今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

敏感肌はちょっとの日焼けがシミになる!?紫外線対策でシミを予防

敏感肌こそ紫外線対策が必要な理由とは

721a28a3f5cecac96578d27dc2df27dd_s

アトピーやアレルギー体質の方は化粧品や気候の影響を受けやすく、ちょっとした負担でもすぐ肌荒れを起こす敏感肌になりやすいと言われています。

また、現代社会はストレスが多く、本当は肌が丈夫な方もストレスをきっかけに敏感肌になってしまうケースが後を絶ちません。

現代を生きる女性が切っても切れない肌トラブル「敏感肌」は紫外線ダメージにも弱くシミができやすい肌質です

どうして敏感肌だとシミができやすいのでしょうか?敏感肌とシミの関係と紫外線対策の大切さをご紹介します。

敏感肌にシミができやすい理由とは?

敏感肌はダメージを受けやすい

水分をたっぷり蓄えたプルプルの肌は乾燥、摩擦、紫外線などのダメージをはねのける力を持っています。

しかし、水分不足や皮脂不足によって砂漠状態になった肌はダメージをもろに受けてしまうのです。

メラニンを作りすぎてしまう

敏感肌はちょっとした刺激でもダメージを受けます。すると、肌の中ではダメージが深い部分まで届かないように、ダメージを受け止めてくれるメラニン色素を生成して肌を守ります。そう、あのシミの元になるメラニン色素です。

通常、メラニンは役目を終えた角質とともはがれ落ち、シミになることはありません。しかし、敏感肌は普通肌の方より多くメラニンが作られているため、そこに紫外線を浴びるとターンオーバーで処理できるメラニンの量を超えてしまい、肌に沈着してシミになってしまうのです。

さらに、メラニンを作るメラノサイトは誤作動を起こしやすく、大量にメラニンを作っているうちに「常にメラニンを作らなければ!」と錯覚します。これによって、敏感肌はさらにシミができやすくなってしまいます。

敏感肌こそ紫外線対策が大切

紫外線は真皮にもダメージを与える

紫外線はシミを作るだけでなく、真皮にもダメージを与えてコラーゲンを破壊します。コラーゲンが減少すると、肌が乾燥してシワやたるみが目立つようになります。

敏感肌はダメージを受けやすい分肌の老化も早いと言われています。シミ以外の予防のためにも、紫外線対策は欠かせません。

美白化粧品は刺激が強い

シミ予防には紫外線対策だけでなく美白化粧品も有効です。しかし、美白成分は肌への刺激が強いものや肌を乾燥させるものが多く、化粧品に刺激を感じやすい方には少しハードルが高いのです。

また、できたシミを薄くするタイプの美白化粧品はさらに刺激が強く、敏感肌だとなかなか挑戦しにくいという問題もあります。

最近は紫外線の怖さが知れ渡り、赤ちゃんでも使える肌に優しい日焼け止めがたくさん販売されています。敏感肌の方はシミを予防するために、紫外線対策に力を入れていきましょう。

        
        

  関連記事

保湿成分の役割を大きくわけて3つ 肌に合った保湿で効果的なエイジングケアを!

セラミド、ヒアルロン酸、天然保湿因子は全く違う性質の保湿成分 アンチエイジングの …

アンチエイジングはお金をかけなくてもこんなにやれることがある!

アンチエイジングは高額?一般主婦には無理? Q.お金のかからないアンチエイジング …

自宅で”湯上り気分”を実感!オールインワン美容ジェル「山の神のめぐみ」

”美肌の湯”の源泉パワーで、湯上りのようなツルスベ肌が手に入る! 年末に近付き寒 …

白目をキレイにするギーとは? その方法は?

PCやスマホと向き合っている時間が多くて、目が慢性的に疲れている、充血が取れなく …

乾燥性敏感肌とは?症状や原因、対策の他、おすすめ商品を紹介!

肌が乾燥する季節は特に注意が必要な乾燥性敏感肌についてご紹介します。 肌には様々 …

芸能人にも人気、話題の「洗わない洗顔」って本当にいいの?

肌の状態に合わせた使い分けが大切、賢く洗顔して素肌力を高めよう 石田ゆり子さんや …

顔にできるシミの種類とケア方法とは?適切なケアで透明感のあるお肌へ!

そのシミ、今のケア方法で大丈夫?シミの種類に合わせたケアをしよう 女性のお肌の悩 …

要注意パーツを丁寧に!体臭の悩みはオイルクレンジングが効果的!

特に体臭に注意したいポイントや対策についてご紹介します。 体臭の強さというのは人 …

おしゃれな子はもう始めてる?ブラジリアンワックスで見えないところの脱毛にもこだわろう

デリケートゾーンのムレやかゆみの軽減にも! 最近では専門店もあり、日本にも浸透し …

【知っておきたい】アンチエイジングの成分

アンチエイジングに求めるものは?理想の肌を叶える成分をチェック! 『アンチエイジ …