今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

シミになりやすい時期がある?生理前は紫外線に注意!

肌が敏感になる生理前は紫外線の影響も受けやすい
d556c1b24bd6061436da4c486fb59a26_s
春から夏にかけては紫外線を気にしてUVケアをされる方も多いですよね。シミは一度できてしまうとなかなか消せないので、日焼け止めなどでシミができないようにしっかり対策するのが基本です。

しかし、生理前にシミができやすいのはご存知ない方が多いのではないでしょうか?

今回は、どうして生理前にシミができやすくなるのか、どんな対策をしたらいいのかについてご紹介します。

生理前にシミができやすい理由とは?

2015-04-17_171250
女性は整理周期に合わせてホルモンバランスが変化します。排卵後から生理が始まるまでの1~2週間ほどは、プロゲステロン(黄体ホルモン)という女性ホルモンの分泌量が増えます。

このホルモンは皮脂分泌を促進するため、生理前はニキビができやすくなるのです。さらに、プロゲステロンがメラニンを作り出すメラノサイトを刺激し、通常よりも多いメラニンを生成してしまうことがわかっています。

また、生理前はニキビ以外にも様々な肌トラブルを起こしやすい時期です。いつも使っている化粧品に刺激を感じることもありますよね。ニキビの炎症や化粧品の刺激もメラニンを発生させる原因の一つ。こういった理由が重なり、生理前はいつもよりシミができやすい・濃くなりやすい時期と言えます。

その他、月経前症候群(PMS)による不安・イライラ・ストレスは、副腎皮質ホルモンの分泌を促し、メラニン色素の生成を促してしまうことがあります。生理前のイライラが気になる方はサプリや漢方薬を使用したり、あまりひどい場合は病院へ行って薬を処方してもらいましょう。

生理前は紫外線対策を万全に!

紫外線は季節や天気を問わず、1年中降り注いでいます。日差しが気にならない冬や雨の日も、紫外線対策には気を付けましょう。

化粧下地やファンデーションにUVカット機能が付いているなら、いつもと同じメイクをしているだけでも十分です。外へ出る時はUVカット効果のあるパウダーなどでメイク直しをしてから出かけると安心です。

また、瞳から入った紫外線は脳に「メラニンを作るように」と働きかけることがわかっています。長時間の外出の際には、サングラスをかけたり、UVカット効果のあるメガネやコンタクトレンズを使用して瞳から入る紫外線にも気をつけましょう。

生理前のスキンケアは肌に優しいものを

肌荒れしやすい生理前のスキンケアは、刺激を感じるものは避けてできるだけ肌に優しいものを使うようにしましょう。また、過剰なスキンケアは肌を摩擦して負担を与え、メラニンを発生させてしまいます。シンプルなケアを心がけてください。

        
        

  関連記事

髪のパサつきや傷み…。美ツヤ髪になるためのポイントはココ!

ツヤの無い髪はパサついて見えてしまいます。どのような対策を取ればいいのかご紹介! …

気になるプチ整形の相場はどのくらい?

シワやたるみにも即効性あり!日々のスキンケアやエステでは得られない効果 メスを使 …

「ステアリン酸コレステロール」は油分との親和性が高い保湿成分

エモリエント効果で肌を柔らかくしてハリや弾力をキープ スキンケアで不可欠な保湿成 …

魅力的なクリアな瞳の決め手は透き通った白目だった

老けて見える白目の濁りの原因とケア方法とは? お肌の美白はバッチリ!という女性は …

花粉症のときのメイクってどうしたらいい?ポイントやコツを教えて!

花粉症が持病の女性は毎年いつから花粉が飛び始めるのか、戦々恐々なのではないでしょ …

たるみ、ほうれい線、二重あご…肌のひきしめだけに特化した美顔器「NEWAリフト(ニューアリフト)」

見た目年齢に大きく影響する「たるみ」に集中ケアできる家庭用美顔器 ↓公式サイトを …

毛穴パックで毛穴が広がる!?原因は間違った使い方

毛穴パックで毛穴が広がる原因と毛穴パックの正しい使い方 Q.毛穴パックをすると逆 …

万能!ココナッツオイルで上質オイルクレンジング&洗顔!

高い抗酸化効果・免疫力&保湿力アップで肌トラブルゼロ洗顔 巷でウワサのココナッツ …

「Viageビューティアップナイトブラ」ならバストアップもハリも叶う!

バストの悩みはクーパーじん帯が原因…ナイトブラでじん帯を守ろう ↓寝ている間もバ …

まつ毛をビューラーであげても下がってしまう!対策は?

ビューラーの基本的な使い方などについてご紹介します。 しっかり上がったまつ毛は目 …