今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

顔やボディ以外にもUVケアが必要なパーツは?

紫外線対策は全身に必要!髪・瞳・唇のUVケアはしてる?
b9d5d2b636ddff25ac06c6fafcbefb70_s
Q.顔とボディ以外でUVケアが必要なパーツはありますか?
顔や手足などは日焼け止めを使ってUVケアをしているのですが、他にUVケアをした方が良い部分があったら教えてください。また、どんなUVケアをしたらいいかの方法も教えてほしいです。
(Tさん/20代後半/会社員)

A.UVケアは肌だけじゃなく、髪、唇、瞳にも必要です。
紫外線対策というと、顔と身体に日焼け止めをぬるのが最もスタンダードですよね。意識の高い人は春夏だけでなく、1年中日焼け止めを使っています。しかし、UVケアはそれだけでは不十分なのです。

UVケアで見落とされがちなパーツをチェック

髪、頭皮

顔のUVケアと美白は忘れなくても、髪と頭皮はどうでしょうか?ドライヤーやコテで熱を与えすぎた髪がパサパサになるのと同じく、紫外線を浴び続けた髪もパサパサに痛んでしまいます

さらに、頭皮の場合はもっと深刻です。日焼けによる炎症、痛み、かゆみ、頭皮がはがれてフケのように見えるといったトラブルに加え、紫外線によるダメージを受けて頭皮環境が悪くなり髪へ栄養が届かなくなり抜け毛や薄毛につながってしまいます。

日傘や帽子で紫外線を避ける他に、日焼け止め効果のあるヘアスプレーを使う方法もあります。また、ずっと帽子をかぶったままで頭皮がむれるのも良くないので、日かげに入ったら帽子を脱ぐのも忘れずに。

唇の色が悪く悩んでいる女性はけっこう多いですよね。その色は、もしかしたら日焼けによる色素沈着かもしれません。また、唇のカサつきや縦じわは紫外線によるダメージを受けたのが原因の可能性も。紫外線はコラーゲンを破壊して、唇からハリと弾力を奪います。

最近はUVカット効果のあるリップクリームや口紅がたくさんあるので、ふっくらリップを守りましょう。

目に入った紫外線が脳に「メラニンを生成するように」と指令を出してしまうことがわかっています。また、紫外線は水晶体へダメージを与え、白内障のリスクを高めると言われています。

肌と眼を守るために、日差しが強い季節だけでもサングラスやUVカット効果のあるメガネをかけて外出しましょう。また、最近はUVカット付きのコンタクトレンズもあるので、検討してみてくださいね。

いかがでしょうか?日焼け止めはばっちり!と言う方もこの3つは意外と見落としていることが多いです。どの部分もアンチエイジングのために紫外線対策が欠かせません。今年からは髪、唇、瞳にも気をつけてみてくださいね。

        
        

  関連記事

レヴール・メルサボンの生コスメはシャンプー・ボディウォッシュ!

酸化を抑えたシャンプー・ボディウォッシュなら生コスメがおすすめ 生コスメと呼ばれ …

40代のスキンケア キレイな人は何をしている?

40代からは肌悩みに合わせた+αのスキンケアを始めよう Q.20代のころから洗顔 …

春は敏感肌発動シーズン。花粉や紫外線に負けないエイジングケアを!

春に肌が敏感になりやすい理由 「冬は乾燥対策、夏は日焼け対策」というのはもう昔の …

口コミで高評価!【エステナードソニックROSE】スゴさの秘密と、超お買い得情報

モデルや女優の間でも愛用者増殖中!注目の美顔器【エステナードソニックROSE】に …

唇のたてジワが原因でモテない?男性が二度見する唇を作ろう

モテない原因を作る唇のたてジワとの決別方法 唇がカサカサする…と感じるのは冬だけ …

思わず目で追いたくなる…「美人なしぐさ」で今日からしぐさ美人♪

生まれ持った造形だけなじゃない!美しさは「しぐさ」で決まる 顔のよさ?それとも、 …

一気に老け顔の原因になってしまう肝斑の原因と対策とは?

突然気づくぼんやりしたシミ。もしかしたらそれはシミではなく肝斑かもしれません。メ …

CANMAKE(キャンメイク)2016年秋の新商品「リップティントジャム」でかんたん血色リップ

まるでジャムのようなクリア発色ですっぴん仕上げのリップカラー Manaさん(@m …

「CCクリーム」はナチュラルメイクでもしっかりUV対策ができる優れもの

BBクリームはもう古い?流行のCCクリームってどんなもの? 今、新しいメイクアイ …

高い美白効果と抗酸化作用で、肌を老化からガードする「エラグ酸」

植物性ポリフェノールの力で安心、安全に美白ケアしよう エラグ酸は、ザクロやイチゴ …