今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

出来れば併用したい…ボディ用日焼け止めは顔にも使えますか?

日焼け止めはボディ用と顔用で使い分けるほうが良い
53b53597c046fe7dbfe0f48b1ddd8418_s
Q.ボディ用の日焼け止めを顔に使っても大丈夫でしょうか?
日焼け止めを2つ用意するのが面倒で、いつもボディ用の日焼け止めを顔にも使っています。ボディ用と書いてあるからには、やはり体だけに使って顔には使わない方が良いのでしょうか?また、なぜ使い分ける必要はあるんでしょうか?
(Wさん/30代前半/主婦)

A.デリケートな顔には顔専用の日焼け止めを!
将来のお肌のことを考えれば、体にはボディ用を、顔には顔用の日焼け止めを使うのが一番です。その理由は、首から上と首から下では肌の作りが全く違うからです。

顔は全身の中でも刺激に弱いデリケートな部分で乾燥しやすく、皮脂腺が多いため毛穴つまりを起こしやすいです。首から下は顔に比べ刺激に強く、皮脂腺が少なく毛穴の目立ちやつまりといったトラブルも滅多にありません。

こういった違いがあることから、日焼け止めもボディ用と顔用は肌への優しさや毛穴つまりへの配慮に違いが出てきます。また、体用は清涼感を与えるためにメントールなどの顔にとって刺激となる成分を配合していることもあります。

日焼け止めの値段を見ても、顔用の方が高いですよね?それだけ体用より顔用の日焼け止めは色々な配慮がされているということです。今は目立ったトラブルがなくても、体と顔に同じ日焼け止めを使い続けると数年後の肌に違いが出る可能性があります

同様に、顔専用の日焼け止めを体に使うのもオススメできません。上に書いたように、顔は他の部位とは肌質が違います。そのため、顔用の日焼け止めは保湿成分やテカり防止成分が配合されていたり、メイク下地として使えるタイプのものだと肌色を明るく見せる色付きのものもあります。ボディ用に比べて伸びが悪いので、手足に使おうとすると摩擦で肌を傷めることもあります。

顔の紫外線対策はメイクだけで十分!

そもそも、メイクをしているだけでも紫外線対策は十分なケースが多いです。

最近は多くの化粧下地、ファンデ、パウダーにUVカット効果があります。お手持ちのベースメイクアイテムを見ても、SPF20~30と書いてあるものが多くないでしょうか?洗濯ものを干したり近所へ買い物に行く程度の外出ならそれだけで大丈夫です。

メイク崩れが気になる時は、UVカット効果のあるパウダーを重ねてください。また、塗り直す方が安心と言う時は、UVカット効果付きのBBクリームやCCクリームを利用するのがオススメです。ファンデーションと同じ程度のメイクアップ効果もあるので、日焼け止め感覚で使いながらちゃんとメイクしている感じも出ます。

日焼け止めは面倒でも顔用とボディ用と使い分けて、肌に負担をかけない紫外線対策をしてくださいね。

        
        

  関連記事

色気を漂わせるレディに仕上げるなら、2016年はマットな大人リップで決まり

ハリウッドでも人気のマットを体験してみて グロスでつやつやした唇もジューシーで魅 …

お肌の美しさと若々しさに欠かせない美肌菌とは?

自在している美肌のための菌、美肌菌。この美肌菌を上手に増やせれば美肌をずっとキー …

口臭が気になって自信が持てない!そんなときにおすすめのレーザー手術のこと

口臭は、自分で気づきにくいものです。そして、他人から口臭を指摘されると、とても気 …

意外とみんな気にしてる…歯磨きでも消えない口臭の解決策は?

口臭の原因、対策法を紹介します 「毎日歯磨きしてるのに、なぜか口臭がキツくなる! …

界面活性剤はなぜ注意が必要だと言われるの?

界面活性剤は肌に悪いから使わない方が良い? 化粧品に含まれる界面活性剤はやっぱり …

RIZAP(ライザップ)が監修した美顔器!エステナードLIFTYの表情筋エクササイズでハリを取り戻そう

週2回、1回約5分の使用でハリが戻る!話題の美顔器についてご紹介 毎日きちんとス …

魅力的なクリアな瞳の決め手は透き通った白目だった

老けて見える白目の濁りの原因とケア方法とは? お肌の美白はバッチリ!という女性は …

はやく治したい!お尻ニキビができる原因と改善方法

痛みを伴ったりすると日常生活にも支障が出るお尻ニキビの原因と対策方法をご紹介しま …

ぽつぽつ・ザラザラの白ニキビを治すにはどうしたらいいの?

白ニキビとは?原因や解消法をチェック! 肌を触った時にザラザラする白ニキビが気に …

高い美白効果と抗酸化作用で、肌を老化からガードする「エラグ酸」

植物性ポリフェノールの力で安心、安全に美白ケアしよう エラグ酸は、ザクロやイチゴ …