今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

美肌バンクって何?自分の菌で美肌菌をつくるってどういうこと?

美肌菌の効果を知ることから始めよう

私たちの身体にはたくさんの菌が棲んでいますが、その中に「美肌菌」というのがあるのをご存知ですか。そう聞くと腸内細菌である善玉菌や悪玉菌、日和見菌を連想するひとが多いのではないのでしょうか。

こうした菌の働きを促すことで美容や健康に役立てることができるのです。そして、菌の中に美肌づくりをサポートしてくれる「美肌菌」があります。

そこで今回は、美肌菌とは何か、その効果、そして最近話題の美肌バンクというサービスについて、お話ししたいと思います。

美肌菌って何?その効果とは?

実は人間の肌には、腸と同じように善玉菌と悪玉菌が存在します。悪玉菌は肌に悪影響を与えるもので、黄色ブドウ球菌がその代表です。黄色ブドウ球菌が増えることで、さまざまな皮膚トラブルの原因となります。

アクネ菌などは常在菌に分類され、常に皮膚に存在していますが、普段は肌に害を与えることはありません。

そして善玉菌が美肌菌と呼ばれるもので、表皮ブドウ球菌のことをいいます。美肌菌である表皮ブドウ球菌は、グリセリンをつくる働きをもちます。

グリセリンはスキンケア製品のほとんどに配合されている保湿成分ですが、肌の水分とグリセリンが角質細胞にあることで潤うしくみになっています。その結果、肌のバリア機能が維持できるのです。

また表皮ブドウ球菌はセラミドもつくってくれます。セラミドは角質層の潤い成分の一つで、不足すると肌のターンオーバーの乱れなどにつながり、バリア機能を低下させてしまいます。合わせて美肌菌は肌を弱酸性に保ち、悪玉菌を繁殖しにくくする働きも担ってくれるのです。

こうした美肌菌を増やすためには、スキンケアが重要です。洗顔方法や化粧水のつけ方、スキンケア製品の選び方なども大きなポイントになります。

適度に汗をかいたり、冷え体質を改善すること、腸内環境を整えることも美肌菌を増やすことにつながるので意識したいところです。

美肌バンクって何?そのサービス内容は?

みなさんは「美肌バンク」という名前を聞いたことがありますか?これは自分の肌から採取した美肌菌である、表皮ブドウ球菌を培養・増殖させて自分の肌に戻すというスキンケア方法です。

というのも表皮ブドウ球菌は誰もがもっている菌ですが、数や性質には個人差があり、他人の菌を移植することはできません。

そのため安全で効率的に表皮ブドウ球菌を増やすためには、自分の菌を使うのが望ましいと考えたことから美肌バンクが生まれました。

美肌バンクのサービス内容を紹介すると、申し込んで送られてきたキットを使って表皮ブドウ球菌を採取することから始まります。

滅菌綿棒でおでこを軽く撫でるだけなので、誰でも簡単に行うことができます。それを返送すると常在菌の中から表皮ブドウ球菌だけを選別して培養し、-80度で冷凍保管します。

肌に使う前に冷凍乾燥機でパウダー状にされるので、それを専用ローションと一緒に肌に塗るのです。

凍結保管された表皮ブドウ球菌は半永久的に保管でき、週に2回、就寝前に塗ります。その結果、肌の保湿機能が改善されたり、バリア機能が向上することでキメが整うなどの効果が期待できます。

美肌バンクのデメリットとは?

美肌バンクの開発には大学病院に勤務する皮膚科医や、乳酸菌や常在菌の研究・製造を行っている会社が関わっています。そのため効果の検証も信頼できそうです。

ですが何かデメリットはないのでしょうか。まず美肌バンクは個々の表皮ブドウ球菌を採取して培養・増殖・冷凍保存したうえで製品化する必要があるため、受け入れられる人数に制限があることです。そのため、かかる費用が高額なことがデメリットといえるでしょう。

まず美肌菌の採取に15万円、美肌菌を戻す週2回・6カ月分のセットが35万円、美肌菌を凍結保存する管理費が1年ごとに5万2500円、化粧品と美容液、乳液のセットが2万9400円と、6カ月だけでも総額58万1900円という費用が必要になるということです。

ちなみに、これは税別価格となります。この点は続けるうえで、大きなデメリットになるでしょう。また人によっても美肌菌の数が極端に少ないことがあり、その場合は再度採取しなければならないので、別途費用が1万円(税別)かかるのもデメリットといえそうです。

きちんと調べてから活用を検討しよう

とはいえ臨床試験の結果をみても、美肌バンクを利用した女性は、それまでの肌の1.4倍の水分量になったり、皮膚の弱酸性化が進むなど、美肌効果は間違いないようです。

しかし美肌バンクを続けるためには高額な費用がかかること、そしてその効果は永続的なものではなく、美肌バンクを続けていることで維持されるものだと認識しておく必要があります

それでも美肌バンクの人気は高く、申込者が後を絶たないようです。

興味がある人は、まず初めにきちんと調べてから、自分が経済的に美肌バンクを続けて行けるのかどうかを冷静に考えたうえで活用を検討することをおすすめします。

        
        

  関連記事

【進化するリップアイテム】クレヨン・ティント・パウダーのメリットとデメリット!

人気リップアイテムごとの特徴などをご紹介!自分に向いているのを探そう! リップア …

耳たぶつまみが顔のたるみに効く?メカニズムを知り30代からの変化に勝つ!

耳たぶをつまむだけでリフトアップ?誰でも簡単にできる方法 年齢肌を感じさせるポイ …

24時間使えるフェイスパウダー!マキアージュ“スノービューティーⅡ”の予約受付がスタート

塗って寝たほうが綺麗になれる!?昨年の大人気アイテムが今年も登場! 出典:www …

保湿成分の役割を大きくわけて3つ 肌に合った保湿で効果的なエイジングケアを!

セラミド、ヒアルロン酸、天然保湿因子は全く違う性質の保湿成分 アンチエイジングの …

美しいヒジとヒザを作る専用美白セラム「ロコシャイン」

厳選された美容成分がメラニンを抑制・分解、黒ずみ解消へ ヒジ、ヒザの黒ずみ、気に …

赤ニキビってどんな状態?赤いニキビのケア方法とは?

赤ニキビは適切なお手入れで早く治そう 1つでもできてしまうと鏡を見るたび憂鬱にな …

「1.3BG」は、低刺激で安全性の高い防腐剤としてさまざまな化粧品で活躍中

保湿性と抗菌力が特徴、さらりとべたつかないテクスチャーもポイント 「1.3BG」 …

夏本番!強い陽射しを避ける日傘を買う前のチェックポイント

日傘選びに悩んだら、こんなポイントに注目! 帽子や日焼け止めのほかに、定番のUV …

ストレスによる肌の疲れを感じている人がポーラのRED B.Aを選ぶべき5つの注目点

働く女性や家事を頑張る女性に是非試してほしいポーラ RED B.Aについてご紹介 …

50年の歴史を持つシーボン.の魅力、ホームケア×サロンケアで美肌度アップ!

出典:株式会社シーボン   シーボン.は1966年に誕生して以来、50 …