今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

紫外線対策フードで体の中から美白しよう!

食べるだけで美白できる紫外線対策フードとは?

a7a20e89cea5c26713897b5f818dbd5d_s

紫外線対策と言えば日焼け止めを思い浮かべる方が多いと思いますが、実は食べ物でも紫外線対策ができるんです。

紫外線対策フードは美肌効果も高く、シミやシワの予防にも役立ちます。今回は食べ物から紫外線ダメージを緩和する方法をご紹介します。

食べ物と化粧品の違いとは?

紫外線によるダメージは日焼け止めや美白化粧品を使う方法と、食べ物で体内から紫外線に強い肌を作る方法があります。どちらも目的は同じですが、化粧品と食べ物では肌への働きかけ方が違います

日焼け止めの役割

日焼け止めは紫外線から肌を守るために使用します。現時点で、紫外線のダメージを防いでくれる一番の方法です。あくまで紫外線を防ぐ効果のみで、美肌効果はありません。

美白化粧品の役割

紫外線を浴びたり摩擦などの外部刺激によってメラニンが生成されるのを抑制し、シミができにくくする働きをします。浸透するのは角質層までで、コラーゲンなどのうるおい成分を作り出す真皮には影響しません。

食べ物の役割

食べ物が体内に入ると消化・吸収され、血液にのって全身へ運ばれます。全てを肌に回すことはできませんが、化粧品が浸透しない真皮にも美容成分が行きわたります

年齢を重ねるごとに、うるおい成分は減少していきます。化粧品で外側から補うだけでなく、食べ物で内側からも補ってあげることが大切です。

紫外線対策フードとは?

カロテノイド

鮭に含まれるアスタキサンチンやトマトのリコピンといったカロテノイドには紫外線を浴びて発生する活性酸素「一重項酵素」を取り除く働きをします。一重項酵素はメラニンを大量に作らせる他、皮膚を作るたんぱく質を酸化させてシワの原因にもなります。

アンチエイジング効果があるとして人気の抗酸化物質ですが、1つの抗酸化物質につき1種類の活性酸素しか取り除けない性質を持っています。紫外線対策に効果があるカロテノイドを含む食品を選びましょう。

鮭、トマト、エビ、カニ、にんじん、カボチャ、など

ビタミンC

美肌成分としてもおなじみのビタミンCには、メラニンの生成を抑制するシミ予防効果の他、ターンオーバーを促進してメラニン排出の効率をアップさせます。さらに、ビタミンCには強い抗酸化力があり肌全体の老化を防ぐ効果も期待できます。

ビタミンCはタンパク質とくっつくとコラーゲンになり、紫外線によって破壊されたコラーゲンを補ってくれます。

ピーマン(パプリカ含む)、キャベツ、ゆず、アセロラ、レモン、など

人の体内に貯めておける栄養素はほとんどありません。大量に摂取しても余分な栄養素は排出されてしまいます。それどころか、摂りすぎると体調不良の原因になる栄養素まであります。

毎日少しずつ食べ続けることが何より大切です。安定的に摂取するならサプリメントや美容ドリンクを利用しましょう。

        
        

  関連記事

口臭が気になって自信が持てない!そんなときにおすすめのレーザー手術のこと

口臭は、自分で気づきにくいものです。そして、他人から口臭を指摘されると、とても気 …

モテ髪になりたい!3つのポイントを押さえて非モテ髪から脱却しよう

モテ髪と非モテ髪、あなたの髪型はどちらに該当しますか? 髪型があらわすのは、女性 …

デリケートゾーン&全身のニオイケアができる『ラブフル』のキャンペーンがスゴイ

デリケートゾーンのニオイ・痒みケアに好評な『ラブフル』は、ワキガや足のニオイケア …

サングラスが老化防止にいいって本当?その効果的な使い方とは?

人間の肌が老化する原因には、「自然老化」と「光老化」の二つがあります。自然老化は …

年齢肌の強い味方!リフトアップテープの正しい使い方と注意点

リフトアップテープを効果的に使う方法とは 美容外科やエステサロンに行く必要もなく …

界面活性剤はなぜ注意が必要だと言われるの?

界面活性剤は肌に悪いから使わない方が良い? 化粧品に含まれる界面活性剤はやっぱり …

老け顔の三大原因「重力・筋力低下、血行・リンパ、乾燥・水分不足」を徹底排除しよう

いつまでも若々しい美魔女が増える一方で、実年齢以上に老けて見えてしまう老け顔の悩 …

40代のスキンケア キレイな人は何をしている?

40代からは肌悩みに合わせた+αのスキンケアを始めよう Q.20代のころから洗顔 …

大気汚染と肌老化は関係あるの?紫外線同様に気をつけなきゃいけないって本当?

お肌の老化を防ぐ大気汚染ケアのこと 肌の老化に気をつけている女性はたくさんいるは …

顔の印象を左右する綺麗なまつげのためのビューラー選びと使い方

意外に自分にあったビューラーを選ぶのが難しいものですが、選ぶポイントとその使い方 …