今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

正しく行えば肌が潤う!コットンパックの正しい使用法

コットンパックの効果を引き出すためにすべきこと

肌トラブルを避けるためには、保湿が欠かせません。通常のスキンケアだけでは、足りないこともあります。そんなときに手軽にできる方法に、「コットンパック」があります。

ですが、コットンパックもやればよいというものではありません。その効果を引き出すためには、正しい手順で行い、頻度も考慮することが大事です。

そこで今回は、コットンパックとは何か、どんな魅力があるのか、正しい使用法、行う際の注意点などについて、お話しします。

コットンパックとは?何が魅力なの?

コットンパックとは、肌の乾燥を防ぐために行う、保湿ケアの一つです。コットンに化粧水を含ませて、パックをします。なぜコットンパックがおすすめかというと、いくつもの魅力があるからです。

コットンパックの魅力

まず、コットンパックなら、短時間でお手入れを完了でき、肌に潤いを与えることができます。コットンパックの使用方法については次章でお話ししますが、手軽な方法で肌がマシュマロのようにやわらかくなると評判です。

次に、コットンパックを行うことで、角質層にまで水分が行き届くことです。その結果、乾燥を防ぐこともできます。肌が少し疲れていると感じたときにコットンパックを行うと、肌がやわらかくなることを実感しやすいはずです。

最後は、角質層まできちんと潤うことで、肌のきめが整うことです。きめが整った肌はなめらかになりますし、コットンパックの後に使う美容液や乳液の成分の浸透をアップさせることができるのです。

コットンパックは経済的にも優しい

また、コットンパックは手軽に、リーズナブルに始められるスキンケア方法です。毎日行うことも、肌の調子をあげるためにスペシャルケアとして取り入れることもできます。

そしてコットンパックは、いつも使っている化粧水でなくても、行うことができます。好きな香りのローズウォーターなどを用いれば、気分転換にもなりそうです。

コットンパックの正しい使用法とは?

では、より効果を引き出すコットンパックの正しい使用法について、説明しておきましょう。用意するのは、数枚に裂けるタイプのコットンと化粧水、精製水やミネラルウォーター、水道水などの水です。

しっかり水を含ませましょう

まず、コットンがひたひたになるまで、しっかり水を含ませます。カップに水を入れ、コットンをくぐらせると簡単です。次にコットンを手のひらでやさしく抑え、軽く水分を絞ります。絞ったコットンを広げ、そこに化粧水を染み込ませます。

その際、コットンがひたひたになっていることを確認してください。化粧水を十分に吸い込んだコットンを、均等な厚さになるように、2~5枚に裂きます。そして、おでこや両頬、鼻、あごなどに貼りつけます。

その際、コットンを両手で引っ張りながら顔につけると、より密着するはずです。その後、時間がきたらパックをはがして終了です。

パックをする時間の目安とは

時間の目安は、どのタイプの化粧水を使ったかで異なります。サラサラしたタイプの化粧水を使っているときは1~2分、しっとりタイプの化粧水を使ったときには5分程度、ジェルタイプの化粧水を使ったときは10分程度を目安としましょう。

コットンパックは、洗顔後すぐに行うのが基本です。肌の潤いをキープしたいなら、毎日行うとよいでしょう。

コットンパックを行うときに気をつけたいことは?

コットンパックの効果を引き出したいなら、気をつけてほしいことがあります。それは、コットンパックは長時間行うことで、乾燥の原因となることです。

肌を潤わせるために行うコットンパックですが、貼ったまま放置することで、コットン自体が渇いてしまうと、もともと肌が持っていた水分を奪ってしまうのです。

使用する化粧水に注意しよう

そして、コットンパックに向かない化粧水もあります。化粧水の成分を確認し、「アルコール」や「エタノール」が含まれていたときには、コットンパックはしないでください。

コットンパックには、不向きの化粧水です。これは、アルコールやエタノールは水分の蒸発が早いので、肌の乾燥を招きやすいからです。

自分の肌に合った化粧水を使おう

また、初めて購入した化粧水でコットンパックを行うことも、おすすめできません。使っていて肌に合っていることを確認してから行えば、肌トラブルを避けることができます。

合わせて、コットンの選び方にも配慮することをおすすめします。コットンパックに適しているのは、はがしやすい肌触りのものです。はがしたときにけば立たないタイプのコットンを、用いるようにしましょう。

パックをする頻度とタイミング

そして、コットンパックの頻度は、肌の状態で変えてください。毎日行っても、週1~3回でも問題ありません。

ですが、ニキビや吹き出物ができたり、肌荒れがひどいときには、回数を減らし、肌の状態が戻ってから再開しましょう。

コットンパック後はしっかり油分を補おう!

コットンパックは、肌を保湿する方法として、手軽で続けやすいものです。ですが、コットンパックを行うだけでは、保湿効果を引き出すことはできません。浸透させた水分が逃げないように、乳液やクリームで肌にふたをするのが大原則です。

肌の乾燥が気になる女性は、試してみる価値があります。お時間と化粧水の成分、コットンパックの後にしっかり油分を補うことを徹底し、きめ細かい、潤いに満ちた、なめらかなお肌を実現してくださいね。

        
        

  関連記事

本格的なエイジングケアのためにノエビア505薬用スキンローションに注目してほしい5つの理由

お肌が乾燥したるみが気になってくると、本格的にエイジングケアを考えますよね。おす …

優しく、しっかりとメイクを落としたい人がテラクオーレ クレンジングミルクを選ぶべき5つのチェック項目

肌が弱い方でも安心、しっかりメイクも落せて肌にやさしいテラクオーレ クレンジング …

50年の歴史を持つシーボン.の魅力、ホームケア×サロンケアで美肌度アップ!

出典:株式会社シーボン   シーボン.は1966年に誕生して以来、50 …

脱・香水ブス!失敗しない香水の選び方・付け方について

香水選びで失敗しないためのポイントや、TPOをわきまえた付け方について紹介します …

出来れば併用したい…ボディ用日焼け止めは顔にも使えますか?

日焼け止めはボディ用と顔用で使い分けるほうが良い Q.ボディ用の日焼け止めを顔に …

小鼻の赤み…原因と解消法は?コンシーラーのカバー方法もチェック

小鼻の赤み対策!目立たないようにメイクで隠すには? 丁寧に洗顔をしているのに小鼻 …

40代、抜け毛が増えてきたかも…。女性用育毛剤はどんなときに使うべき?

女性も薄毛に注意!髪の状態に合わせて女性用育毛剤を使おう スキンケアアイテムを年 …

何もつけないスキンケア!?「肌断食」の驚くべき若返り効果とは?

肌断食で肌が本来持っている力を引き出そう スキンケアといえば、ぜいたくな美容成分 …

老け顔の原因となるたるみについて

たるみが与える印象とは 老けて見えるのは、顔に出来る影の影響が大きいと言われてい …

顔の日焼けはシミに繋がることも…アフターケアの方法を紹介!

顔の日焼けを放置してしまうのはやめましょう。シミを防ぐためにも実践したいアフター …