今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

美白といえばハイドロキノン!肌の漂白剤で強力美白

美白成分として特に有名なハイドロキノン!その効果や注意点とは?

ee452b6d0502504056fd9f6687487c37_s

美白成分には様々なものがあるものの、その中でも特に有名なのがハイドロキノンです。その他の美容成分と比べても圧倒的な効果があると言われているため、ハイドロキノンが含まれる化粧品で美白対策をしているという人はとても多くいます。

ただ、薬局やデパートでハイドロキノンが配合された化粧品を探すのは難しいと言えるでしょう。ハイドロキノンが配合された化粧品はインターネットで通販することができるので、そちらで購入する方法がおすすめです。

海外ではシミなどの改善をする際に使われることが多かったのですが、日本では長く化粧品での使用が禁止されていました。医師の管理下でしか使用をすることができない成分だったのですが、それが2001年に薬事法の規制緩和があり、化粧品にもハイドロキノンを使うことができるようになったのです

そのためこれからは更にハイドロキノンが配合された化粧品が増えていくことでしょう。

ハイドロキノンの美白効果

ハイドロキノンには酵素チロシナーゼというメラニンを生成するうえで欠かせない酵素の働きを抑制する効果があります。それだけでなくメラニンを還元する効果もあるため、既にできてしまったシミの改善にも効果があるのです。

美白化粧品の中にはこれからできるシミやくすみには効果があるものの、既にできているものには効果が得られないものもあります。ですが、目立つシミができてから慌てて対策を探しているという方も多いはず。そういった方にもハイドロキノンはとてもおすすめです。

ハイドロキノンは肌の漂白剤とまで言われるため、使い方を間違えてしまうと白斑ができてしまうことがあります。ですが、それは正しい使い方をすれば高い美白効果が得られるということに他なりません。

濃度と注意点

ハイドロキノンを選ぶ際に注意しなければならないのが濃度に関することです。もともと医師の管理下でしか使えなかったということからもわかるように、非常に美白効果が高い成分だということを理解しておかなければなりません。

低濃度ではそれほど高い効果は期待できないものの、まずは1~3%のものを選択しましょう。特に肌が弱い人の場合、1%しか配合されていないものでも刺激を感じてしまうことがあります。3%までのものに慣れたら徐々に4%、5%と調整していったほうがいいでしょう。どの濃度であったとしても初めから顔に塗るのではなく、まずはパッチテストをしたほうが安心です。

また、ハイドロキノンはとても酸化しやすい成分であるということを理解しておきましょう。かなり前に買ったハイドロキノン配合の化粧品が出てきたけれど…という場合には必ず使用期限を確認したうえで使ったほうがしいです。ハイドロキノンが酸化してしまった場合、新品の時にはなかったような刺激を感じてしまうことがあります。

また、ハイドロキノンを塗った部分は紫外線にとても弱くなります。必ず紫外線対策も同時に行うようにしましょう

        
        

  関連記事

デリケートゾーン&全身のニオイケアができる『ラブフル』のキャンペーンがスゴイ

デリケートゾーンのニオイ・痒みケアに好評な『ラブフル』は、ワキガや足のニオイケア …

エイジングケアの悩みの原因はメラニンとコラーゲンにあった!

メラニンの増加とコラーゲンの減少が毛穴、シミ、シワ、たるみを引き起こす 女性のエ …

髪のパサつきや傷み…。美ツヤ髪になるためのポイントはココ!

ツヤの無い髪はパサついて見えてしまいます。どのような対策を取ればいいのかご紹介! …

美肌ケアに不可欠な「天然保湿因子(NMF)」ってどんな成分?

天然保湿因子(NMF)はもともと私たちの肌が生み出す天然の保湿成分 スキンケアを …

目の周りの色素沈着に効果的な美白化粧品は?くすみや茶クマを撃退!

目の周りは皮膚が薄くデリケートでくすみや色素沈着が発生しやすい!その対策とは 目 …

酵母発酵エキスのパワーで揺らぎやすい肌を改善へ…アルケミーのスキンケア

目次1 植物のパワーをさらに引き出す独自の酵母発酵エキス2 揺らぎを感じ始めたに …

【特集】リフトアップ化粧品とは?効果や成分の特徴、おすすめ商品をご紹介!

たるみやハリのない肌を改善するのにおすすめなリフトアップ化粧品についてご紹介しま …

まつ毛をビューラーであげても下がってしまう!対策は?

ビューラーの基本的な使い方などについてご紹介します。 しっかり上がったまつ毛は目 …

花粉症でお肌が敏感になったと感じたら「つつむ」でケア!

敏感肌に傾きがちな花粉症に季節にオススメのスキンケアをご紹介 出典:decenc …

秋は保湿に徹しよう!秋のお肌の保湿法

肌バリアが失われるとどうなる? 秋のスキンケアで大切なのは、とにかく保湿すること …