今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

紫外線吸収剤・紫外線散乱剤の違いとは?肌に優しい日焼け止めはどっち?

日焼け止めには2種類ある それぞれの特徴とは?

e0dbfe973ff51cff092545e3e8ee9c7c_s

日焼け止めに含まれる紫外線をカットする成分には大きく分けて2つあります。それぞれにメリットとデメリットがあり、紫外線カット効果や肌への負担にも多少の違いがあります。

今回は日焼け止めの成分について詳しくご紹介します。

紫外線吸収剤

紫外線を吸収し、熱などのエネルギーに変換して放出することで肌の中にまで紫外線が侵入するのを防ぐ仕組みです。肌の上に紫外線を吸収するスポンジをのせているようなものだと考えてください。

スポンジが一定以上の水を含めないのと同じように、紫外線吸収剤も一定の効果を発揮すると効力を失ってしまうというデメリットがあります。このため、日焼け止めはこまめに塗り直すようにと言われてます。

また、散乱剤と比べると紫外線カット効果が高く、肌への負担が大きくなります。化学成分からできており他の成分となじみが良いのでテクスチャーが良く、無色なので白浮きする心配がありません

・成分名
メトキシケイヒ酸オクチル
ジメトキシベンジリデンジオキソイミダゾリジンプロピオン酸オクチル
ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル
t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン
オクチルトリアゾン
パラメトキシケイ皮酸2-エチルヘキシル
など

紫外線散乱剤

紫外線を散乱・反射させることで紫外線が肌に影響を与えるのを防ぎます。
紫外線散乱剤は粉末で、肌に紫外線をカットするベールをまとっているような状態です。

紫外線吸収剤と比べると紫外線カット効果が低くなる傾向がありますが、肌への負担は散乱剤の方が小さく済みますまた、白い粉でできているので白浮きしやすく、伸びが悪くなるデメリットがあります

紫外線散乱剤はファンデーションやパウダーにも使用されています。日焼け止めで刺激を感じやすい方は、軽くファンデやパウダーをはたいておけば日常生活レベルの紫外線をカットするのには十分です。

・成分名
酸化チタン
酸化亜鉛
など

どちらの紫外線カット成分を選ぶべき?

一般的に、紫外線吸収剤は肌に悪い、紫外線散乱剤は肌に優しいと言われていますが、日本で販売されている日焼け止めに関して言えばどちらを選んでも肌への負担にそれほど大きな違いはありません

ただし、肌が弱い人は紫外線吸収剤が負担になることも考えられます。今までに紫外線吸収剤を配合した日焼け止めで刺激を感じたりはトラブルが起こった経験があれば避けた方が良いでしょう

同じ日焼け止めでも、どんな風に紫外線をカットしているかの仕組みが全く違います。今年は成分にも注目して日焼け止めを選んでみてはいかがでしょうか?

        
        

  関連記事

顔以上に年齢が出るくびのしわ、早めにケアしましょう!

スマホ症候群の「ストレートネック」は要注意! 顔のエイジングケアを頑張っているあ …

「Viageビューティアップナイトブラ」ならバストアップもハリも叶う!

バストの悩みはクーパーじん帯が原因…ナイトブラでじん帯を守ろう ↓寝ている間もバ …

知っておきたい「スフィンゴ脂質」とセラミドの関係性

高い保湿機能とバリア機能、そして安全性で乾燥肌に効果あり 「スフィンゴ脂質」をご …

話題!デンマーク発のデオドラントアイテム デトランスα

海外でも評価されているデトランスαについてご紹介します。 ↓公式サイトはこちらか …

【保存版】オールインワンゲル大特集! 成分や肌悩みで自分にピッタリのゲルが見つかる!!

現代女性は仕事、家事、育児などとにかく忙しく、スキンケアにかける時間すらもったい …

あなたは知ってる?自分の肌に足りないものがわかる「う・な・は・だ・け」

「う・な・は・だ・け」で自分の肌の状態を知ろう! 皆さんは理想の肌に必要な「う・ …

秋は保湿に徹しよう!秋のお肌の保湿法

肌バリアが失われるとどうなる? 秋のスキンケアで大切なのは、とにかく保湿すること …

思わず目で追いたくなる…「美人なしぐさ」で今日からしぐさ美人♪

生まれ持った造形だけなじゃない!美しさは「しぐさ」で決まる 顔のよさ?それとも、 …

意外と年齢が出てしまう首元のエイジングケア

フェイシャルケアと同じくらい手間をかけることがポイント! 仕事で疲れて帰ってきて …

原因不明の不調、実は顔のゆがみが原因かも!

見た目が気になるだけではなく、体の不調にもつながる顔のゆがみについて調べてみまし …