今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

紫外線吸収剤・紫外線散乱剤の違いとは?肌に優しい日焼け止めはどっち?

日焼け止めには2種類ある それぞれの特徴とは?

e0dbfe973ff51cff092545e3e8ee9c7c_s

日焼け止めに含まれる紫外線をカットする成分には大きく分けて2つあります。それぞれにメリットとデメリットがあり、紫外線カット効果や肌への負担にも多少の違いがあります。

今回は日焼け止めの成分について詳しくご紹介します。

紫外線吸収剤

紫外線を吸収し、熱などのエネルギーに変換して放出することで肌の中にまで紫外線が侵入するのを防ぐ仕組みです。肌の上に紫外線を吸収するスポンジをのせているようなものだと考えてください。

スポンジが一定以上の水を含めないのと同じように、紫外線吸収剤も一定の効果を発揮すると効力を失ってしまうというデメリットがあります。このため、日焼け止めはこまめに塗り直すようにと言われてます。

また、散乱剤と比べると紫外線カット効果が高く、肌への負担が大きくなります。化学成分からできており他の成分となじみが良いのでテクスチャーが良く、無色なので白浮きする心配がありません

・成分名
メトキシケイヒ酸オクチル
ジメトキシベンジリデンジオキソイミダゾリジンプロピオン酸オクチル
ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル
t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン
オクチルトリアゾン
パラメトキシケイ皮酸2-エチルヘキシル
など

紫外線散乱剤

紫外線を散乱・反射させることで紫外線が肌に影響を与えるのを防ぎます。
紫外線散乱剤は粉末で、肌に紫外線をカットするベールをまとっているような状態です。

紫外線吸収剤と比べると紫外線カット効果が低くなる傾向がありますが、肌への負担は散乱剤の方が小さく済みますまた、白い粉でできているので白浮きしやすく、伸びが悪くなるデメリットがあります

紫外線散乱剤はファンデーションやパウダーにも使用されています。日焼け止めで刺激を感じやすい方は、軽くファンデやパウダーをはたいておけば日常生活レベルの紫外線をカットするのには十分です。

・成分名
酸化チタン
酸化亜鉛
など

どちらの紫外線カット成分を選ぶべき?

一般的に、紫外線吸収剤は肌に悪い、紫外線散乱剤は肌に優しいと言われていますが、日本で販売されている日焼け止めに関して言えばどちらを選んでも肌への負担にそれほど大きな違いはありません

ただし、肌が弱い人は紫外線吸収剤が負担になることも考えられます。今までに紫外線吸収剤を配合した日焼け止めで刺激を感じたりはトラブルが起こった経験があれば避けた方が良いでしょう

同じ日焼け止めでも、どんな風に紫外線をカットしているかの仕組みが全く違います。今年は成分にも注目して日焼け止めを選んでみてはいかがでしょうか?

        
        

  関連記事

【知っておきたい】アンチエイジングの成分

アンチエイジングに求めるものは?理想の肌を叶える成分をチェック! 『アンチエイジ …

コンブチャで、最新のアンチエイジング「菌活美容」をはじめましょう!

日本でも実は実績ある“あの”発酵飲料を、手軽に美味しく! マドンナやミランダ・カ …

トレンドカラーを着こなすなら、肌の透明感がポイント!

今年の春は淡くて優しい色合いのペールトーンではなく、はっきりとした鮮やかなビビッ …

夏から秋へ メイク落としも保湿力の高いものに切り替えて肌を乾燥から守ろう!

メイク落としを夏から秋で切り替えた方が良い理由とは? 暑い夏から涼しい秋へ移る頃 …

オーガニック・自然由来・ノンケミカル・無添加化粧品。何が違う?

最近は食事のみならず肌に直接触れる物や化粧品までオーガニックや無添加にこだわる女 …

血圧が高い女性は必見!年齢ペプチドの効果と摂取できる飲み物について

年齢ペプチドを摂取して、血管の老化を予防・改善しよう! みなさんは、「年齢ペプチ …

乾燥は一番の大敵!肌が乾燥する原因とは?

間違ったフェイシャルケア、続けていませんか? 顔の若々しさを決めるのは、ぷるっと …

美人の秘密はバランスにあり!顔の黄金比率とは?

顔の黄金比率が整っていると美人に見られます。女性の場合はメイクで顔の黄金比率い近 …

SUISPAは家庭で本格的な酵素バスが楽しめる!美容や健康対策に役立てよう

水素だけでなく美容成分も配合したSUISPAに注目! 美容系の雑誌などで水素が取 …

うっかり日焼けにアロエの力!「CODINA アロエジェル」で日焼け肌をケア

気を付けていたのに日焼け…そんな時はアロエエキスがおすすめ 紫外線はシミやくすみ …