今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

紫外線吸収剤・紫外線散乱剤の違いとは?肌に優しい日焼け止めはどっち?

日焼け止めには2種類ある それぞれの特徴とは?

e0dbfe973ff51cff092545e3e8ee9c7c_s

日焼け止めに含まれる紫外線をカットする成分には大きく分けて2つあります。それぞれにメリットとデメリットがあり、紫外線カット効果や肌への負担にも多少の違いがあります。

今回は日焼け止めの成分について詳しくご紹介します。

紫外線吸収剤

紫外線を吸収し、熱などのエネルギーに変換して放出することで肌の中にまで紫外線が侵入するのを防ぐ仕組みです。肌の上に紫外線を吸収するスポンジをのせているようなものだと考えてください。

スポンジが一定以上の水を含めないのと同じように、紫外線吸収剤も一定の効果を発揮すると効力を失ってしまうというデメリットがあります。このため、日焼け止めはこまめに塗り直すようにと言われてます。

また、散乱剤と比べると紫外線カット効果が高く、肌への負担が大きくなります。化学成分からできており他の成分となじみが良いのでテクスチャーが良く、無色なので白浮きする心配がありません

・成分名
メトキシケイヒ酸オクチル
ジメトキシベンジリデンジオキソイミダゾリジンプロピオン酸オクチル
ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル
t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン
オクチルトリアゾン
パラメトキシケイ皮酸2-エチルヘキシル
など

紫外線散乱剤

紫外線を散乱・反射させることで紫外線が肌に影響を与えるのを防ぎます。
紫外線散乱剤は粉末で、肌に紫外線をカットするベールをまとっているような状態です。

紫外線吸収剤と比べると紫外線カット効果が低くなる傾向がありますが、肌への負担は散乱剤の方が小さく済みますまた、白い粉でできているので白浮きしやすく、伸びが悪くなるデメリットがあります

紫外線散乱剤はファンデーションやパウダーにも使用されています。日焼け止めで刺激を感じやすい方は、軽くファンデやパウダーをはたいておけば日常生活レベルの紫外線をカットするのには十分です。

・成分名
酸化チタン
酸化亜鉛
など

どちらの紫外線カット成分を選ぶべき?

一般的に、紫外線吸収剤は肌に悪い、紫外線散乱剤は肌に優しいと言われていますが、日本で販売されている日焼け止めに関して言えばどちらを選んでも肌への負担にそれほど大きな違いはありません

ただし、肌が弱い人は紫外線吸収剤が負担になることも考えられます。今までに紫外線吸収剤を配合した日焼け止めで刺激を感じたりはトラブルが起こった経験があれば避けた方が良いでしょう

同じ日焼け止めでも、どんな風に紫外線をカットしているかの仕組みが全く違います。今年は成分にも注目して日焼け止めを選んでみてはいかがでしょうか?

        
        

  関連記事

髪の日焼けが薄毛の原因?紫外線から髪を守ろう

紫外線が及ぼす髪と頭皮へのダメージと予防法 「顔や手足の紫外線対策はばっちり!」 …

ハリを今すぐ取り戻したい!それならCoyori美容液オイルを使うべきな5つのポイント

エイジングケア新定番の美容液オイル、その特徴とは? 最近お肌にハリがなくなってき …

大人の成長ホルモンでアンチエイジング!成長ホルモンの働きと増やし方

私たち人間の体内で作られているホルモンの数は100種類を超えるとも言われています …

泡洗顔料は洗顔の新定番になるか!? メリットデメリットと各社の製品を比較

洗顔料を泡立てるのが苦手という方にもおすすめの泡洗顔料についてご紹介します。 洗 …

LPLP(ルプルプ)なら頭皮ダメージゼロで手軽に白髪対策!

やさしい香りでお風呂でも使えるトリートメントタイプの白髪染め! できるだけ簡単に …

【保存版】除毛石鹸が話題!お風呂で体を洗うついでに手軽にムダ毛対策!

女子力を高めるためにツルスベの肌を目指すことは欠かせません。しかし、面倒なムダ毛 …

エイジングケアの悩みの原因はメラニンとコラーゲンにあった!

メラニンの増加とコラーゲンの減少が毛穴、シミ、シワ、たるみを引き起こす 女性のエ …

ワキ体臭にワンプッシュで簡単対策!クリアンテとは?

とても手軽にニオイ対策ができるアイテムであるクリアンテをご紹介します。 ↓公式サ …

顔以上に年齢が出るくびのしわ、早めにケアしましょう!

スマホ症候群の「ストレートネック」は要注意! 顔のエイジングケアを頑張っているあ …

『いちご鼻、オレンジ頬』同じ毛穴でも、原因と対処法はこんなに違う!

悩みのない小鼻、ツルツルのほっぺ…。ふたつを叶えるキーワードとは? “いちご鼻” …