今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

界面活性剤はなぜ注意が必要だと言われるの?

界面活性剤は肌に悪いから使わない方が良い?
87964fbcacaa2c06925247c828738afe_s
化粧品に含まれる界面活性剤はやっぱり肌に悪いのでしょうか?
肌に負担をかけるとか肌荒れの原因になると聞いて、私はあまり肌が強くないので界面活性剤の使われていない化粧品に切り替えた方が良いのか悩んでいます。

界面活性剤は肌に悪いものじゃないんです!

肌に悪いと聞くとついつい避けたくなってしまいますよね。特に界面活性剤の場合は、アトピーの原因になるとか、肌をボロボロにするとか、ものすごく悪く言われていることが多いです。なるべく肌につける化粧品には界面活性剤の含まれていないものを…という気持ちはすごくよくわかります。

ただ、界面活性剤は決して肌に悪いものではありません。まずは界面活性剤とはどんな成分なのかについて見ていきましょう。

・界面活性剤の役割は『くっつける』こと
界面活性剤の役割は、それぞれの成分の界面(表面)に作用して違う成分同士をくっつけるというものです。

化粧水や乳液などに含まれる界面活性剤は、水と油というはじきあってしまう成分をくっつけて分離しないように安定させるために使われています。

一方で、シャンプー、洗顔料、食器用洗剤に使われる洗浄剤としての界面活性剤は、水と油をくっつけて皮膚や食器についた油汚れを落とす働きをしています。

肌に悪影響がある界面活性剤は、様々な界面活性剤の中でも洗浄成分としての界面活性剤のみです。化粧水や乳液に使用されている界面活性剤は全く問題ありません。

・洗浄成分としての界面活性剤の問題点
洗浄成分とは皮脂やメイクの油汚れを落とす力のことです。もし乾燥肌気味で皮脂分泌が少ない人が洗浄成分の強い石けんを使ったら皮脂が根こそぎ落とされてしまい、乾燥がより悪化するのは想像できますよね。

さらに、皮脂を全て落としてもまだ界面活性剤のくっつく力が残っていると、今度は肌を乾燥から守るために必要なセラミドなどのうるおい成分まで洗い流してしまいます。

これが界面活性剤が肌をボロボロにすると言われている理由です。

・界面活性剤=肌に悪い成分じゃない
洗浄成分として使われる界面活性剤にもいくつか種類があり、それぞれ洗浄力の強弱が違います。結論から言うと、自分の肌の状態にあった洗浄力の界面活性剤の使われた石けんやクレンジングを選べば良いというわけです。

また、界面活性剤でも植物由来なら安心という方がいますが、何が原料かが洗浄力の強さを決定しているわけではありません。原料や界面活性剤にこだわるより、実際に手に取ってみて自分の肌に合うかどうかを確かめるのが一番確実な方法です。

界面活性剤が皮膚から吸収されてとどまるとも言われますが、界面活性剤は分子が大きいため肌の中に浸透・吸収することはありません。仮に吸収されたとしても、肌は排泄器官なので分解され排出されるので界面活性剤の入った化粧品で肌荒れが起こるというのは考えにくいでしょう。

        
        

  関連記事

紫外線の季節到来!絶対焼かない紫外線対策の基本を覚えよう

シミ・シワ予防と美白の基本はUVカット対策から! 春になり、日差しもだんだんと温 …

今すぐ使いたい!ベビーパウダーの驚くべき万能コスメっぷり!

赤ちゃんだけに使うのはもったいないほど高機能なベビーパウダーの魅力をご紹介。 赤 …

肌トラブルを避けるには日焼け直後のアフターケアが大事!

日焼けをしてしまったら、できるだけ早く対策を! その方法は? 美肌を作りたいと思 …

そのブツブツもしかして化粧品による肌トラブル?原因や対策が知りたい!

たかが肌荒れと放置するのはNG!化粧品による肌トラブルについてご紹介します。 キ …

30代のお肌の曲がり角にはラウディのクリーミィモイストミルクで酸化を防ごう

保湿も美容液効果もクリームも乳液ひとつでOKってほんとう? お肌のエイジングケア …

白髪ができたらまず試したい3つのこと

たった一本でも自分の老化を感じさせる白髪。増やさないためにできることをまとめてみ …

シワ対策に!ベリル アドバンスドリンクルセラムは、海の至宝成分で根本ケア

コラーゲン不足と乾燥、シワの二大原因を肌の内側から確実に解消 「ネットショップ大 …

今すぐなんとかしたい!ブツブツ汚肌の原因と対策は?

角栓、ニキビ、クレーターは、毛穴の開きの改善で一網打尽にできる!? 突然ですが、 …

【保存版】オールインワンゲル大特集! 成分や肌悩みで自分にピッタリのゲルが見つかる!!

現代女性は仕事、家事、育児などとにかく忙しく、スキンケアにかける時間すらもったい …

秋のゆらぎ肌の正体は『バリア機能の低下』、血行を改善して元気な肌へ!

夏の肌ダメージは秋のスキンケアで改善させて冬を迎えよう 紫外線やテカりが気になる …