に悩む男性向けにつくられた除毛クリームですが、女性の使用者も多い商品です。

有効成分チオグリコール酸が、クリームを塗ってたった5~10分でムダ毛を溶かし、拭き取るとスッキリ除毛できます。さらに薬用クリームによく使われている尿素を高配合しているので、肌の保湿力を高めるだけでなく、角質の新陳代謝も促してくれます。

そのほかにも、アロエエキスやパパインエキス、グリセリンが配合されているので、除毛後の肌はツルツルと評判です。

1本250gで4,862円となっていますが、100日間の全額返金制度があるので、試してみる価値はあります。

>>公式サイトはこちら

鏡花水月リムーバークリーム

女性の肌に負担をかけないことを最優先に、開発された除毛クリームです。2つのアロエエキスをはじめ、抗炎症効果の高い天然成分をふんだんに配合しています。

そのため産毛も太いムダ毛もしっかり除毛でき、使用後の痛みが少なく、敏感肌の方でも肌荒れが少ないと評判です。

また、製造はすべて日本の工場で行われており、徹底した品質管理の中で製造された商品なので安心です。

通常価格は1本200gで2,700円と、コストパフォーマンスがよいことも魅力です。

市販の除毛クリームとおすすめ除毛クリームの違いはあるの?

ドラックストアやコスメティックショップに行くと、さまざまな除毛クリームが販売されています。

そうした市販の除毛クリームではなく、おすすめの除毛クリームを紹介したのには、理由があります。それは、肌に負担をかけず、使い続けやすいものかどうかに、大きな違いがあるからです。

除毛クリームの中には安価なものがありますが、その分、配合成分が少なかったり、天然成分ではなく、化学物質が入っているなど、身体に負担がかかるものが多いのです。

そもそも、除毛クリームは配合成分によって、ムダ毛のタンパク質を溶かすことで除毛しますから、どうしても皮膚表面にも負担がかかります。

そのため、美容成分や保湿成分が含まれていない、あるいは量が少ないものを使い続けることで、皮膚に炎症が起こることも少なくないのです。

また、除毛クリームでは永久脱毛はできませんので、定期的に使い続ける必要があります。その際、継続して購入しやすかったり、特典があったり、身体に負担をかけずに使えることは、とても重要です。

前章でご紹介したさまざまな除毛クリームは、その製造工程や内容成分、利用者の口コミ情報、価格など、あらゆる面で良心的なものです。

とはいえ、肌やムダ毛の状態には個人差がありますし、商品によって香りも異なります。そのため、自分に合ったものを探すのがポイントとなります。

インターネットショップで購入する場合には、テスターで試すことはできませんので、全額返金保証がある商品を選ぶなど、工夫を凝らしてみることをおすすめします。

除毛クリームの正しい使い方とは?

除毛クリームの効果を最大限に引き出すためには、正しい使い方を実践する必要があります。

パッチテストをする

まず、肌が敏感なひとは特に、使用前にパッチテストをすることです。

一般的なパッチテストの方法は、腕や脚など使用したい部分に、10円玉くらいの大きさの除毛クリームを塗り、指定された時間通り待ち、時間になったら拭き取るあるいは洗い流すのが基本です。

1日様子を見て、除毛クリームを塗った部分が赤くなったり、かぶれていなければ問題ありません。

塗布時間を守る

次に、除毛クリームが定めている塗布時間を守ることです。除毛クリームによって、塗って放置する時間は異なります。

ムダ毛の量や質には個人差があるので、所定の時間では思うように除毛できないと感じることもあるかもしれませんが、だからといって除毛クリームを塗ったまま、放置する時間を長くしてはいけません。

塗布する量を調整する

そして、塗布する量にも注意が必要です。しっかり除毛するためには、ムダ毛が隠れる長さまでたっぷり塗る必要があります。その際、除毛クリームが均一に塗ってあることも、大事なポイントです。

高価な除毛クリームを買うと、ケチって薄く塗るひともいるようですが、それでは効果を引き出すことはできません。

体調に気をつけて、使用頻度は控えめに

さらに、除毛クリームは使用頻度にも配慮する必要があります。除毛クリームの効果が持続する期間は、3日から1週間ほどが目安といわれています。

除毛クリームを使って思うようにムダ毛の除毛ができなかった場合、2日続けて使いたくなると思いますが、タンパク質を溶かす成分が使われているので、思っている以上に肌に負担をかけてしまいます。

除毛クリームを使うときには、中1日以上あけてから使うようにしましょう。

生理前後や日焼けした翌日の使用は避けてください。もちろん、体調が悪いときにも使用を控えるのが基本です。

肌を清潔にしてから使う

最後に、除毛クリームを使うときには、まず塗布する部分の肌を清潔にし、しっかり温めてから使うようにしましょう。これは、除毛クリームの成分がしっかり浸透するうえでも大切です。

入浴時に除毛クリームを使い、浴室で洗い流すようにすれば、時間も有効活用できるはずです。

使用後は肌のクールダウンと保湿ケアをする

そして、除毛クリームを使った後には、除毛した部分をクールダウンし、その後は保湿ケアをすることをおすすめします。

クールダウンの方法は、水で冷やしても、保冷剤を包んだタオルをあててもOKです。

除毛クリームに保湿成分が含まれていたとしても、ボディ用の保湿ローションや保湿クリームを使って、きちんとケアする習慣をつけましょう。

除毛クリームを使う際の注意点って何?

