今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

紫外線吸収剤・紫外線散乱剤の違いとは?肌に優しい日焼け止めはどっち?

日焼け止めには2種類ある それぞれの特徴とは?

e0dbfe973ff51cff092545e3e8ee9c7c_s

日焼け止めに含まれる紫外線をカットする成分には大きく分けて2つあります。それぞれにメリットとデメリットがあり、紫外線カット効果や肌への負担にも多少の違いがあります。

今回は日焼け止めの成分について詳しくご紹介します。

紫外線吸収剤

紫外線を吸収し、熱などのエネルギーに変換して放出することで肌の中にまで紫外線が侵入するのを防ぐ仕組みです。肌の上に紫外線を吸収するスポンジをのせているようなものだと考えてください。

スポンジが一定以上の水を含めないのと同じように、紫外線吸収剤も一定の効果を発揮すると効力を失ってしまうというデメリットがあります。このため、日焼け止めはこまめに塗り直すようにと言われてます。

また、散乱剤と比べると紫外線カット効果が高く、肌への負担が大きくなります。化学成分からできており他の成分となじみが良いのでテクスチャーが良く、無色なので白浮きする心配がありません

・成分名
メトキシケイヒ酸オクチル
ジメトキシベンジリデンジオキソイミダゾリジンプロピオン酸オクチル
ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル
t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン
オクチルトリアゾン
パラメトキシケイ皮酸2-エチルヘキシル
など

紫外線散乱剤

紫外線を散乱・反射させることで紫外線が肌に影響を与えるのを防ぎます。
紫外線散乱剤は粉末で、肌に紫外線をカットするベールをまとっているような状態です。

紫外線吸収剤と比べると紫外線カット効果が低くなる傾向がありますが、肌への負担は散乱剤の方が小さく済みますまた、白い粉でできているので白浮きしやすく、伸びが悪くなるデメリットがあります

紫外線散乱剤はファンデーションやパウダーにも使用されています。日焼け止めで刺激を感じやすい方は、軽くファンデやパウダーをはたいておけば日常生活レベルの紫外線をカットするのには十分です。

・成分名
酸化チタン
酸化亜鉛
など

どちらの紫外線カット成分を選ぶべき?

一般的に、紫外線吸収剤は肌に悪い、紫外線散乱剤は肌に優しいと言われていますが、日本で販売されている日焼け止めに関して言えばどちらを選んでも肌への負担にそれほど大きな違いはありません

ただし、肌が弱い人は紫外線吸収剤が負担になることも考えられます。今までに紫外線吸収剤を配合した日焼け止めで刺激を感じたりはトラブルが起こった経験があれば避けた方が良いでしょう

同じ日焼け止めでも、どんな風に紫外線をカットしているかの仕組みが全く違います。今年は成分にも注目して日焼け止めを選んでみてはいかがでしょうか?

        
        

  関連記事

美白といえばハイドロキノン!肌の漂白剤で強力美白

美白成分として特に有名なハイドロキノン!その効果や注意点とは? 美白成分には様々 …

胸元の気になるポツポツ…胸ニキビができる原因と対処法

目指せツルツルのデコルテ!胸ニキビの予防法 鎖骨の下から胸の谷間、いわゆるデコル …

炭酸コスメで透明感のある肌に!炭酸の驚くべき美肌効果とは?

モデルもおすすめする話題の炭酸美容とは? トクホ(特定保健用食品)マークの炭酸飲 …

知らなかった!シャンプーはこうして選ぶのが正しかった!

普段なんとなく選んでしまう人も多いシャンプー。実は自分にあったものを選ばないとト …

髪のパサつきや傷み…。美ツヤ髪になるためのポイントはココ!

ツヤの無い髪はパサついて見えてしまいます。どのような対策を取ればいいのかご紹介! …

老け顔の原因となるたるみについて

たるみが与える印象とは 老けて見えるのは、顔に出来る影の影響が大きいと言われてい …

自宅で”湯上り気分”を実感!オールインワン美容ジェル「山の神のめぐみ」

”美肌の湯”の源泉パワーで、湯上りのようなツルスベ肌が手に入る! 年末に近付き寒 …

繰り返す大人ニキビを解消するには草花木果の”どくだみ”を選んで!

大人ニキビ対策として草花木果 どくだみを取り入れよう! 草花木果 どくだみは大人 …

保湿剤として人気の「グリセリン」、粘度が高く重めのテクスチャーが特徴

吸湿性が強い分、活用方法や取り扱いには注意が必要! 「グリセリン」は保湿剤として …

顔だけではなく体も美白!どんな方法がある?

手足や背中の美白方法を紹介!日焼け後の対策も重要 顔以外にもシミやくすみが気にな …