今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

湿気が目立つ日のスキンケア、あなたは大丈夫?覚えておきたい落とし穴とは?

梅雨時期など湿気が多い日に実践したいスキンケア方法ってなんだろう?

梅雨時期や湿気が目立つ日はどうしても湿度が上がってしまうので、肌がべたつきやすくなります。

また梅雨の雨が続く日や湿気が多い曇りの日など、日差しが弱いこともあって、紫外線対策を怠ってしまう女性も少なくないようです。

ですが雨の日や曇りの日にも、きちんとスキンケアをしておかないと、その後、乾燥しがちな暑い夏に、肌にさらに大きなダメージを受けることになりかねません。

そこで今回は、湿気の多い日は肌が乾燥しやすいのは本当か、梅雨の時期や湿度が高い日にやりがちなNGスキンケアと正しい方法について、お話ししたいと思います。

湿気が多い日は肌が乾燥するって本当?

人間の肌に最もよいとされる湿度は、60~65%とされています。そのため、湿度が60%を下回ると、肌は乾燥してしまいます。

ですが雨が降る時期など湿気の多い日は平均すると湿度が75%にものぼります。室内の湿度が高くなると、カビやダニが繁殖しやすくなってしまうので、咳やアレルギーを発症したり、湿気が多い日特有のかび臭さがストレスになるひとも少なくないのです。

エアコンで除温は乾燥の原因!

そのため雨が降った日はエアコンで除湿する家庭が多いと思います。これは、洗濯物を室内干ししている家庭では、当たり前のことかもしれません。ですが、エアコンで除湿をすることで、気がつくと室内の湿度が60%を切っていて、肌が乾燥していることが多いのです。

インナードライの女性が増えている!

近年、肌がインナードライになっている女性が増えています。これは、肌の内部は乾燥しているにも関わらず、外側が皮脂でべたついている状態のことをいいます。人間の肌は乾燥すると、肌深部の潤いを守るために、必要以上の皮脂を分泌させます。

その結果、肌の内部は乾燥したままなのに、肌の表面はべたつきがちになり、過剰に分泌された皮脂によって毛穴が詰まったり、ニキビができるなど、肌トラブルが起こりやすくなるのです。雨が降る日は、このインナードライが起こりやすいのです。

湿気の多い日にやりがちなNGスキンケアとは?

では雨が多い日にやりがちなNGスキンケアには、どんなものがあるのでしょうか。まず曇りや雨だからといって、日焼け止めを塗らないことです。

曇りの日でも紫外線対策をしよう

確かに日差しがある日よりは紫外線の量は減るのですが、なくなるわけではありません。そのため、曇りや雨の日でも、紫外線対策をしておく必要があるのです。

そして湿度が上がって汗をかきやすい梅雨の始まりから終わりごろは、こまめに日焼け止めを塗り直す必要があります。

保湿ケアを怠ってはいけません!

次に、べたつくからと保湿ケアを怠ることです。前述したように雨が降る日は、肌がインナードライになっている可能性が高いです。そのため、肌深部にしっかり潤い成分を届ける必要があります。

皮膚の炎症はマラエチア菌のせい!?

また梅雨時期に皮膚に炎症が起こることが多い女性は、健康な肌に常駐している「マラセチア菌」が増えている可能性が高いです。マラセチア菌はカビの一種で、皮脂や湿気の多い場所を好みます。

湿気が多い時期は湿度が高いので、マラセチア菌が繁殖しやすいのです。その結果、顔にかゆみが出たり、ニキビのような湿疹ができてしまいます。これを防ぐためには、洗顔が重要です。

ですが、さっぱりしたいからとゴシゴシ顔を洗ったり、熱いお湯ですすぐことで必要な皮脂まで洗い流してしまうと、乾燥を引き起こしてしまいます。

湿気が多い日におすすめのスキンケア方法は?