除毛クリームを使うときには、注意すべきことがいくつかあります。

アルカリ性の石けんや化粧品の使用はNG

まず、除毛クリームを使う前後に、アルカリ性の石けんや化粧品を使うのは止めましょう。それは、除毛クリームに含まれている成分がアルカリの成分と化学反応を起こし、肌荒れを引き起こすからです。

市販されているボディソープや乳液などにも、アルカリ性のものが多いので、除毛クリームを使う際にはいつも使っているものの成分チェックをしましょう。

また、除毛クリームを使った後には、温泉も入らない方が無難です。

肌の状態が良好のときに使用する

次に、傷や痛みがある部分だけでなく、かぶれたり、かゆみがある場所にも、除毛クリームは塗らないことです。肌が健康なときだけに、除毛クリームを使いましょう。

複数のクリームや塗り薬との併用は禁止!

そして、複数の除毛クリームを混ぜて使用しないことです。さらに、病院で処方された塗り薬なども、除毛クリームと併用してはいけません。

もし、皮膚科で処方されている薬がある場合には、除毛クリームを使ってもよいかどうか、内容成分の確認も含めて、お医者さまに相談しましょう。

そして、薬局やドラッグストアで購入した塗り薬とは、絶対に併用してはいけません。

除毛クリームが爪につかないようにする

最後は、爪に除毛クリームがつかないように気をつけることです。除毛クリームは、爪のたんぱく質も溶かしてしまうので、爪を弱らせることがあります。

こうした注意事項に留意して、正しい手順で除毛クリームを使うことで、余計な肌トラブルを防ぐことができます。また、除毛クリームの使用上の注意もよく読み、それを守って正しく使いましょう。

正しく除毛クリームを使って、ツルスベ肌を手に入れよう!

除毛クリームは、家庭用脱毛器やエステティックサロン、クリニックで脱毛するよりも安価に、スピーディーにムダ毛処理ができます。

除毛クリームの品質にこだわれば、痛みを感じることもなく、使用前後のケアに気をつければ、肌もツルスベな状態を維持できます。

ですが、除毛クリームの効果は、ムダ毛の量や質などの個人差がありますから、思うように効果が出ないと感じるかもしれません。だからといって、日によって除毛クリームを変えるなどすると、肌に負担をかけてしまいかねません。

パッチテストなどもきちんと行い、除毛後の保湿ケアも徹底して、キレイな肌をキープするように心がけてみてはいかがでしょうか。

        
        

  関連記事

地まつ毛を育てて、スッピンでもフサフサな天然美人に!

まつ毛を育てる方法をまとめました メイク顔とスッピンの最大の違い…、それは“まつ …

【スーパーヒアルロン酸に馬油】リバテープ製薬は絆創膏だけじゃなく、美肌コスメもすごかった!

リバテープといえば、絆創膏(ばんそうこう)のことだとお考えの方は多いはず。地域に …

ハリを今すぐ取り戻したい!それならCoyori美容液オイルを使うべきな5つのポイント

エイジングケア新定番の美容液オイル、その特徴とは? 最近お肌にハリがなくなってき …

見た目年齢マイナス5歳が叶うラウディのBB&CCクリームで手軽&キレイにベースメイク!

わずか30秒で見た目年齢に差をつける! 時短メイクに役立つということでBBクリー …

最先端の飲む日焼け止めサプリメント「雪肌ドロップ」で抗酸化ボディへ!

話題の成分「ニュートロックスサン」をはじめとするボタニカルパワーで光老化を防止 …

乾燥は一番の大敵!肌が乾燥する原因とは?

間違ったフェイシャルケア、続けていませんか? 顔の若々しさを決めるのは、ぷるっと …

血圧が高い女性は必見!年齢ペプチドの効果と摂取できる飲み物について

年齢ペプチドを摂取して、血管の老化を予防・改善しよう! みなさんは、「年齢ペプチ …

今年こそ!!バイバイ「ワキ汗」!!

皆さん一度は自分の「汗」について悩んだ経験があるのではないでしょうか?「ワキ汗が …

プラセンタで美肌作り!働きや期待できる効果、取り入れる時のポイントは?

美容の分野で注目されているプラセンタについてご紹介します。 プラセンタといえば、 …

年齢を重ねるごとにお肌の悩みが増えた…という女性必見のエステサロン「さくら」

エステサロンさくらは、大人の女性のためのエステサロンです。創業26年という歴史と …