今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

美白といえばハイドロキノン!肌の漂白剤で強力美白

美白成分として特に有名なハイドロキノン!その効果や注意点とは?

ee452b6d0502504056fd9f6687487c37_s

美白成分には様々なものがあるものの、その中でも特に有名なのがハイドロキノンです。その他の美容成分と比べても圧倒的な効果があると言われているため、ハイドロキノンが含まれる化粧品で美白対策をしているという人はとても多くいます。

ただ、薬局やデパートでハイドロキノンが配合された化粧品を探すのは難しいと言えるでしょう。ハイドロキノンが配合された化粧品はインターネットで通販することができるので、そちらで購入する方法がおすすめです。

海外ではシミなどの改善をする際に使われることが多かったのですが、日本では長く化粧品での使用が禁止されていました。医師の管理下でしか使用をすることができない成分だったのですが、それが2001年に薬事法の規制緩和があり、化粧品にもハイドロキノンを使うことができるようになったのです

そのためこれからは更にハイドロキノンが配合された化粧品が増えていくことでしょう。

ハイドロキノンの美白効果

ハイドロキノンには酵素チロシナーゼというメラニンを生成するうえで欠かせない酵素の働きを抑制する効果があります。それだけでなくメラニンを還元する効果もあるため、既にできてしまったシミの改善にも効果があるのです。

美白化粧品の中にはこれからできるシミやくすみには効果があるものの、既にできているものには効果が得られないものもあります。ですが、目立つシミができてから慌てて対策を探しているという方も多いはず。そういった方にもハイドロキノンはとてもおすすめです。

ハイドロキノンは肌の漂白剤とまで言われるため、使い方を間違えてしまうと白斑ができてしまうことがあります。ですが、それは正しい使い方をすれば高い美白効果が得られるということに他なりません。

濃度と注意点

ハイドロキノンを選ぶ際に注意しなければならないのが濃度に関することです。もともと医師の管理下でしか使えなかったということからもわかるように、非常に美白効果が高い成分だということを理解しておかなければなりません。

低濃度ではそれほど高い効果は期待できないものの、まずは1~3%のものを選択しましょう。特に肌が弱い人の場合、1%しか配合されていないものでも刺激を感じてしまうことがあります。3%までのものに慣れたら徐々に4%、5%と調整していったほうがいいでしょう。どの濃度であったとしても初めから顔に塗るのではなく、まずはパッチテストをしたほうが安心です。

また、ハイドロキノンはとても酸化しやすい成分であるということを理解しておきましょう。かなり前に買ったハイドロキノン配合の化粧品が出てきたけれど…という場合には必ず使用期限を確認したうえで使ったほうがしいです。ハイドロキノンが酸化してしまった場合、新品の時にはなかったような刺激を感じてしまうことがあります。

また、ハイドロキノンを塗った部分は紫外線にとても弱くなります。必ず紫外線対策も同時に行うようにしましょう

        
        

  関連記事

どうすれば古臭くならない?今っぽい太眉を作るポイント

太眉にすると老けた印象になってしまう…という方のために太眉をおしゃれに描くポイン …

ロクシタン「レーヌブランシュ」の植物の美白力がすごい!

出典:ロクシタン公式通販   「レーヌブランシュ」は、ロクシタンが20 …

大人の女性に試してほしい!やさしく香る練り香水の魅力

ほのかないい香りがいつでも楽しめる、大人のフレグランス「練り香水」 いい香りでい …

やっちゃだめ!悪い習慣になりがちな頭皮にダメージを与える行為とは?

知らず知らずのうちに髪を傷つけているかも!注意したい行動を紹介。 毎日行っている …

コンシーラーの上手な使い方をチェック!美肌に見せるポイント

コンシーラーがなかなかうまく使えないという方のためにコンシーラーの上手な使い方を …

肌荒れの原因は花粉かも!?原因と症状、対策について知っておこう!

冬から春へと季節が変わるとき、肌トラブルが多いと感じている女性は多いのではないで …

酵素洗顔で角質除去、スキンケア成分が浸透しやすい上質素肌へ

酵素って飲むものじゃないの? 洗浄力が高く、「顔全体のくすみと、毛穴の汚れに絶大 …

ノーベル賞も受賞している画期的な肌再生成分EGFとは?

EGFには肌のターンオーバーそのものの若返り効果が… エイジングケア化粧品に配合 …

化粧品でケアするだけじゃ満足できない…と感じたら、『スマイルプラセンタ10000』でインナーケアをスタート♪

スマイルプラセンタ10000で、目指せ見た目年齢大幅down! ▼高品質でリーズ …

夏が終わったら化粧水・乳液を切り替えて夏の肌ダメージをリセット!

夏用の化粧水・乳液を秋に使っているとダメな理由3つ 夏になるとさっぱりタイプや皮 …