今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

界面活性剤はなぜ注意が必要だと言われるの?

界面活性剤は肌に悪いから使わない方が良い?
87964fbcacaa2c06925247c828738afe_s
化粧品に含まれる界面活性剤はやっぱり肌に悪いのでしょうか?
肌に負担をかけるとか肌荒れの原因になると聞いて、私はあまり肌が強くないので界面活性剤の使われていない化粧品に切り替えた方が良いのか悩んでいます。

界面活性剤は肌に悪いものじゃないんです!

肌に悪いと聞くとついつい避けたくなってしまいますよね。特に界面活性剤の場合は、アトピーの原因になるとか、肌をボロボロにするとか、ものすごく悪く言われていることが多いです。なるべく肌につける化粧品には界面活性剤の含まれていないものを…という気持ちはすごくよくわかります。

ただ、界面活性剤は決して肌に悪いものではありません。まずは界面活性剤とはどんな成分なのかについて見ていきましょう。

・界面活性剤の役割は『くっつける』こと
界面活性剤の役割は、それぞれの成分の界面(表面)に作用して違う成分同士をくっつけるというものです。

化粧水や乳液などに含まれる界面活性剤は、水と油というはじきあってしまう成分をくっつけて分離しないように安定させるために使われています。

一方で、シャンプー、洗顔料、食器用洗剤に使われる洗浄剤としての界面活性剤は、水と油をくっつけて皮膚や食器についた油汚れを落とす働きをしています。

肌に悪影響がある界面活性剤は、様々な界面活性剤の中でも洗浄成分としての界面活性剤のみです。化粧水や乳液に使用されている界面活性剤は全く問題ありません。

・洗浄成分としての界面活性剤の問題点
洗浄成分とは皮脂やメイクの油汚れを落とす力のことです。もし乾燥肌気味で皮脂分泌が少ない人が洗浄成分の強い石けんを使ったら皮脂が根こそぎ落とされてしまい、乾燥がより悪化するのは想像できますよね。

さらに、皮脂を全て落としてもまだ界面活性剤のくっつく力が残っていると、今度は肌を乾燥から守るために必要なセラミドなどのうるおい成分まで洗い流してしまいます。

これが界面活性剤が肌をボロボロにすると言われている理由です。

・界面活性剤=肌に悪い成分じゃない
洗浄成分として使われる界面活性剤にもいくつか種類があり、それぞれ洗浄力の強弱が違います。結論から言うと、自分の肌の状態にあった洗浄力の界面活性剤の使われた石けんやクレンジングを選べば良いというわけです。

また、界面活性剤でも植物由来なら安心という方がいますが、何が原料かが洗浄力の強さを決定しているわけではありません。原料や界面活性剤にこだわるより、実際に手に取ってみて自分の肌に合うかどうかを確かめるのが一番確実な方法です。

界面活性剤が皮膚から吸収されてとどまるとも言われますが、界面活性剤は分子が大きいため肌の中に浸透・吸収することはありません。仮に吸収されたとしても、肌は排泄器官なので分解され排出されるので界面活性剤の入った化粧品で肌荒れが起こるというのは考えにくいでしょう。

        
        

  関連記事

シミを隠したいならコンシーラー使って!上手な選び方教えます

メイクの順序もシミを隠すのに大事です 年齢によってどうしてもできてしまう顔のシミ …

そのスキンケア勘違いかも!炎症が肌にもたらす老化現象とは?

シミ、シワを作る勘違いスキンケアをチェック! 突然ですが、スキンケアを何のために …

地黒でも白くなれる?おすすめの美白対策紹介

もともと肌が黒いからといって諦めないで!美白ケアをすれば肌は明るくなります!! …

寝ている間に綺麗なバストを作ろう。夜用ブラジャーの驚くべき効果とは?

夜用ブラジャーが必要な理由を徹底調査 ブラジャーなんて「夜用でなくてもでいいので …

メイクを落としながら美肌を目指したい人がαピニの美容液クレンジングを選ぶべき5つのポイント

αピニ 美容液クレンジングを使えばメイク落とし&美肌作りができます。 出典:sh …

【スーパーヒアルロン酸に馬油】リバテープ製薬は絆創膏だけじゃなく、美肌コスメもすごかった!

リバテープといえば、絆創膏(ばんそうこう)のことだとお考えの方は多いはず。地域に …

地まつ毛を育てて、スッピンでもフサフサな天然美人に!

まつ毛を育てる方法をまとめました メイク顔とスッピンの最大の違い…、それは“まつ …

塗るヒアルロン酸注入リップ!リップアディクトVSラシャスリップスで比較してみた

「とてもよく似た2つのアイテム…結局、どちらを選べば間違いないの!?」という方へ …

花粉症でお肌が敏感になったと感じたら「つつむ」でケア!

敏感肌に傾きがちな花粉症に季節にオススメのスキンケアをご紹介 出典:decenc …

歯の黄ばみ、たばのこのやに汚れは「ちゅらトゥース」でホワイトニング!

歯の着色(ステイン)汚れを浮かせて取り除く! ↓手軽でコスパ良しなホームホワイト …