今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

ニキビの部位で身体の不調がわかるって本当?ニキビ部位での健康チェック法について

洗顔やメイクをする際に鏡をみてニキビを見つけると、憂鬱な気持ちになる女性も少なくないと思います。

ニキビができるということは、身体のバランスが崩れていると考えて間違いありません。そして、ニキビができる場所によって、身体のどこが不調なのかがわかるのです。

そこで今回は、ニキビとは何か、できてしまう原因、ニキビができる場所で自分の健康状態がわかるというのは本当か、ニキビができたときの部位ごとの改善方法について、お話しします。

ニキビって何?どうしてできるの?

ニキビは正式名称を「尋常性痤瘡」といい、毛穴で起こる慢性炎症性疾患あるいは炎症を起こす前の状態のことをいいます。

症状としては、毛穴から皮脂がスムーズに排出されずに溜まっている、毛穴に詰まった皮脂が酸化して黒くなっている、毛穴が炎症を起こして赤くなる、あるいは膿が溜まっている状態のことをいいます。

そのため、白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビになるのです。

ニキビができる原因は、毛穴に皮脂が詰まることです。

なぜ毛穴に皮脂が詰まるのかというと、皮脂が過剰に分泌されること、毛穴の周りの角質が過剰に厚くなることで、毛穴の入り口が塞がれてしまうこと、毛穴を詰まらせやすい基礎化粧品やメイクアップコスメを使っていることが考えられます。

大人にできるニキビは、思春期のころと違って、皮脂が少なくても、毛穴周辺の角化によって起こりやすくなります。そのため、乾燥ニキビといわれることもあるのです。

また、紫外線を浴びること、メイクをすること、便秘やストレスもニキビをつくる原因となります。

ニキビができる場所で健康状態がわかるって本当?

では、ニキビができる場所で、自分の健康状態がわかるというのは本当でしょうか。それは、本当のことです。そのため、ニキビができたときは、場所をチェックして、自分の身体のどこに不調が起こっているのかを理解し、対処することがポイントとなります。

額にニキビができるのは、シャンプーなどのすすぎが不十分である、前髪が汚れているほか、胃腸の調子が悪いことが原因と考えられます。

鼻にニキビができるのは、ターンオーバーが乱れて毛穴が詰まった、化粧スポンジが汚れているほか、肝臓や大腸、肺の不調が原因と考えられます。

頬にニキビができるのは、甘いものあるいは脂っこいものの食べ過ぎや、頬杖をつく癖、寝具や化粧スポンジの汚れのほか、胃腸や肝機能の低下、便秘が原因と考えられます。

口元

口元にニキビができるのは、食べ過ぎや偏った食生活、ストレスや生理によるホルモンバランスの乱れのほか、胃腸機能の低下やビタミン不足が原因と考えられます。

あご

あごにニキビができるのは、寝不足や身体の冷え、カルシウム不足、ホルモンバランスの乱れのほか、婦人科系の病気が原因と考えられます。

首・デコルテ・背中

首やデコルテ、背中にもニキビができることがありますが、この場合はストレスによるターンオーバーの乱れや汗によるかぶれ、ボディシャンプーや洗濯洗剤が合わないなどが原因のことが多いです。

顔にニキビができたときには、対応する身体の機能低下に心当たりがないかを、きちんとチェックすることをおすすめします。

ニキビができたときの部位ごとの改善方法は?

では、身体の不調が原因でニキビができたときには、どのように改善したらよいのかを、まとめておきましょう。

「額」にニキビができたときは

まず、額にニキビができたときには、体調を見直してください。そして、消化器官に悪い影響を与える脂肪や加工食品を減らしてみましょう。さらに、水をたくさん飲むことを意識して、7~9時間の睡眠をとると消化器官の不調が緩和されるはずです。

「頬」にニキビができたときは

頬にニキビができたときには、呼吸器に影響が及ぶことが多いです。禁煙をする、青野菜や小麦を意識して摂取することで体内をアルカリ性にしましょう。肉や乳製品の摂取は、減らすのがおすすめです。

口元やあごにニキビができたときは

口元やあごにニキビができたときには、十分な睡眠時間を確保し、水分補給を心がけながら、バランスのとれた食生活を行い、身体の機能を正常化させましょう。

鼻にニキビができたときは

鼻にニキビができたときには、甘いものや脂っこいものを避けるなど、食事を改善するのがおすすめです。

また、ニキビができる原因がストレスの場合は、上手に解消することが基本です。1日の中で、リラックスできる時間を設けることを意識してください。

ニキビを解消する食生活を心がけよう!

ニキビを解消するためには、食生活も重要です。

カボチャやキュウリ、スイカ、トウガン、セロリ、ニンジン、キャベツ、ビートトップ、タンポポ、アロエ、桑の葉、レタス、ポテト、サクランボ、パパイヤ、ナシ、カキ、ラズベリー、ソバ、アルファルファ、キビ、玄米、緑豆、レンズマメ、エンドウなどは、ニキビの解消におすすめの食材です。日ごろから意識して食べましょう。

一方、糖分や乳製品、チョコレート、カフェイン、炭酸飲料、ナッツ、シード類、貝類、脂肪分の多い揚げ物や加工食品は、避けるようにしてくださいね。

        
        

  関連記事

一晩で赤ちゃん肌に?卵殻膜の研究で有名なアルマードの『III型ビューティードリンク』の評判がすごい

口コミでの評判が話題!III型コラーゲンを口から摂取できる『III型ビューティー …

自宅でサロン仕様のビキニライン美白ケアができる!「VL WHITE(ヴィエルホワイト)」

独自のリポゾーム美容成分が美白効果・美肌効果を高め、黒ずみ解消! おしゃれな水着 …

バラサプリメントで女子力アップ! 麗しい吐息を手に入れよう

バラサプリメントで気になる口臭対策。上品なバラの香りに。 事実、口臭がひどいとど …

シャンプーも年齢に応じたものを使おう

シャンプーでしっかりエイジングケア エイジングケアというと、ついフェイシャルケア …

ダークチョコレートのカカオが持つアンチエイジングパワーがすごい!

ダークチョコレートがアンチエイジングに効果的だと海外で注目されています。ダークチ …

化粧下地で美肌を作る!肌タイプに合わせた下地選び

流行のナチュラル風メイクをするなら下地作りがポイント! 年齢を重ねれば目立ってく …

40代乾燥に悩む女性向け高保湿スキンケアならPOLAのモイスティシモを要チェック

ポーラでは、色んなラインで商品が販売されており、自分にぴったりのラインを選んで組 …

美白も食べものがつくるって本当?美白を助ける・妨げる食べものが知りたい!

抜けるような白い肌を持っている女性は、魅力が何十%単位でアップすることはみなさん …

その日焼け止め、使用期限は大丈夫?お肌のためには新しい日焼け止めを!

去年の日焼け止めは使って大丈夫? 夏が終わると日焼け止めを使う頻度はぐっと少なく …

本当に若々しい年齢不詳美人になるにはパーソナルカラーの活用を!

「若づくり」と「若さ」の勘違いって、どこから生まれるの? スキンケアやファッショ …