今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

女子力アップ!清潔ケアでコンプレックスになる夏の汗の匂いを撃退

bfeb119090f14e564e4c17b45ece265e_s
暑い季節になると自然に汗をかいてしまいますが、 この匂いにより周囲はどう思っているのか気になることもあります。脇の下の濡れた状態が続いていると、自分でも思っていないような匂いが漂ってしまい、コンプレックスに思うこともあるでしょう。

汗をかきやすい原因にも色々な要素がありますし、さらに、夏に向かって気を使わなければならないこともいくつかありますので、ここで一つ一つ匂いに関するケア方法を掲載していきましょう。

汗の匂いの原因とやっておくべき対策

汗というものは、最初は無臭な存在なのですが、時間が経過するにつれて雑菌や皮脂が混ざり合ってしまうので、次第に汗臭い匂いを発生させてしまいます。この汗の匂いを避けるためには、こまめに拭き取って清潔にしておくことも大切ですし、事前に制汗剤などを使ってみるという方法もあります。

最近では、非常に殺菌効果の強いべたつきもないスティックタイプの制汗剤も販売されていますので、こういったものを汗をかく前に塗っておくのも汗の匂い予防にも効果的なのです。

汗の匂いと密接な関係を持つ生活習慣と食事

大量に汗をかいてしまう原因には、普段のストレスや寝不足、ホルモンバランスの変化などがありますが、これを防ぐためにも毎日の規則正しい生活が大切です。

女性の場合には、ホルモンバランスが悪くなってしまうと更年期のような症状が出てくることもありますし、それが汗の匂いを強くする原因にもなります。これを避けるためには、女性ホルモンの働きを活発にさせる規則正しい生活習慣をつけることが大切です。

さらに、食生活なども油っこいものを摂取しすぎてしまうと、汗の匂いがきつくなってしまうという現象になることがあるので、野菜や海藻類などのビタミンやミネラルのたっぷり込まれている食生活を心がけ、さらに女性ホルモンを不活発にさせてくれる、大豆イソフラボンなどを食事の中に含めておくと良いのです。

汗の匂いがどうしてもなくならない・そんな時は衣類のケアを

普段から制汗剤を使ったり食生活にも配慮しているのに、どうしても汗の匂いを感じるという場合があります。そういった場合には、衣服の匂いにも配慮する必要があります。衣服というのは、濡れた時間が長く続いてしまうと雑菌が繁殖しやすい環境になります。

脇汗パットといった、取り替えの利くような商品をこまめに取り替えても効果はありますし、また、衣類自体も抗菌効果のある洗剤を使い、しっかりと乾燥させるように癖をつけておくと良いです。衣類に使える抗菌効果の高いスプレー剤なども有りますので、こちらを使っておくとさらに汗の匂いの予防になるのでお勧めです。

このように、汗の匂いというのは、様々な要因が複雑に絡みあって起こる事でもあります。ですから、汗のにおいを感じないようにケアするためには、普段から体調をきちんと整えることも大切ですし、衣服や身の回りのケアも同時に行うことが大切です。匂いの悩みを持たないためにも、普段から清潔にするように是非とも心がけましょう。

        
        

  関連記事

化粧水をバシャバシャ使うことで乾燥するって本当!?

落とし穴に落ちない、正しい化粧水の使い方のこと 女性がスキンケアを行ううえで、保 …

意外と年齢が出てしまう首元のエイジングケア

フェイシャルケアと同じくらい手間をかけることがポイント! 仕事で疲れて帰ってきて …

ボトックス、光治療、レーザー治療、その効果は?

美容皮膚科のエイジングケアってどう? Q,ケアしても消えないシワに悩んでいます。 …

10秒でケア!ワキガ・足の匂い対策にはCLEANEO

たったの10秒でニオイ対策ができるCLEANEOについてご紹介します。 ↓公式サ …

【保存版】私の肌は今どういう状態?年代別・肌質別の肌状態とケアのポイント

あなたの肌はどのタイプ?手遅れになる前に、肌の現実を知ろう ちまたにあふれる美容 …

老け顔の三大原因「重力・筋力低下、血行・リンパ、乾燥・水分不足」を徹底排除しよう

いつまでも若々しい美魔女が増える一方で、実年齢以上に老けて見えてしまう老け顔の悩 …

夏の肌ダメージは想像以上に深刻!夏バテ肌のケアのポイントとは?

夏の肌ダメージを断ち切るスキンケアとは? 暑い夏が終わり、過ごしやすい秋へと移っ …

目の周りの色素沈着に効果的な美白化粧品は?くすみや茶クマを撃退!

目の周りは皮膚が薄くデリケートでくすみや色素沈着が発生しやすい!その対策とは 目 …

顔以上に年齢が出るくびのしわ、早めにケアしましょう!

スマホ症候群の「ストレートネック」は要注意! 顔のエイジングケアを頑張っているあ …

湿度だけじゃない!部屋の温度差がたるみの悪化を招く!?

温度差のない部屋作りで肌ストレスの解消を目指そう 湿度の低下による潤い不足は、肌 …