今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

拭き取り化粧水は正しく使おう!NGの使用方法とは?

拭き取り化粧水によるお肌への影響について

みなさんも日々のスキンケアの中で、必ず化粧水を使っていることと思います。ですが、化粧水にはいろいろな種類があり、役割が違うことを自覚せずに使っている女性は、案外たくさんいます。

そのため、使い方を間違え、化粧水の効果を十分に引き出せていないケースも少なくないのです。

そこで今回は、中でも間違った使い方をすることが多い「拭き取り化粧水」とは何か、ほかの化粧水との違い、NGな使い方、正しい使い方などについて、お話ししたいと思います。

拭き取り化粧水って何?通常の化粧水との違いは?

そもそも化粧水は、肌を保湿して、キメを整えることが、本来の役割です。そして、化粧水は7種類に分類されます。

一般タイプ

最もノーマルなのが「一般タイプ」で、洗顔後に肌を保湿するために使われます。

植物性化粧水

全体の約80%が水で、残りはアルコールやグリセリン、乳化剤などです。アロエやへちま、レモン、米ぬかといった植物からできているものを「植物性化粧水」といいます。

美白化粧水

保湿成分に美白効果を高める成分を加えたものを「美白化粧水」といいます。

アルカリ性化粧水

硬くなった皮膚を柔らかくする効果をもつ成分が含まれているものの多くが、「アルカリ性化粧水」です。

にきび用化粧水

ニキビ対策に特化したものを「にきび用化粧水」といいます。

収れん化粧水

毛穴を引き締めてくれる効果がある、さっぱりとした使い心地のものを「収れん化粧水」といいます。

拭き取り化粧水とは何か

拭き取り化粧水は、洗顔だけでは落としきれなかった皮膚の角質や油分を拭き取るためにつくられた、化粧水のことです。そのため、コットンなどにとって、肌を拭き取るように使います。

基本的には、クレンジングや洗顔をした後で使うもので、その後に一般化粧水を使うこともあります。

さまざまな種類の化粧水がいっぱい!

また、拭き取り化粧水の中には、クレンジングやマッサージのためにクリームを使った後で、肌に残った油分を取り除くことを目的に使われるものや、軽いメイクなら落とすことのできるものも市販されています。

拭き取り化粧水のNG使用方法とは?

拭き取り化粧水は、肌に残っている古い角質や汚れなどを取り除くことを目的につくられているものです。そのため、一般的な化粧水とは使い方が異なります。そのため、NGな使い方がいくつかあります。

クレンジング前に使用してしまう

まず、十分にクレンジングする前に拭き取り化粧水を使うことです。拭き取り化粧水は本来、メイクアップを落とす目的でつくられてはいません。そのため、クレンジングや洗顔をしっかり行い、清潔な肌に使うのがおすすめです。

次に、素手で使うことです。保湿のためにつくられた一般用化粧水とは違うので、きちんと汚れをオフする意味で、必ずコットンを使いましょう。

化粧水の量が少ない

そして、使用量が少ないことです。拭き取り化粧水の量が少ないと、肌とコットンの間に摩擦が生じてしまうので、肌表面に細かな傷をつけることになります。

スキンケアのたびに使用すること

最後は、スキンケアのたびに使うことです。拭き取り化粧水を過度に使うことで、正常な角質まで取り除いてしまうと、肌を傷つける要因となってしまいます。そのため、夜にメイクオフした後、肌のターンオーバーが行われる時間帯に、拭き取り化粧水を使うことをおすすめします。

スキンケアを行うたびに使うのは、意識して避けてくださいね。

拭き取り化粧水の正しい使い方とは?

では、拭き取り化粧水の正しい使い方について、説明しておきましょう。拭き取り化粧水は、クレンジング・洗顔の後に使います。拭き取り化粧水を使った後は、一般的な化粧水、美容液や乳液をつけるのが基本です。

化粧水の効果を引き出すポイント

拭き取り化粧水の効果を引き出すためには、しっかりクレンジングや洗顔を行った清潔な肌の状態で使うこと、拭き取り化粧水にあわせてつくられた専用コットンを一緒に使うことがポイントです。

さらに効果を引き出すコツ

目元や口元、乾燥しやすい頬にはきめ細かいコットンを、額や鼻筋、あごの周りはメッシュ状のコットンと使い分けを行うと、より効果を発揮します。そして、拭き取り化粧水を使ったらすぐに保湿します。

汚れを拭き取る際に、どうしても皮脂も取り除いてしまうので、肌のバリア機能が低下しているからです。拭き取り化粧水を使った際、肌に残った感じがあるときもありますが、そのうえから保湿目的の化粧水を使用して構いません。

使用する頻度について

また、拭き取り化粧水を使う頻度は、顔の部位によって異なる肌の状況を見極めて使うのがポイントです。やみくもに拭き取り化粧水を使うことで、肌に負担をかけるケースもあるので、十分に注意しましょう。

また、日焼けなどで肌に負担がかかっているときには、拭き取り化粧水は使わないことを意識してください。

効果を引き出す拭き取り化粧水の使用方法を実践しよう!

拭き取り化粧水は、肌のごわつきやざらつきが気になる、スキンケアアイテムが肌になじみにくい、くすみが気になる、メイクの洗い残しが気になる、日ごろからフルメイクをする機会が多い女性に、特におすすめです。

ただし、拭き取り化粧水の効果を引き出すためには、正しい使い方を実践する必要があります。拭き取り化粧水を使う際には、コットンにたっぷりと含ませて使うことを意識してください。

また、肌の状態が悪いときには使わないなど、使用頻度にも配慮しましょう。

        
        

  関連記事

泡立てネットじゃ追いつけない!“パナソニック 洗顔美容器 濃密泡エステ”の凄さ3ポイント

パナソニックの洗顔美容器“濃密泡エステ”で、これまで以上に効果的なスキンケアを目 …

脱汚肌!すっぴんで勝負できる素肌美人をめざせ

ノーメイクの時鏡を見たくない、汚肌の悩み解決しよう 最近よく目にする「汚肌」。美 …

デリケートゾーンの悩み…もしかしたら女性器の老化が原因かも?

女性に是非知っておいてほしい女性器の老化についてご紹介します。 女性器などデリケ …

【保存版】私の肌は今どういう状態?年代別・肌質別の肌状態とケアのポイント

あなたの肌はどのタイプ?手遅れになる前に、肌の現実を知ろう ちまたにあふれる美容 …

緊急美容警報!毎日の「ブルーライト焼け」は紫外線以上の深刻ダメージ!

最先端のブルーライト対策コスメで「ブルーライト色素沈着」から肌を守ろう! 今、美 …

医学会も認めた!女性専用”髪のハリコシ”サプリBOSTON for Ladiesのメリットとは

育毛サプリの大手(株)エスロッソから登場したBOSTON for Ladiesに …

シートマスク効果を最大限に引き出したい!倍増テクを教えて!

シートマスクの正しい使い方をマスターしよう みなさんは、日頃のスキンケアにどんな …

秋のゆらぎ肌の正体は『バリア機能の低下』、血行を改善して元気な肌へ!

夏の肌ダメージは秋のスキンケアで改善させて冬を迎えよう 紫外線やテカりが気になる …

顔の印象を左右する綺麗なまつげのためのビューラー選びと使い方

意外に自分にあったビューラーを選ぶのが難しいものですが、選ぶポイントとその使い方 …

入浴剤とバスソルトの違いを知って、バスタイムを3倍楽しもう

海外のセレブもはまってる、バスソルトの発汗ダイエット効果に注目! バスタイムを楽 …