今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

まるで老人のような印象を与える恐ろしいしみ…紫外線対策、美白ケアだけじゃ防げないものも…

しみには種類があることを知ってますか?
2dcb03dc5689e1c10a76db33a83a5b94_s
顔の印象を変えてしまうしみ、一気に老けてみえるのが悩みですよね。このしみ、実はけっこう早くからでき始めていて、お肌の曲がり角と言われる20代後半からすでに増え始めるそう。実はしみにはいくつものタイプがあり、それぞれに応じた対策が必要なのです。間違った対策だと治らないだけでなく、しみが濃くなる場合もあるので要注意ですよ!

しみができるメカニズム

タイプによって主原因は異なりますが、共通なのは皮膚の表皮にあるメラノサイトが、シミのもととなるメラニンをつくり出すことにあります。メラニンの量が増えすぎると、表皮の大部分を占める表皮細胞のケラチノサイトで色素沈着がおこり、しみとなります。

メラニンは本来、紫外線から肌細胞を守るために作られます。紫外線が肌の細胞核にあたると、核の中のDNAが変異したり破壊されて、細胞が死んだり、皮膚癌の原因になったりします。メラニンはそれをブロックし。真皮に紫外線が届くのを防ぐという重要な役割を持っています。

通常。肌のターンオーバーによってメラニンも排出されるのですが、加齢やその他の理由でターンオーバーのサイクルが遅くなるとメラニンが排出されず、皮膚の中に残ったまま沈着してしまうのです。

しみのタイプとタイプ別有効対策

老人性色素斑(日焼け記憶じみ)

しみの中でももっとも多いのが日焼けが原因の「老人性色素斑」です。若い頃から蓄積されたメラニンが排出しきれなくなって真皮まで定着してしまったものを指します。最初は薄いので放置しがちですが、だんだん濃くなって輪郭がくっきりしてきます。

老化現象の1つとも言われていますが、早くからきちんと紫外線対策をしておけば、ある程度は防げます。まずは若い頃からの紫外線対策を!初期の薄い茶色のしみの段階では美白成分が有効ですが、時間が経つとそれだけでは薄くはできても除去はできません。濃くなってしまった場合はレーザー治療が有効です。

炎症性色素沈着(肌荒れ記憶じみ)

皮膚のかぶれ、傷跡、虫刺され、脱毛などでの肌荒れ等によって、色素沈着してできるのが「炎症性色素沈着」です。肌を防御するためにできたメラニンが消えずに残ってしまった状態で、一時的なものと、アトピー性皮膚炎やにきびなど慢性的なものとがあります。

傷などの一時的なものはそのままでも消えやすいのですが、慢性的な場合は原因自体を解消しないと困難です。比較的美白成分が効きやすいので、デイリーケアに美白ケアを取り入れましょう。ピーリングも有効ですが、肌が弱い方は注意してください。

雀卵斑(ソバカス)

5mm以下の細かなしみが、頬あたりにスズメの卵の柄のように散らばってできます。他のしみが年齢とともに増えるのに対し、ソバカスは5歳頃が最も発生しやすく、思春期に目立つようになります。

主に遺伝的な要素が原因なのですが、紫外線によってより濃くなったり増えたりするので紫外線対策は基本です。また化粧品などの美白成分でも薄くすることは可能です。レーザー治療は有効ですが、体質的な要素が強いため再発する場合があります。

肝斑(ぼんやりじみ)

CMで認知が高まった「肝斑」は、額や頬骨付近、口の周りなどにぼんやりしたしみが左右対称にできます。30~40代になって発症することが多く、特に妊娠中に現れやすく、また閉経で治ることもあり、女性ホルモンが関係していると考えられています。

美白化粧品も有効ですが、「トラネキサム酸」を数ヶ月服用することで、メラニン色素の生成を抑制し、薄くする方法が推奨されています。また「肝斑」の場合、摩擦やレーザー治療はかえってマイナス効果なので気をつけてくださいね。

光線性花弁状色素斑(強烈日焼けじみ)

強烈な日焼けによって、顔や首、肩や腕などに表れる花びら状のしみが「花弁状色素斑」です。背中などにできやすいのですが、自分では気づかない場合も多いようです。また日焼けして黒くならず赤くなる人に発症しやすいしみです。

基本は紫外線対策をこまめに行うことですが、いったんできてしまうと通常の日焼けじみと違って、メラニンが真皮まで到達しているため、美白成分だけでは効果が十分ではありません。時間がたてば薄くはなりますが、気になる場合はレーザー治療が一番即効性があります。

脂漏性角化症(出っ張りじみ)

イボのような盛り上がりのあるしみで、淡褐色〜黒色になって非常に目立ちます。「老人性イボ」などとも呼ばれるように老化現象による良性腫瘍の1つで、40代くらいから発症しやすくなりますが、20代くらいでも発症するケースがあります。

遺伝的要因が強いしみですが、なかには他の要因でできたしみが長年の放置で変化する場合もあります。美容外科や皮膚科でのレーザー治療が最適です。また稀に皮膚ガンの場合があるので、気になったら早めに医師に相談してください。

        
        

  関連記事

顔やボディ以外にもUVケアが必要なパーツは?

紫外線対策は全身に必要!髪・瞳・唇のUVケアはしてる? Q.顔とボディ以外でUV …

赤ニキビってどんな状態?赤いニキビのケア方法とは?

赤ニキビは適切なお手入れで早く治そう 1つでもできてしまうと鏡を見るたび憂鬱にな …

毛穴の汚れがごっそり取れる「オロナインパック」のやり方と効果とは?

オロナインでどうして毛穴がキレイになるの?その理由を徹底解剖 出典:otsuka …

国内外から注目の美白成分コウジ酸の効果とは?

美白成分はたくさんのものがありますが、その中の一つ「コウジ酸」はご存知でしょうか …

自宅で”湯上り気分”を実感!オールインワン美容ジェル「山の神のめぐみ」

”美肌の湯”の源泉パワーで、湯上りのようなツルスベ肌が手に入る! 年末に近付き寒 …

気になる目元の印象を若返らせる「ヒアロディープパッチ」

マイクロニードルが肌に直接ヒアルロン酸を注入、小じわを解消 「ヒアロディープパッ …

くまモンが目印!ぎゅーっとプエラリアで女性らしい魅力的なふっくらバストに!

バストアップに効果的なぎゅーっとプエラリアを紹介! ぎゅーっとプエラリアはその通 …

新年のご挨拶申し上げます

明けましておめでとうございます。 はじめましてのみなさまも、いつもお越しいただい …

オリーブオイルの力を実感できるコスメ、ハダミルが気になる!

美容と健康に気を使っている人にとって、オリーブオイルはとてもなじみ深いですよね。 …

秋冬から春夏へ。ファンデーションの切り替えの必要性とは?

ファンデを秋冬と春夏で使い分けた方が良いメリットとは? ファンデーションは季節に …