今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

出来れば併用したい…ボディ用日焼け止めは顔にも使えますか?

日焼け止めはボディ用と顔用で使い分けるほうが良い
53b53597c046fe7dbfe0f48b1ddd8418_s
Q.ボディ用の日焼け止めを顔に使っても大丈夫でしょうか?
日焼け止めを2つ用意するのが面倒で、いつもボディ用の日焼け止めを顔にも使っています。ボディ用と書いてあるからには、やはり体だけに使って顔には使わない方が良いのでしょうか?また、なぜ使い分ける必要はあるんでしょうか?
(Wさん/30代前半/主婦)

A.デリケートな顔には顔専用の日焼け止めを!
将来のお肌のことを考えれば、体にはボディ用を、顔には顔用の日焼け止めを使うのが一番です。その理由は、首から上と首から下では肌の作りが全く違うからです。

顔は全身の中でも刺激に弱いデリケートな部分で乾燥しやすく、皮脂腺が多いため毛穴つまりを起こしやすいです。首から下は顔に比べ刺激に強く、皮脂腺が少なく毛穴の目立ちやつまりといったトラブルも滅多にありません。

こういった違いがあることから、日焼け止めもボディ用と顔用は肌への優しさや毛穴つまりへの配慮に違いが出てきます。また、体用は清涼感を与えるためにメントールなどの顔にとって刺激となる成分を配合していることもあります。

日焼け止めの値段を見ても、顔用の方が高いですよね?それだけ体用より顔用の日焼け止めは色々な配慮がされているということです。今は目立ったトラブルがなくても、体と顔に同じ日焼け止めを使い続けると数年後の肌に違いが出る可能性があります

同様に、顔専用の日焼け止めを体に使うのもオススメできません。上に書いたように、顔は他の部位とは肌質が違います。そのため、顔用の日焼け止めは保湿成分やテカり防止成分が配合されていたり、メイク下地として使えるタイプのものだと肌色を明るく見せる色付きのものもあります。ボディ用に比べて伸びが悪いので、手足に使おうとすると摩擦で肌を傷めることもあります。

顔の紫外線対策はメイクだけで十分!

そもそも、メイクをしているだけでも紫外線対策は十分なケースが多いです。

最近は多くの化粧下地、ファンデ、パウダーにUVカット効果があります。お手持ちのベースメイクアイテムを見ても、SPF20~30と書いてあるものが多くないでしょうか?洗濯ものを干したり近所へ買い物に行く程度の外出ならそれだけで大丈夫です。

メイク崩れが気になる時は、UVカット効果のあるパウダーを重ねてください。また、塗り直す方が安心と言う時は、UVカット効果付きのBBクリームやCCクリームを利用するのがオススメです。ファンデーションと同じ程度のメイクアップ効果もあるので、日焼け止め感覚で使いながらちゃんとメイクしている感じも出ます。

日焼け止めは面倒でも顔用とボディ用と使い分けて、肌に負担をかけない紫外線対策をしてくださいね。

        
        

  関連記事

そのスキンケア勘違いかも!炎症が肌にもたらす老化現象とは?

シミ、シワを作る勘違いスキンケアをチェック! 突然ですが、スキンケアを何のために …

年齢肌の強い味方!リフトアップテープの正しい使い方と注意点

リフトアップテープを効果的に使う方法とは 美容外科やエステサロンに行く必要もなく …

万能!ココナッツオイルで上質オイルクレンジング&洗顔!

高い抗酸化効果・免疫力&保湿力アップで肌トラブルゼロ洗顔 巷でウワサのココナッツ …

目元の年齢的なトラブルはこんなにいっぱい!おすすめのケア方法とは?

たるみ、シワ、クマが気になったらアイケアアイテムでお手入れしよう 目元がパッと明 …

秋は保湿に徹しよう!秋のお肌の保湿法

肌バリアが失われるとどうなる? 秋のスキンケアで大切なのは、とにかく保湿すること …

目立ってしまう口周りのにきび。実は体の不調を表していた!

気づけば出来ていることが多い口周りのにきび、その原因と対処法を知っておきましょう …

芸能人にも人気、話題の「洗わない洗顔」って本当にいいの?

肌の状態に合わせた使い分けが大切、賢く洗顔して素肌力を高めよう 石田ゆり子さんや …

顔以上に年齢が出るくびのしわ、早めにケアしましょう!

スマホ症候群の「ストレートネック」は要注意! 顔のエイジングケアを頑張っているあ …

安くて効果大!100円ショップで必ず買いたい美容アイテム5つ

日頃の生活用品のみではなく、実は美容アイテムの優れものも多い100円ショップ。買 …

気になるそばかすの効果的な改善方法が知りたい

子供の頃はチャームポイントだったそばかすも、大人になってからだと悩みの種に。そん …