今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

顔やボディ以外にもUVケアが必要なパーツは?

紫外線対策は全身に必要!髪・瞳・唇のUVケアはしてる?
b9d5d2b636ddff25ac06c6fafcbefb70_s
Q.顔とボディ以外でUVケアが必要なパーツはありますか?
顔や手足などは日焼け止めを使ってUVケアをしているのですが、他にUVケアをした方が良い部分があったら教えてください。また、どんなUVケアをしたらいいかの方法も教えてほしいです。
(Tさん/20代後半/会社員)

A.UVケアは肌だけじゃなく、髪、唇、瞳にも必要です。
紫外線対策というと、顔と身体に日焼け止めをぬるのが最もスタンダードですよね。意識の高い人は春夏だけでなく、1年中日焼け止めを使っています。しかし、UVケアはそれだけでは不十分なのです。

UVケアで見落とされがちなパーツをチェック

髪、頭皮

顔のUVケアと美白は忘れなくても、髪と頭皮はどうでしょうか?ドライヤーやコテで熱を与えすぎた髪がパサパサになるのと同じく、紫外線を浴び続けた髪もパサパサに痛んでしまいます

さらに、頭皮の場合はもっと深刻です。日焼けによる炎症、痛み、かゆみ、頭皮がはがれてフケのように見えるといったトラブルに加え、紫外線によるダメージを受けて頭皮環境が悪くなり髪へ栄養が届かなくなり抜け毛や薄毛につながってしまいます。

日傘や帽子で紫外線を避ける他に、日焼け止め効果のあるヘアスプレーを使う方法もあります。また、ずっと帽子をかぶったままで頭皮がむれるのも良くないので、日かげに入ったら帽子を脱ぐのも忘れずに。

唇の色が悪く悩んでいる女性はけっこう多いですよね。その色は、もしかしたら日焼けによる色素沈着かもしれません。また、唇のカサつきや縦じわは紫外線によるダメージを受けたのが原因の可能性も。紫外線はコラーゲンを破壊して、唇からハリと弾力を奪います。

最近はUVカット効果のあるリップクリームや口紅がたくさんあるので、ふっくらリップを守りましょう。

目に入った紫外線が脳に「メラニンを生成するように」と指令を出してしまうことがわかっています。また、紫外線は水晶体へダメージを与え、白内障のリスクを高めると言われています。

肌と眼を守るために、日差しが強い季節だけでもサングラスやUVカット効果のあるメガネをかけて外出しましょう。また、最近はUVカット付きのコンタクトレンズもあるので、検討してみてくださいね。

いかがでしょうか?日焼け止めはばっちり!と言う方もこの3つは意外と見落としていることが多いです。どの部分もアンチエイジングのために紫外線対策が欠かせません。今年からは髪、唇、瞳にも気をつけてみてくださいね。

        
        

  関連記事

お肌の美しさと若々しさに欠かせない美肌菌とは?

自在している美肌のための菌、美肌菌。この美肌菌を上手に増やせれば美肌をずっとキー …

視線が気になる…歯の黄ばみを解消させる生活習慣5つ!

なぜ歯が黄ばんでしまうの?その対処法を紹介します。 オーラルケア商品などでおなじ …

いぼの種類と原因について。基本的な治療方法は?

なぜいぼはできる?種類などについて詳しくご紹介します。 美肌を心がけていたとして …

基礎化粧品、ポイントメイクからハミガキまで幅広い活用の「PG(プロピレングリコール)」

「PG(プロピレングリコール)」は肌ダメージに注意が必要な「表示指定成分」 化粧 …

「Viageビューティアップナイトブラ」ならバストアップもハリも叶う!

バストの悩みはクーパーじん帯が原因…ナイトブラでじん帯を守ろう ↓寝ている間もバ …

美白成分に迷ったらビタミンCがオススメ!

シミ、くすみ、そばかすはビタミンCでケア 美白化粧品を選んでいる時、美白有効成分 …

フェイシャルエステ、美容整形、毎日自宅で表情筋を鍛える…結局、たるみに一番効くのはドレ?

お顔のたるみを改善させるためには、どの選択肢が一番いいの? とにかく効果的なたる …

「ステアリン酸コレステロール」は油分との親和性が高い保湿成分

エモリエント効果で肌を柔らかくしてハリや弾力をキープ スキンケアで不可欠な保湿成 …

必見!ナチュラルで涼しげな大人の浴衣メイク!

ベースメイクは?アイメイクは?浴衣の時にぴったりなメイクのポイントをご紹介! お …

幹細胞コスメ徹底研究!肌を若返らせるのに効果的な理由・おすすめ商品紹介

アンチエイジングの分野で非常に注目されている幹細胞コスメについてご紹介します。 …