今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

トラネキサム酸による美白効果とは?

肝斑に悩む人にもおすすめの美白成分「トラネキサム酸」についてご紹介

53ebba0b273aaf2c1cc3deeeb574b7b5_s

トラネキサム酸はアミノ酸の一種なのですが、シミやくすみの原因であるメラニンの生成を抑制する働きがあります。これにより美白効果が期待できるため、トラネキサム酸が含まれている美白化粧品を探しているという方も多いのではないでしょうか。

出血を止める効果があるとして知られているのですが、古くから肝斑の内服薬としても使われています。また、歯磨き粉に配合されていることも多いので、とても身近な成分だと言えるでしょう。

トラネキサム酸の副作用

トラネキサム酸を使う際に理解しておかなければならないのが副作用の問題です。発疹や発熱、かゆみなどの症状が表れてしまうことがあるので、様子を見ながら使いましょう。他には胸やけや吐き気などを感じることもあるので、トラネキサム酸の内服薬を飲んだあとに異常が見られたら中断したほうがいいです。

また、止血用に用いられていた薬ということもあり、血栓がある人、できやすい人も内服薬としてトラネキサム酸を飲むことはできません。

副作用の問題を心配するのであれば、化粧水にトラネキサム酸の成分が含まれたものを利用することをおすすめします。厚生労働省から承認された有効成分でもあるため、安心して利用することができるでしょう。

トラネキサム酸で美白できる理由

なぜトラネキサム酸を使うことによってシミやくすみを改善できるのかというと、シミ発生物質であるプロスタグランジン発生を抑えることができるからです。このプロスタグランジンがないとシミやくすみの原因であるメラニンを作るための情報が伝達されないため、美白対策に効果があります。

顔全体のシミやくすみの改善に効果があるため、なんとなく顔色がくすんでいる気がするという方も使い続けてみましょう。効果はハイドロキノンなどに比べると緩やかではあるものの、トラネキサム酸が配合された化粧水を使い続けたところ、一週間ほどで顔色が明るくなったと実感している人もいます。

高い効果を実感したいと思っているのであれば、化粧品でトラネキサム酸が配合されたものを選び、内服薬としてもトラネキサム酸を取り入れてみてはどうでしょうか。

トラネキサム酸はもともと肝斑の治療薬として用いられていたということもあり、肝斑に対して高い効果を発揮します。しかも既にできてしまった肝斑を改善するだけでなく、これからできる可能性があるものに対しても働きかけることができるので、予防に力を入れたいと思っている方にもおすすめです。

肝斑、シミ、くすみの他には、ニキビ跡の改善にも効果があるため、ニキビができやすい体質の方もトラネキサム酸が含まれる化粧品を検討してみてはどうでしょうか。トラネキサム酸には炎症を抑える効果もあるので、ニキビの状態が悪化して炎症してしまったというケースでも状態を改善させるのに役立ってくれます。

        
        

  関連記事

乾燥しないための洗顔方法『泡洗顔』のやり方をチェック!

いよいよ冬本番!泡洗顔でうるおい美肌をキープ 紅葉で色づいた葉も散り始め、風の冷 …

「伊勢志摩サミット公式お土産にも認定!」思わず誰かに見せたくなる!おもしろ系パックが話題

「パック姿は誰にも見せられない」のは過去の話! 今は見せたくなる時代です お江戸 …

最近、髪が抜けやすい…。ストレスと抜け毛の関係と改善方法を教えて!

髪を洗ったり、ブラッシングをするたびに、自分の抜け毛の量の多さにため息をつく女性 …

ニベアクリームの驚くべきアンチエイジング効果とは?

ニベアクリームの中身は高級クリームと一緒!? ドラッグストアはもちろん、スーパー …

泡立てネットじゃ追いつけない!“パナソニック 洗顔美容器 濃密泡エステ”の凄さ3ポイント

パナソニックの洗顔美容器“濃密泡エステ”で、これまで以上に効果的なスキンケアを目 …

99%の使用者が満足したオーガニックスカルプシャンプー「チャップアップ」

毛髪診断士と美容師が共同開発したプレミアムな濃密オーガニックシャンプー とある調 …

髪の生え際やおでこにできるニキビの原因と対策とは?

一度できると治りにくいおでこニキビの対処法 鼻に続いて皮脂の多いおでこ。10代の …

保湿成分の役割を大きくわけて3つ 肌に合った保湿で効果的なエイジングケアを!

セラミド、ヒアルロン酸、天然保湿因子は全く違う性質の保湿成分 アンチエイジングの …

オルビスから新発売!「クレンジングワン」の肌ガード型クレンジングが最強なわけ

新発想の「センサーキャッチ成分」でメイク落ちもうるおいも2倍! 2015年5月2 …

同じ年齢でも見た目に差がつくのはなぜ?どうしたらいいの?

肌、体型、姿勢、髪、等を維持することが重要 Q:なぜ見た目が若い人と、老けている …