今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

敏感肌はちょっとの日焼けがシミになる!?紫外線対策でシミを予防

敏感肌こそ紫外線対策が必要な理由とは

721a28a3f5cecac96578d27dc2df27dd_s

アトピーやアレルギー体質の方は化粧品や気候の影響を受けやすく、ちょっとした負担でもすぐ肌荒れを起こす敏感肌になりやすいと言われています。

また、現代社会はストレスが多く、本当は肌が丈夫な方もストレスをきっかけに敏感肌になってしまうケースが後を絶ちません。

現代を生きる女性が切っても切れない肌トラブル「敏感肌」は紫外線ダメージにも弱くシミができやすい肌質です

どうして敏感肌だとシミができやすいのでしょうか?敏感肌とシミの関係と紫外線対策の大切さをご紹介します。

敏感肌にシミができやすい理由とは?

敏感肌はダメージを受けやすい

水分をたっぷり蓄えたプルプルの肌は乾燥、摩擦、紫外線などのダメージをはねのける力を持っています。

しかし、水分不足や皮脂不足によって砂漠状態になった肌はダメージをもろに受けてしまうのです。

メラニンを作りすぎてしまう

敏感肌はちょっとした刺激でもダメージを受けます。すると、肌の中ではダメージが深い部分まで届かないように、ダメージを受け止めてくれるメラニン色素を生成して肌を守ります。そう、あのシミの元になるメラニン色素です。

通常、メラニンは役目を終えた角質とともはがれ落ち、シミになることはありません。しかし、敏感肌は普通肌の方より多くメラニンが作られているため、そこに紫外線を浴びるとターンオーバーで処理できるメラニンの量を超えてしまい、肌に沈着してシミになってしまうのです。

さらに、メラニンを作るメラノサイトは誤作動を起こしやすく、大量にメラニンを作っているうちに「常にメラニンを作らなければ!」と錯覚します。これによって、敏感肌はさらにシミができやすくなってしまいます。

敏感肌こそ紫外線対策が大切

紫外線は真皮にもダメージを与える

紫外線はシミを作るだけでなく、真皮にもダメージを与えてコラーゲンを破壊します。コラーゲンが減少すると、肌が乾燥してシワやたるみが目立つようになります。

敏感肌はダメージを受けやすい分肌の老化も早いと言われています。シミ以外の予防のためにも、紫外線対策は欠かせません。

美白化粧品は刺激が強い

シミ予防には紫外線対策だけでなく美白化粧品も有効です。しかし、美白成分は肌への刺激が強いものや肌を乾燥させるものが多く、化粧品に刺激を感じやすい方には少しハードルが高いのです。

また、できたシミを薄くするタイプの美白化粧品はさらに刺激が強く、敏感肌だとなかなか挑戦しにくいという問題もあります。

最近は紫外線の怖さが知れ渡り、赤ちゃんでも使える肌に優しい日焼け止めがたくさん販売されています。敏感肌の方はシミを予防するために、紫外線対策に力を入れていきましょう。

        
        

  関連記事

表情ジワ?乾燥ジワ?あなたのシワはどったいのタイプ?

表情ジワと乾燥じわの見分け方と予防、改善方法 30歳を超えると急に気になってくる …

20代メイクはNG!美容部員が教える魅力的な30代、40代メイク

アラサー・アラフォー世代にありがちなのが、20代の時のままのメイクをしてしまうこ …

ひじ、ひざのくすみをとるには?皮膚を柔らかくすることも大切

堂々とスカートや半袖を切るためにはひじ、ひざのくすみ対策を!どんな方法がある? …

髪の生え際やおでこにできるニキビの原因と対策とは?

一度できると治りにくいおでこニキビの対処法 鼻に続いて皮脂の多いおでこ。10代の …

モテ髪になりたい!3つのポイントを押さえて非モテ髪から脱却しよう

モテ髪と非モテ髪、あなたの髪型はどちらに該当しますか? 髪型があらわすのは、女性 …

柔軟、ふき取り、収れん化粧水、しっかり使い分けできてますか?

保湿だけじゃない!角質を落としたり毛穴を引き締めたり、進化する化粧水たち 化粧水 …

塩洗顔でつるすべ美肌実現!めざせ・毛穴レス・ニキビレス美人!

塩で顔を洗う?塩洗顔で知っておきたい効果と注意点 “つるつる美肌になれる!”と、 …

“アクリアルピーリングプロ”で、エステと同じウォーターピーリングを自宅ケアに!

『いいものプレミアム』で紹介された大人気美顔器“アクリアルピーリングプロ”につい …

まだ間に合う!30代の顔のたるみ解消法

生活も顔も引き締めて、しっかりリフトアップしましょう 「たるんでる!」といっても …

切らない、削らない、美容注射でお顔のアンチエイジングを

プラセンタ注射、ヒアルロン注射、ボトックス注射、BNLS注射、その効果は? 今、 …