では湿気の多い日には、どんなスキンケアがおすすめなのでしょうか。

まず、保湿成分である

  • コラーゲン
  • ヒアルロン酸
  • セラミド

などが含まれた、複合アミノ酸が配合された化粧水を使って、しっかり保湿することが一番です。

湿度の高い時期だけ保湿効果の高い化粧水に切り替える、コットンパックなどで保湿を徹底することも大事ですが、肌深部まで潤い成分を届けた後は、きちんと乳液やクリームを塗って、油分で閉じ込めるようにしましょう。

メイク崩れにはルースパウダー

また雨の日などにメイクが崩れてきたときには、肌がべたついた状態でパウダーファンデーションを重ねるのではなく、ルースパウダーを使うことをおすすめします。

ルースパウダーは肌をサラサラに保ってくれますし、肌にトントンと粉をたたき込むイメージでなじませると、キレイに仕上がります。細かいパールが入ったルースパウダーを使えば、光の効果で顔に立体感がでるとともに、ほんのりしたつや肌を演出できます。

週に1回、酵素洗顔をしよう

さらに洗顔料も、見直しておきたいところです。週に1回は、酵素洗顔をしましょう。洗浄力の高い酵素洗顔を行えば、毛穴に詰まっている古い角質や角栓、表面についた皮脂汚れも洗い落としてくれるはずです。

肌の状態に合わせてスキンケアを見直そう!

梅雨や湿度の多い時期に限らず、肌の老化を防ぐためには、「清潔」「保湿」「紫外線対策」というスキンケアの3つの基本を守ること、自分の肌の状態と肌質に意識を向けることが大切です。

クレンジングと洗顔をわすれずに!

クレンジングと洗顔を徹底し、顔についている汚れや皮脂をしっかり洗い流し、保湿ケアを徹底します。そして、肌にトラブルが起こっていると感じたら、スペシャルケアを取り入れたり、肌の状態に合わせてスキンケア商品を見直すなどの配慮も必要です。

同時に、室内でカビを繁殖させない、旬の食べものやビタミンCが豊富な食材を意識して食べるなど、生活習慣の見直しを行うと、より効果があるはずです。できることから、すぐに取り入れてみてくださいね。

        
        

  関連記事

気になる美容皮膚科でのレーザー治療のいろいろ

シミができたらレーザーでなんとかしちゃおう、というぐらい気軽になってきたレーザー …

美白するって何?有効成分が配合された化粧品を選ぼう

美白をするといっても何から始めたらいいのかわからない方へ 肌のシミやくすみが気に …

40代乾燥に悩む女性向け高保湿スキンケアならPOLAのモイスティシモを要チェック

ポーラでは、色んなラインで商品が販売されており、自分にぴったりのラインを選んで組 …

くすみ効果のある化粧品は成分を良くチェックして選ぼう!

くすみの理由を見極めて自分に合ったくすみケアを Q.くすみ対策化粧品を使っても効 …

お肌をうるうるに! 保湿成分を学んで賢く保湿しよう

保湿成分の役割、どのくらい知っていますか? 化粧品にはたくさんの成分が含まれてい …

乾燥性敏感肌とは?症状や原因、対策の他、おすすめ商品を紹介!

肌が乾燥する季節は特に注意が必要な乾燥性敏感肌についてご紹介します。 肌には様々 …

美白成分のアルブチンってなに?肌があまり強くない人にもおすすめ

アルブチンとはどういったもの?ハイドロキノンが合わない人は試してみては? 美白関 …

アンチエイジングってすぼらな私でもできますか?

いつもの生活習慣に簡単エイジングケアを組み込みましょう Q:ずぼらな私でもできる …

意外と年齢が出てしまう首元のエイジングケア

フェイシャルケアと同じくらい手間をかけることがポイント! 仕事で疲れて帰ってきて …

女の勲章なんて言うけれど、やっぱりしわはNO! 種類別にしっかり対策!

加齢×乾燥、紫外線、筋肉老化、しわの原因は1つじゃない! 年齢とともに目立って行 …