今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

シミになりやすい時期がある?生理前は紫外線に注意!

肌が敏感になる生理前は紫外線の影響も受けやすい
d556c1b24bd6061436da4c486fb59a26_s
春から夏にかけては紫外線を気にしてUVケアをされる方も多いですよね。シミは一度できてしまうとなかなか消せないので、日焼け止めなどでシミができないようにしっかり対策するのが基本です。

しかし、生理前にシミができやすいのはご存知ない方が多いのではないでしょうか?

今回は、どうして生理前にシミができやすくなるのか、どんな対策をしたらいいのかについてご紹介します。

生理前にシミができやすい理由とは?

2015-04-17_171250
女性は整理周期に合わせてホルモンバランスが変化します。排卵後から生理が始まるまでの1~2週間ほどは、プロゲステロン(黄体ホルモン)という女性ホルモンの分泌量が増えます。

このホルモンは皮脂分泌を促進するため、生理前はニキビができやすくなるのです。さらに、プロゲステロンがメラニンを作り出すメラノサイトを刺激し、通常よりも多いメラニンを生成してしまうことがわかっています。

また、生理前はニキビ以外にも様々な肌トラブルを起こしやすい時期です。いつも使っている化粧品に刺激を感じることもありますよね。ニキビの炎症や化粧品の刺激もメラニンを発生させる原因の一つ。こういった理由が重なり、生理前はいつもよりシミができやすい・濃くなりやすい時期と言えます。

その他、月経前症候群(PMS)による不安・イライラ・ストレスは、副腎皮質ホルモンの分泌を促し、メラニン色素の生成を促してしまうことがあります。生理前のイライラが気になる方はサプリや漢方薬を使用したり、あまりひどい場合は病院へ行って薬を処方してもらいましょう。

生理前は紫外線対策を万全に!

紫外線は季節や天気を問わず、1年中降り注いでいます。日差しが気にならない冬や雨の日も、紫外線対策には気を付けましょう。

化粧下地やファンデーションにUVカット機能が付いているなら、いつもと同じメイクをしているだけでも十分です。外へ出る時はUVカット効果のあるパウダーなどでメイク直しをしてから出かけると安心です。

また、瞳から入った紫外線は脳に「メラニンを作るように」と働きかけることがわかっています。長時間の外出の際には、サングラスをかけたり、UVカット効果のあるメガネやコンタクトレンズを使用して瞳から入る紫外線にも気をつけましょう。

生理前のスキンケアは肌に優しいものを

肌荒れしやすい生理前のスキンケアは、刺激を感じるものは避けてできるだけ肌に優しいものを使うようにしましょう。また、過剰なスキンケアは肌を摩擦して負担を与え、メラニンを発生させてしまいます。シンプルなケアを心がけてください。

        
        

  関連記事

ヘルシーグロー肌ってなに?最旬トレンドのメイクを紹介!

ヘルシーグロー肌でナチュラルに美しく健康的な肌を目指す 2016年の肌トレンドと …

美白も食べものがつくるって本当?美白を助ける・妨げる食べものが知りたい!

抜けるような白い肌を持っている女性は、魅力が何十%単位でアップすることはみなさん …

乳化作用で肌の栄養を浸透させ老廃物を排出、肌バリア効果もある「リン脂質」

密着力、保湿力、浸透力を発揮し、スキンケアをサポート 「リン脂質」という言葉を知 …

【必見バストケア】お肌だけじゃない!30代はお乳の曲り角にも要注意!

一度垂れたバストは一生戻らない!? 加齢によってバストの形が変わったり、垂れたり …

99%の使用者が満足したオーガニックスカルプシャンプー「チャップアップ」

毛髪診断士と美容師が共同開発したプレミアムな濃密オーガニックシャンプー とある調 …

40代のスキンケア キレイな人は何をしている?

40代からは肌悩みに合わせた+αのスキンケアを始めよう Q.20代のころから洗顔 …

効果がないかも! 間違った日焼け止めの使い方してない?

日焼け止めの使い方は大丈夫?正しい使い方を覚えよう 夏に向けて紫外線が気になる季 …

コンシーラーの上手な使い方をチェック!美肌に見せるポイント

コンシーラーがなかなかうまく使えないという方のためにコンシーラーの上手な使い方を …

美白するって何?有効成分が配合された化粧品を選ぼう

美白をするといっても何から始めたらいいのかわからない方へ 肌のシミやくすみが気に …

いつのまにしわしわに!? 老けて見られる首元のしわ…対策はどうすればいい?

首元のしわを作らない、改善するためにはどうすればいいのかご紹介します。 特に年齢 …