今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

最近、若者の薄毛が増えているって本当?その予防方法とは?

正しいブラッシングを知って、薄毛予防を心がけよう!

薄毛と聞くと、中年男性の問題と思い込んでいるひとが、案外多いのではないでしょうか。

ですが近年、若者にも薄毛のひとが増えており、実は女性にも増え続けているのです。

そこで今回は、なぜ薄毛になる若者が増えているのか、それを防ぐためにどんなケアが必要なのか、ブラッシングの重要性などについて、お話しします。

自分の生活習慣を見直して、薄毛にならないための予防策を実践し、いつまでも健康な髪を保ち続けてくださいね。

なぜ薄毛になる若者が増えているの?

まず、髪の毛ができる仕組みについて、お話ししましょう。人間は約10万本の髪の毛を持ち、ケラチンというたんぱく質でできており、「軟毛」と「硬毛」に分類されます。

軟毛

軟毛にはメラニン色素がほとんど含まれておらず、周囲の髪の毛より色が薄く、細いという特徴を持っています。

硬毛

硬毛は、メラニン色素が多く、色が濃く太くしっかりしています。

これらの髪の毛は、毛幹にあたり、頭皮から出ている部分のことをいいます。頭皮の中には毛根があり、毛細血管から運ばれるアミノ酸を毛乳頭がキャッチすることで、髪の毛が成長します。

髪の毛には寿命はあり、抜けては新しい髪の毛が生えてくるというヘアサイクルを繰り返しています。そのため、1日80~100本の髪の毛が抜けているものです。ですが近年、これ以上の量の抜け毛が起こる若者が増えており、薄毛に悩むことにつながっているのです。

薄毛が増えてしまう原因とは

若者に薄毛が増える原因は、シャンプーのしすぎです。シャンプーの回数が多くなることで、皮膚が望遠本能を発揮し、脂性を加速させてしまうのです。そして市販されているシャンプーには脱脂作用があり、それは食器洗い洗剤に匹敵するほどといわれています。

脱脂された頭皮が、雑菌にさらされることで、頭皮環境が悪化することも、若者に抜け毛が増える原因となっています。

薄毛対策の正しいブラッシング方法とその効果とは?

薄毛対策として大切なのは、何といっても育毛です。そして、育毛のためには、ブラッシングをするのがおすすめなのです。

ブラッシングの効果としては、絡んでいる髪をほぐすことで抜け毛や汚れを取り除いて髪を整えること、髪や頭皮についているフケやホコリを取り去ることで毛髪環境を清潔にすることがあげられます。

効果的なマッサージ法

次に、髪の根元から毛先に向けてブラッシングすることで、髪全体に皮脂をいきわたらせることです。それにより、潤いのあるつややかな髪になるのです。最後は、マッサージ効果です。ブラッシングで頭皮を刺激すると、血行が促進されます。

その結果、髪にしっかり栄養が届くようになり、髪の毛の成長を促すことにもつながるのです。

とはいえ、ただブラッシングをすればよいというものでもありません。いつ、ブラッシングをしてもかまいませんが、シャンプーをする前に育毛剤をつけると、より効果を高めます。

パサつきを感じた時のケア方法

そして、髪がパサついている、静電気が起きやすいと感じるときには、ブラッシングをする前にスプレーや水などで髪を湿らせるようにしましょう。そして、ブラッシングは毛先のもつれをほぐすことから始めます。

それから、髪の毛の真ん中、根本と、段階的にブラッシングをしましょう。その際に、ブラシはゆっくり動かすのがセオリーです。最後は、髪の根元から毛先に向けて、全体をブラッシングして終了です。

ブラッシングをする際の注意点とは?

ブラッシングする際に、注意してほしいことが、いくつかあります。まず、ブラッシング専用のブラシを使うことです。豚毛や猪毛など、毛先が柔らかく、静電気が起きにくいものがベストです。

最近話題の「セシオン」という、マイナスイオンを放出し、キューティクルを整えてくれる新素材もおすすめです。

ナイロンや金属でできたブラシは、使わないようにしましょう。そして、ブラッシングをした後は、シャンプーを溶かしたぬるま湯で、ブラシを洗う習慣をつけましょう。

ブラッシングを控えるポイント

ブラッシングは、頭皮にかゆみや湿疹があるときには、行ってはいけません。また、日焼けなどが原因で、髪の毛や頭皮にダメージがあるときも、控えた方が無難です。

ブラッシングする時のコツ

そして、ブラッシングを行うときには、ブラシを動かすスピードをゆっくりにすることがポイントです。早くブラシを動かすと、摩擦でキューティクルが痛んだり、髪がもつれることで切れ毛になることがあります。

また、逆毛をたてるように、髪の下から上に向かってブラッシングするのもよくありません。合わせて、髪の上だけをブラッシングしても、効果は半減します。頭皮のマッサージになるように、部分的に分けて、ブラッシングするようにしましょう。

生活習慣の見直しも行おう!

薄毛を改善するためには、シャンプーの回数を減らしたり、きちんとブラッシングするのが基本です。ですが、それだけですべてが改善されるわけではありません。髪の毛の成長には血行が大きく関わりますので、適度な運動習慣を持つことが大事です。

しっかり睡眠をとろう!

また、十分に睡眠をとることも、髪の成長には不可欠です。睡眠不足が続くと、薄毛が増長されてしまいますので、髪の毛が最も成長するといわれる22:00~2:00という時間帯に、できるだけ眠れるように努力しましょう。

もちろん、バランスのとれた食生活も重要です。そこにさまざまな習慣を加えることで、健康で美しい髪を取り戻してくださいね。

        
        

  関連記事

しみ・しわ・たるみが気になったら!顔のアンチエイジングの鍵は美白にあり!

効果のある美白ケアで全年齢対応型のアンチエイジングを あなたは「年とったなぁ」と …

RIZAP(ライザップ)が監修した美顔器!エステナードLIFTYの表情筋エクササイズでハリを取り戻そう

週2回、1回約5分の使用でハリが戻る!話題の美顔器についてご紹介 毎日きちんとス …

TV&MOVIEの10minファンデがすごい!なりたい肌の色にフィットするファンデーション

くすみも肌のトーンも全部コントロール! 肌の優しいオーガニック化粧品を使いたいけ …

界面活性剤はなぜ注意が必要だと言われるの?

界面活性剤は肌に悪いから使わない方が良い? 化粧品に含まれる界面活性剤はやっぱり …

話題のシャンプー&トリートメント【アビスタシリーズ】で髪のうねりが改善されるワケは?

くせ毛にイイ!と評判のシャントリ【アビスタシリーズ】について!人気の理由と、お買 …

【知ってる?】ガミースマイルをしっかり解決して笑顔美人を目指そう!

歯?歯茎?上唇?原因似合った治療方法を。 「ガミースマイル(gummy smil …

クレンジングの洗い流し、すすぎのポイントは?

クレンジングのすすぎはこすらず手早く10回程度で! Q.クレンジングの洗い流し、 …

爪も乾燥する!「ツメリッチリペア」で爪のインナードライ対策をはじめよう

地爪に自信が持てる!塗るだけの簡単ケアでもろくなった爪を美しく! 爪も肌と同じく …

大人の為のつけまつげは、ナチュラルタイプで目力をアップ!

若者のメイクではすっかり定番アイテムとして定着している「つけまつげ」。やってみた …

シミになりやすい時期がある?生理前は紫外線に注意!

肌が敏感になる生理前は紫外線の影響も受けやすい 春から夏にかけては紫外線を気にし …