今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

ちょい足しスキンケアで老け肌が改善するって本当?その効果とは?

肌の調子に合わせて、ちょい足しの内容を変えよう!

30代を過ぎると、季節や体調によって、肌質が変わる女性が増えてくるのではないでしょうか。毎日欠かさずスキンケアを行っていたとしても、肌の調子に合わせてケア方法を変えなければ、期待する効果を得るのは難しいのが現実です。

ですが、肌の調子に合わせてスキンケア製品を買い足すのは、あまりにも不経済ですよね。そんなときに試してほしいのが、「ちょい足しスキンケア」です。

そこで今回は、ちょい足しスキンケアとは何か、老け顔が改善するって本当かについて、お話ししたいと思います。

ちょい足しスキンケアって何?老け顔が改善できるって本当?

生理前や寝不足が続いているとき、乾燥する季節、紫外線が強い季節など、環境によっても女性の肌質は変化します。そのため、一年中同じスキンケア方法を続けていると、かえってベストな肌状態を保てないことがあります。

そんなときに試してほしいのが、「ちょい足しスキンケア」です。これは、通常のスキンケアにちょっとした工夫をすることで、肌の状態を良くする効果を引き出す方法です。

肌質は常に変化している

生理前や寝不足が続いているとき、乾燥する季節、紫外線が強い季節など、環境によっても女性の肌質は変化します。そのため、一年中同じスキンケア方法を続けていると、かえってベストな肌状態を保てないことがあります。

そんなときに試してほしいのが、「ちょい足しスキンケア」です。これは、通常のスキンケアにちょっとした工夫をすることで、肌の状態を良くする効果を引き出す方法です。

ちょい足しスキンケアのメリット

ちょい足しスキンケアは、自分の肌の状態に合わせて、プラスするスキンケア方法を変えることができるので、費用もそれほどかからず、何よりダメージを受けて老け顔になることを防いだり、改善することにもつながります。そこで、いくつかのちょい足しするスキンケア方法を紹介しておきましょう。

炭酸水をちょい足しするスキンケア方法

毛穴の汚れや黒ずみ、凸凹、形が気になる女性におすすめなのが、炭酸水をちょい足しするスキンケアです。

毛穴が黒ずむ原因の7割が古い角質で、残りが皮脂といわれています。そのため、オイルクレンジングなどを行っても、毛穴の汚れを落とすことはできません。そして、毛穴に汚れが残ったままでは、ニキビなどのトラブルが起こりやすくなります。

炭酸水で洗顔するメリット

そんなときにおすすめしたいのが、炭酸水での洗顔です。炭酸ガスには、古い角質や不要な汚れを取り除く働きがあるので、その後の化粧水の浸透をアップしてくれます。

洗顔料を泡立てるときと、最後のすすぎのときに炭酸水を使えばよいだけなので、とても手軽です。

オイルをちょい足しするスキンケア方法

皮脂量が低下して、肌がごわごわしていると感じている女性には、オイルをちょい足しするスキンケアがおすすめです。

オイルは肌に浸透すると、肌の内部にとどまってくれます。その結果、細胞間脂質にオイルがいきわたり、潤いを保つバリアになってくれるのです。

効果を引き出すポイント

効果を引き出すちょい足し方法としては、洗顔後にオイルと手のひらに1~2滴とって広げ、ハンドプレスをすることです。肌をやわらかくしてから化粧水をのせると、浸透が違います。

また、リキッドファンデーションにオイルを1滴まぜてからのばすと、化粧持ちがよくなるだけでなく、乾燥対策にもなります。老け顔対策にも、ピッタリです。

シートパックをちょい足しするスキンケア方法

そして、美肌をキープしたいひとにおすすめのちょい足しするスキンケアは、シートパックを取り入れることです。シートパックには価格が安いものが多いですが、使い方を工夫するだけで、高価な美容液よりも美肌を引き出してくれるのです。

簡単スキンケア方法

そして、方法もとても簡単です。お風呂上がりで、肌の角質がやわらかくなっているときに、シートパックを顔にのせます。

その上からラップを貼り付け、15~20分置くだけです。ラップがシートパックの水分が蒸発するのを防いでくれるので、より美容成分が肌に浸透しやすくなるのです。

シートパッで美肌キープ

シートパックは肌質にあっているものであれば、安いものでも構いません。できれば毎日、難しい場合でも週に2~3日行うと、美肌をキープできます。

いうまでもないことですが、ラップをするときには呼吸の妨げにならないように、鼻を避けて上下2枚で覆うようにしてくださいね。

ちょい足しで美肌を目指そう!

炭酸水やオイル、シートパックであれば、通常のスキンケア製品を肌質別にラインナップで揃えるよりは、ずっと費用が安く済みます。

そして、ちょい足しするスキンケアという名前通りに、手間もそれほどかからず、老け顔を改善したり、美肌をキープする効果が生まれます。

ただし、ちょい足しするスキンケアの効果を引き出すためには、通常のスキンケアで肌をこすったり、たたいたり、いじりすぎないこと、日々の紫外線対策をしっかり行うことが大切です。

日々のスキンケアに加えて、週に何度かちょい足しすることで、自分が理想とする肌に近づけてみてはいかがでしょうか。5年後、10年後に、きっと同年代の女性と差がつくはずですよ。

        
        

  関連記事

保湿剤として人気の「グリセリン」、粘度が高く重めのテクスチャーが特徴

吸湿性が強い分、活用方法や取り扱いには注意が必要! 「グリセリン」は保湿剤として …

見た目年齢マイナス5歳が叶うラウディのBB&CCクリームで手軽&キレイにベースメイク!

わずか30秒で見た目年齢に差をつける! 時短メイクに役立つということでBBクリー …

アンチエイジングってすぼらな私でもできますか?

いつもの生活習慣に簡単エイジングケアを組み込みましょう Q:ずぼらな私でもできる …

こんなところにも?首ニキビの原因と改善策について

意外にやっかいな首ニキビを改善するためには? ニキビは顔にできるのも嫌なものです …

まつ毛をビューラーであげても下がってしまう!対策は?

ビューラーの基本的な使い方などについてご紹介します。 しっかり上がったまつ毛は目 …

美白とブライトニングの違いとは?それぞれの特徴を紹介

どちらも同じ意味だと思っている人も多い美白とブライトニングの違いについて 肌を白 …

美肌ケアに不可欠な「天然保湿因子(NMF)」ってどんな成分?

天然保湿因子(NMF)はもともと私たちの肌が生み出す天然の保湿成分 スキンケアを …

【必見!】年代ごとに違う『お肌の曲がり角』現象とは?

化粧ノリ、毛穴、シワ・・・。あなたのお肌は今何歳? いつまでも若々しい肌でいたい …

リップメイクはベース&普段のケアポイント

唇の縦じわで年齢を感じさせない!ツヤぷるリップで女度アップ 年齢を重ねて口元がた …

トレンドカラーを着こなすなら、肌の透明感がポイント!

今年の春は淡くて優しい色合いのペールトーンではなく、はっきりとした鮮やかなビビッ …