今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

顔やボディ以外にもUVケアが必要なパーツは?

紫外線対策は全身に必要!髪・瞳・唇のUVケアはしてる?
b9d5d2b636ddff25ac06c6fafcbefb70_s
Q.顔とボディ以外でUVケアが必要なパーツはありますか?
顔や手足などは日焼け止めを使ってUVケアをしているのですが、他にUVケアをした方が良い部分があったら教えてください。また、どんなUVケアをしたらいいかの方法も教えてほしいです。
(Tさん/20代後半/会社員)

A.UVケアは肌だけじゃなく、髪、唇、瞳にも必要です。
紫外線対策というと、顔と身体に日焼け止めをぬるのが最もスタンダードですよね。意識の高い人は春夏だけでなく、1年中日焼け止めを使っています。しかし、UVケアはそれだけでは不十分なのです。

UVケアで見落とされがちなパーツをチェック

髪、頭皮

顔のUVケアと美白は忘れなくても、髪と頭皮はどうでしょうか?ドライヤーやコテで熱を与えすぎた髪がパサパサになるのと同じく、紫外線を浴び続けた髪もパサパサに痛んでしまいます

さらに、頭皮の場合はもっと深刻です。日焼けによる炎症、痛み、かゆみ、頭皮がはがれてフケのように見えるといったトラブルに加え、紫外線によるダメージを受けて頭皮環境が悪くなり髪へ栄養が届かなくなり抜け毛や薄毛につながってしまいます。

日傘や帽子で紫外線を避ける他に、日焼け止め効果のあるヘアスプレーを使う方法もあります。また、ずっと帽子をかぶったままで頭皮がむれるのも良くないので、日かげに入ったら帽子を脱ぐのも忘れずに。

唇の色が悪く悩んでいる女性はけっこう多いですよね。その色は、もしかしたら日焼けによる色素沈着かもしれません。また、唇のカサつきや縦じわは紫外線によるダメージを受けたのが原因の可能性も。紫外線はコラーゲンを破壊して、唇からハリと弾力を奪います。

最近はUVカット効果のあるリップクリームや口紅がたくさんあるので、ふっくらリップを守りましょう。

目に入った紫外線が脳に「メラニンを生成するように」と指令を出してしまうことがわかっています。また、紫外線は水晶体へダメージを与え、白内障のリスクを高めると言われています。

肌と眼を守るために、日差しが強い季節だけでもサングラスやUVカット効果のあるメガネをかけて外出しましょう。また、最近はUVカット付きのコンタクトレンズもあるので、検討してみてくださいね。

いかがでしょうか?日焼け止めはばっちり!と言う方もこの3つは意外と見落としていることが多いです。どの部分もアンチエイジングのために紫外線対策が欠かせません。今年からは髪、唇、瞳にも気をつけてみてくださいね。

        
        

  関連記事

【要確認】プチプラコスメブームの火付け役【ハトムギ化粧水】が一部回収へ…

ナチュリエハトムギ化粧水に配合ミス!お手持ちのハトムギ化粧水をいますぐチェックし …

30代、40代は意識しておきたいほうれい線の原因と対策法

今すぐはじめよう!全身対策から簡単表情筋ストレッチまで イラストで女性を描く時、 …

老け顔を決定づけるたるみ、確実に解消するには?

切らずにできるたるみ治療のサーマクールで、一気にリフトアップ! Q,顔のたるみに …

1台5役の万能美顔器「ララルーチュ レジーナ」で自宅にいながらエステ気分!

5つの効果を手軽に導入!杉本彩さんプロデュースのかんたんケア美顔器 ↓今すぐ公式 …

肌がきれいに見えるリキッドファンデーションの探し方&塗り方をご紹介

ただファンデーションを厚塗りしても美肌は作れません。ポイントについてご紹介します …

くすみ除去に絶大な効果あり!ホエイで透明感をアップしよう!

ラクトフェリンやラクトグロブリンなどの良性たんぱく質で美肌洗顔 最近、よく目にす …

シートマスク効果を最大限に引き出したい!倍増テクを教えて!

シートマスクの正しい使い方をマスターしよう みなさんは、日頃のスキンケアにどんな …

脱・香水ブス!失敗しない香水の選び方・付け方について

香水選びで失敗しないためのポイントや、TPOをわきまえた付け方について紹介します …

すべすべの「桃肌」は血行と代謝促進から!

美肌をつくる生活習慣を意識しよう 女性が理想とするのは赤ちゃんのようにぷるぷると …

炭酸コスメで透明感のある肌に!炭酸の驚くべき美肌効果とは?

モデルもおすすめする話題の炭酸美容とは? トクホ(特定保健用食品)マークの炭酸飲 …