今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

日焼け止めはクリーム?ジェル?テクスチャーによって違う特徴とは?

日焼け止めをテクスチャー別に選んでみよう!

560909600ebd13c78e02bbb8a9bdb713_s

日焼け止めを選ぶ時のポイントは何でしょうか?SPFやPAなどの紫外線カット効果だけでなく、テクスチャーも重視するのも大切です。

毎日使うものですから、好みの使用感の日焼け止めを選んで気持ちよく日焼け止めと付き合いましょう。

今回は日焼け止めのテクスチャーについて選ぶポイントや特徴をご紹介します。

日焼け止めをテクスチャー別に選ぶポイント

クリームタイプは乾燥肌にオススメ!

クリームタイプの日焼け止めは油分を多く含み保湿力が高いのが特徴です。夏でも乾燥が気になる方にオススメです。しかし、油分を多く含んでいるためニキビができやすい方は避けた方が良いでしょう。

また、テカリが気になるオイリー肌の方もメイク崩れやベタつきの原因になるので避けましょう。油分が毛穴につまりやすいので、洗顔や体を洗う時は肌に残らないように気をつけてください

メイク下地として使う場合、ファンデの有無に関わらずクレンジングはした方が良いでしょう。

ジェルタイプは全身使用にオススメ!

伸びがよくさらっとしたテクスチャーでどの肌タイプの方にもオススメの日焼け止めです。手足や背中など広範囲にもサッと伸ばせて、普通の石けんでキレイに落とせるのも魅力的です。

伸びが良いから摩擦で肌を傷つける心配もありません。しかしジェルタイプは成分を安定させるために界面活性剤を多く使用する傾向があります。

肌が弱い方は界面活性剤が刺激になることがあり、初めて使うジェルタイプの日焼け止めは二の腕の内側に塗って数時間たっても異常が出ないか確認してから使うようにしましょう

スプレータイプは手軽で便利!

最近登場したスプレータイプの日焼け止めは、吹きかけるだけの手軽さが大きな魅力です。髪や頭皮の紫外線対策にも使えますし、顔に使えるタイプならメイクの上から日焼け止めの塗り直しができる優れものです。

また、手を触れずに日焼け止めを塗れるため、摩擦で肌を痛めやすい方にもオススメです。しかし、スプレータイプはどうしてもムラができやすいため、メインで使用するのではなく補助的に使うのが理想的です。

どのテクスチャーの日焼け止めにも、それぞれメリットとデメリットがあります。乾燥しやすい顔にはクリームタイプ、広範囲の体にはジェルタイプなどと上手に使い分けてみてくださいね。

        
        

  関連記事

【保存版!】乾燥から全身を守るポイント、赤ちゃんのようなうるぷる肌になるには!?

「えっ!乾燥がシワやシミの原因なの!?」乾燥は老化のサイン!シワやシミになる前に …

美髪になる!と評判のアンチエイジング用ヘアブラシをご紹介

髪を乾かす時や、朝、もつれやクセを直す時に欠かせないブラッシングですが、それだけ …

気になる美容皮膚科でのレーザー治療のいろいろ

シミができたらレーザーでなんとかしちゃおう、というぐらい気軽になってきたレーザー …

【保存版】毛穴汚れ、シミ、たるみ、ハリ…本格エイジングケアなら美顔器の力を借りよう

あなたに合うのはどの美顔器?タイプ別の特徴と効果を紹介 お肌のエイジングケアとい …

よりよいスキンケアのために、知っておきたい化粧品と医薬品の違い

ネット通販をはじめ、コンビニやドラッグストアなど、いろいろな場所で化粧品が買える …

洗顔の直後に美容液!?ハニープラセンタは出雲の温泉水配合の新感覚美容液!

化粧水より前に美容液!ハニープラセンタの特徴や使い方 何となく肌がゴワついて潤い …

女性の薄毛「びまん性脱毛症」とは?早めの対策がオススメ

多くの女性を悩ませているびまん性脱毛症についてご紹介します。 薄毛の問題に悩んで …

30代、40代は意識しておきたいほうれい線の原因と対策法

今すぐはじめよう!全身対策から簡単表情筋ストレッチまで イラストで女性を描く時、 …

クレンジングの洗い流し、すすぎのポイントは?

クレンジングのすすぎはこすらず手早く10回程度で! Q.クレンジングの洗い流し、 …

新年のご挨拶申し上げます

明けましておめでとうございます。 はじめましてのみなさまも、いつもお越しいただい …