今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

保湿ケアを忘れてない? 紫外線対策に保湿が重要な3つの理由

保湿ケアでUVカット効果をアップ
2015-05-26_134445
温かくなってくると、汗や皮脂の分泌量が増えてベタつきが嫌になりますよね。だからと言って必要以上にさっぱりタイプの化粧品を使ったり、乳液やクリームを極端に少なくしたり、化粧水だけのケアをしている方は要注意!シミができやすい肌になっている可能性があります。

夏でも保湿ケアは重要です。見落としがちな日焼け・シミ予防と保湿の関係について見ていきましょう。

乾燥肌はダメージを受けやすい

本来、肌はうるおいのベールで包まれることによって外部刺激から守られています。20歳前後を境に自力で作られるうるおい成分の量はどんどん減少するため、外側から補うことが大切です。

ベタつきが嫌だからと保湿を手抜きすると肌のバリア機能が低下してしまい、紫外線のダメージを受けやすくなってしまいます。紫外線はシミの原因になるだけでなく、コラーゲンを破壊してたるみやシワの原因にもなる怖いものです。

また、ダメージを受け続けたメラノサイトは紫外線を浴びなくてもメラニンを作り続けるようになり、どんなに紫外線対策をしてもシミを防げなくなってしまいます。

炎症を起こしやすくなる

紫外線を浴びると、肌は軽いやけどを負った時と同じ状態になります。乾燥する冬に火事が起こりやすいのと同じで、乾燥した肌は日焼けによる炎症を起こしやすい状態です。特に日焼けで肌が赤くなり痛みを感じる方は注意が必要です。

肌が赤くなるタイプはメラニンの数が少なく紫外線のダメージを角質層で止められず、コラーゲンなどの弾力成分を作り出す真皮までダメージが届いてしまいます。紫外線のダメージに弱いということは、それだけシミやそばかすができやすい肌と言えます。

メラニンを排出できなくなる

肌は常に新しいキレイな細胞に生まれ変わっています。この仕組みをターンオーバーと言うのですが、乾燥肌は生まれ変わりがスムーズにできなくなり、古い角質をため込みやすくなります。肌のゴワつき、毛穴のつまりがよく起こる方はターンオーバーが滞っている可能性があります。

日焼けや炎症によって生成されたメラニンは、本来なら古い角質と一緒にはがれ落ちてシミになりません。しかし、ターンオーバーが遅れがちな肌はメラニンを沈着させてシミになります

保湿ケアを徹底する、見直すことでこうしたトラブルを防ぐことができます。軽い使用感でもきちんと保湿してくれるアイテムはたくさんあります。夏でも保湿をサボらず、紫外線のダメージから肌を守ってあげましょう。

        
        

  関連記事

目が小さく見えるのは蒙古ひだが原因!?整形なしでデカ目にするマッサージ方法とは

蒙古ひだを改善するマッサージとは?そのやり方は? みなさんはメイクをするとき、ど …

シャンプーも年齢に応じたものを使おう

シャンプーでしっかりエイジングケア エイジングケアというと、ついフェイシャルケア …

レヴール・メルサボンの生コスメはシャンプー・ボディウォッシュ!

酸化を抑えたシャンプー・ボディウォッシュなら生コスメがおすすめ 生コスメと呼ばれ …

毛穴トラブルの解消に草花木果の”竹”が効果的!化粧のりも良くなる!

毛穴のひらきやたるみ、汚れといった悩みを草花木果 竹で解決 草花木果 竹は毛穴の …

やっちゃだめ!悪い習慣になりがちな頭皮にダメージを与える行為とは?

知らず知らずのうちに髪を傷つけているかも!注意したい行動を紹介。 毎日行っている …

美髪になる!と評判のアンチエイジング用ヘアブラシをご紹介

髪を乾かす時や、朝、もつれやクセを直す時に欠かせないブラッシングですが、それだけ …

泥洗顔で汚れを吸着、ミネラル保湿で美白&潤い美人に!

泥洗顔で知っておきたい効果と注意点とは? 多くの泥洗顔料の登場で、「泥洗顔」もす …

エターナルプレミアムプラセンタドリンクで内側から美しく変身!

高配合のプラセンタ+贅沢な美容成分で話題のドリンクをご紹介します クリスマスに忘 …

脱汚肌!すっぴんで勝負できる素肌美人をめざせ

ノーメイクの時鏡を見たくない、汚肌の悩み解決しよう 最近よく目にする「汚肌」。美 …

輸血で若返るって本当!?最新のアンチエイジング美容法が話題

年をとると体の中では様々な変化が起きます。体内の組織や血管も加齢によって徐々に衰 …