今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

紫外線対策フードで体の中から美白しよう!

食べるだけで美白できる紫外線対策フードとは?

a7a20e89cea5c26713897b5f818dbd5d_s

紫外線対策と言えば日焼け止めを思い浮かべる方が多いと思いますが、実は食べ物でも紫外線対策ができるんです。

紫外線対策フードは美肌効果も高く、シミやシワの予防にも役立ちます。今回は食べ物から紫外線ダメージを緩和する方法をご紹介します。

食べ物と化粧品の違いとは?

紫外線によるダメージは日焼け止めや美白化粧品を使う方法と、食べ物で体内から紫外線に強い肌を作る方法があります。どちらも目的は同じですが、化粧品と食べ物では肌への働きかけ方が違います

日焼け止めの役割

日焼け止めは紫外線から肌を守るために使用します。現時点で、紫外線のダメージを防いでくれる一番の方法です。あくまで紫外線を防ぐ効果のみで、美肌効果はありません。

美白化粧品の役割

紫外線を浴びたり摩擦などの外部刺激によってメラニンが生成されるのを抑制し、シミができにくくする働きをします。浸透するのは角質層までで、コラーゲンなどのうるおい成分を作り出す真皮には影響しません。

食べ物の役割

食べ物が体内に入ると消化・吸収され、血液にのって全身へ運ばれます。全てを肌に回すことはできませんが、化粧品が浸透しない真皮にも美容成分が行きわたります

年齢を重ねるごとに、うるおい成分は減少していきます。化粧品で外側から補うだけでなく、食べ物で内側からも補ってあげることが大切です。

紫外線対策フードとは?

カロテノイド

鮭に含まれるアスタキサンチンやトマトのリコピンといったカロテノイドには紫外線を浴びて発生する活性酸素「一重項酵素」を取り除く働きをします。一重項酵素はメラニンを大量に作らせる他、皮膚を作るたんぱく質を酸化させてシワの原因にもなります。

アンチエイジング効果があるとして人気の抗酸化物質ですが、1つの抗酸化物質につき1種類の活性酸素しか取り除けない性質を持っています。紫外線対策に効果があるカロテノイドを含む食品を選びましょう。

鮭、トマト、エビ、カニ、にんじん、カボチャ、など

ビタミンC

美肌成分としてもおなじみのビタミンCには、メラニンの生成を抑制するシミ予防効果の他、ターンオーバーを促進してメラニン排出の効率をアップさせます。さらに、ビタミンCには強い抗酸化力があり肌全体の老化を防ぐ効果も期待できます。

ビタミンCはタンパク質とくっつくとコラーゲンになり、紫外線によって破壊されたコラーゲンを補ってくれます。

ピーマン(パプリカ含む)、キャベツ、ゆず、アセロラ、レモン、など

人の体内に貯めておける栄養素はほとんどありません。大量に摂取しても余分な栄養素は排出されてしまいます。それどころか、摂りすぎると体調不良の原因になる栄養素まであります。

毎日少しずつ食べ続けることが何より大切です。安定的に摂取するならサプリメントや美容ドリンクを利用しましょう。

        
        

  関連記事

唇のたてジワが原因でモテない?男性が二度見する唇を作ろう

モテない原因を作る唇のたてジワとの決別方法 唇がカサカサする…と感じるのは冬だけ …

いつのまにしわしわに!? 老けて見られる首元のしわ…対策はどうすればいい?

首元のしわを作らない、改善するためにはどうすればいいのかご紹介します。 特に年齢 …

安くて効果大!100円ショップで必ず買いたい美容アイテム5つ

日頃の生活用品のみではなく、実は美容アイテムの優れものも多い100円ショップ。買 …

スキンケアのテクスチャーはどう使い分ける?

しっとり?さっぱり?化粧品のテクスチャーはどうやって選ぶ? Q.ローションやクリ …

実年齢より見た目年齢!プラセンタサプリ「FUWARI」でハリのある毎日を

若見えケアの新習慣!FUWARIは濃密な「食べる美容液」 年齢とともに気になって …

リップメイクはベース&普段のケアポイント

唇の縦じわで年齢を感じさせない!ツヤぷるリップで女度アップ 年齢を重ねて口元がた …

脱汚肌!すっぴんで勝負できる素肌美人をめざせ

ノーメイクの時鏡を見たくない、汚肌の悩み解決しよう 最近よく目にする「汚肌」。美 …

冬にぐーんと老けこんでしまうのはなぜ?

「あ、乾いてるかも!」と思ったら、すぐに保湿を Q:冬に老けこんで見えるのはなぜ …

保湿剤として人気の「グリセリン」、粘度が高く重めのテクスチャーが特徴

吸湿性が強い分、活用方法や取り扱いには注意が必要! 「グリセリン」は保湿剤として …

冷やし美容特集!暑い夏の肌老化を防ぐには肌を冷やすことがポイント!

夏はベタつきやすく肌トラブルに繋がりやすい季節…冷やし美容で対策を取りましょう! …