今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

トラネキサム酸による美白効果とは?

肝斑に悩む人にもおすすめの美白成分「トラネキサム酸」についてご紹介

53ebba0b273aaf2c1cc3deeeb574b7b5_s

トラネキサム酸はアミノ酸の一種なのですが、シミやくすみの原因であるメラニンの生成を抑制する働きがあります。これにより美白効果が期待できるため、トラネキサム酸が含まれている美白化粧品を探しているという方も多いのではないでしょうか。

出血を止める効果があるとして知られているのですが、古くから肝斑の内服薬としても使われています。また、歯磨き粉に配合されていることも多いので、とても身近な成分だと言えるでしょう。

トラネキサム酸の副作用

トラネキサム酸を使う際に理解しておかなければならないのが副作用の問題です。発疹や発熱、かゆみなどの症状が表れてしまうことがあるので、様子を見ながら使いましょう。他には胸やけや吐き気などを感じることもあるので、トラネキサム酸の内服薬を飲んだあとに異常が見られたら中断したほうがいいです。

また、止血用に用いられていた薬ということもあり、血栓がある人、できやすい人も内服薬としてトラネキサム酸を飲むことはできません。

副作用の問題を心配するのであれば、化粧水にトラネキサム酸の成分が含まれたものを利用することをおすすめします。厚生労働省から承認された有効成分でもあるため、安心して利用することができるでしょう。

トラネキサム酸で美白できる理由

なぜトラネキサム酸を使うことによってシミやくすみを改善できるのかというと、シミ発生物質であるプロスタグランジン発生を抑えることができるからです。このプロスタグランジンがないとシミやくすみの原因であるメラニンを作るための情報が伝達されないため、美白対策に効果があります。

顔全体のシミやくすみの改善に効果があるため、なんとなく顔色がくすんでいる気がするという方も使い続けてみましょう。効果はハイドロキノンなどに比べると緩やかではあるものの、トラネキサム酸が配合された化粧水を使い続けたところ、一週間ほどで顔色が明るくなったと実感している人もいます。

高い効果を実感したいと思っているのであれば、化粧品でトラネキサム酸が配合されたものを選び、内服薬としてもトラネキサム酸を取り入れてみてはどうでしょうか。

トラネキサム酸はもともと肝斑の治療薬として用いられていたということもあり、肝斑に対して高い効果を発揮します。しかも既にできてしまった肝斑を改善するだけでなく、これからできる可能性があるものに対しても働きかけることができるので、予防に力を入れたいと思っている方にもおすすめです。

肝斑、シミ、くすみの他には、ニキビ跡の改善にも効果があるため、ニキビができやすい体質の方もトラネキサム酸が含まれる化粧品を検討してみてはどうでしょうか。トラネキサム酸には炎症を抑える効果もあるので、ニキビの状態が悪化して炎症してしまったというケースでも状態を改善させるのに役立ってくれます。

        
        

  関連記事

塗ってよし、食べてよし!アロエの美肌パワーでうるおい美人になろう!

アロエを食べるとコラーゲン量アップ!?アロエのアンチエイジング効果とは? 古くか …

脱汚肌!すっぴんで勝負できる素肌美人をめざせ

ノーメイクの時鏡を見たくない、汚肌の悩み解決しよう 最近よく目にする「汚肌」。美 …

春は敏感肌発動シーズン。花粉や紫外線に負けないエイジングケアを!

春に肌が敏感になりやすい理由 「冬は乾燥対策、夏は日焼け対策」というのはもう昔の …

スキンケアする時間がなくて肌の老化が怖い

時間がない時は手軽で便利なオールインワンタイプの基礎化粧品を使おう Q.子育てに …

30代のお肌の曲がり角にはラウディのクリーミィモイストミルクで酸化を防ごう

保湿も美容液効果もクリームも乳液ひとつでOKってほんとう? お肌のエイジングケア …

【要確認】プチプラコスメブームの火付け役【ハトムギ化粧水】が一部回収へ…

ナチュリエハトムギ化粧水に配合ミス!お手持ちのハトムギ化粧水をいますぐチェックし …

気になるプチ整形の相場はどのくらい?

シワやたるみにも即効性あり!日々のスキンケアやエステでは得られない効果 メスを使 …

顔以上に年齢が出るくびのしわ、早めにケアしましょう!

スマホ症候群の「ストレートネック」は要注意! 顔のエイジングケアを頑張っているあ …

よりよいスキンケアのために、知っておきたい化粧品と医薬品の違い

ネット通販をはじめ、コンビニやドラッグストアなど、いろいろな場所で化粧品が買える …

『いちご鼻、オレンジ頬』同じ毛穴でも、原因と対処法はこんなに違う!

悩みのない小鼻、ツルツルのほっぺ…。ふたつを叶えるキーワードとは? “いちご鼻” …