今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

インドア派の人も注意! 室内にいても日焼けすることがある

生活焼けとは?絶対焼かない紫外線対策
4fc4667d386067658ec9c3768e1106c0_s
日差しが強くなる春から夏にかけて、紫外線対策には気を使っている女性が多いですよね。では、家の中に入る時や、洗濯ものを出し入れする時はどうでしょうか?

ほんの少しの時間でも、紫外線を浴びた分だけメラニンが発生しシミや肌の老化の原因になります。今回は見落としがちな「生活焼け」について対処法をご紹介します。

生活焼けは、外出以外の日常生活で日焼けしてしまうことです。例えば、以下のようなものが生活焼けです。

・洗濯ものやお布団を干す
・日光の当たる部屋にいる
・庭先で立ち話

ほんの数分程度でも紫外線対策をしていないとメラニンは発生しますし、ガラスやカーテン越しでも紫外線は肌に届いています

室内にいる時も、日当たりの良い場所を避けるようにしましょう。「ちょっとくらいなら…」と油断しがちですが、たった数分でも毎日紫外線を浴び続ければ少しずつ日焼けしていきます。外出しない時も、生活焼けに気をつけて白い肌を守りましょう!

生活焼けを予防する方法

日焼け止めをこまめに塗り直す

紫外線の対策として一番有効なのが日焼け止めです。短時間でも外に出る時は、日焼け止めを塗り直すのがオススメ。

お顔は紫外線カット効果のあるフェイスパウダーやファンデーションを重ね塗りするだけでも大丈夫です。日焼け止めを使用する時は、たっぷり塗るのがポイントです。伸びが良いからと薄く伸ばしてしまうと十分に紫外線をカットできなくなってしまいます。

また、10~20分程度外に出るだけなら、SPFは15程度で十分です。SPFは紫外線を予防する時間の長さを表す数字で、日焼け止めの効果の高さを表しているわけではありません。数値が高ければ高いほど肌に負担がかかるので、あまり神経質にならず生活にあった日焼け止めを選びましょう。

アームカバーや帽子を利用する

いちいち日焼け止めを塗り直すのが面倒という方や、もっとしっかり紫外線を予防したい方は、腕がすっぽり隠れるアームカバーやつばの広い帽子を使うのがオススメです。今はUV加工がされているカーディガンなどもあるので、どんどん活用しましょう。

遮光カーテン、UVカットフィルターを利用する

建物の向きによっては朝から夕方までずっと室内に光が入ることもあります。そんな時はカーテンを遮光タイプに変えてみましょう。光が入らないということは紫外線をカットしてくれるのと同じなので、日差しが強い季節だけでも遮光カーテンにすると生活焼けのリスクがぐっと低くなります。家具の日焼けも防げて一石二鳥です。

日差しが入らないと暗くて落ち着かない時は、窓に貼り付けるUVカットフィルターを使う方法もあります。これなら光を遮らずに紫外線をカットできます。どちらもホームセンターなどで手に入るので検討してみてくださいね。

紫外線対策をしていても毎年日焼けする方は、生活焼けが日焼けの原因かもしれません。紫外線が強い春夏は日常生活の中でも紫外線に注意してみましょう!

        
        

  関連記事

薄毛に悩む女性必見!女性用育毛剤「デルメッド ヘアエッセンス」の特徴や効果とは?

女性ホルモンと薄毛の関係に着目した女性用育毛剤をご紹介します。 薄毛に悩む女性が …

湿度だけじゃない!部屋の温度差がたるみの悪化を招く!?

温度差のない部屋作りで肌ストレスの解消を目指そう 湿度の低下による潤い不足は、肌 …

【お口のニオイが気になる方必見】なたまめ茶を飲むだけで口臭対策に! 

口臭対策にはなたまめ茶がおすすめ!手軽に飲めるのも魅力 口臭のせいで自分に自信が …

洗練されたいい女になりたいならADDICTIONを使ってみよう

いかにもスタイリッシュといったコスメデザインも女性からの支持が高いポイントです。 …

美白といえばハイドロキノン!肌の漂白剤で強力美白

美白成分として特に有名なハイドロキノン!その効果や注意点とは? 美白成分には様々 …

自宅でサロン仕様のビキニライン美白ケアができる!「VL WHITE(ヴィエルホワイト)」

独自のリポゾーム美容成分が美白効果・美肌効果を高め、黒ずみ解消! おしゃれな水着 …

ヴィーナスプラセンタEXで高級美容成分を補給!若々しい肌作り

年齢を感じさせない肌を作りたいならヴィーナスプラセンタEX! ヴィーナスプラセン …

髪とコラーゲンには切ってはならない重要なつながりが!

コラーゲントリートメントで髪質に良い変化を! コラーゲンはたんぱく質の一つで、人 …

アトピー肌の人こそ「咲水」を使用してみてほしいその理由

希少な成分サクランを使用したコスメ咲水。肌に優しいのはもちろん、刺激から肌を守る …

一気に老け顔の原因になってしまう肝斑の原因と対策とは?

突然気づくぼんやりしたシミ。もしかしたらそれはシミではなく肝斑かもしれません。メ …