今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

汗によるメイク崩れを防止させて夏美肌を目指そう!

汗によるメイク崩れを食い止める方法、汗をかきにくくする裏技とは?
b8e90701ec353e98e4bca40800fae3b9_s
夏は出会いのシーズンです!…が、汗や皮脂のでやすい季節でもあるので、気合の入ったメイクをすればするほど「ドロドロに崩れてしまう…」とお悩みの女性は多いはずです。

汗によるメイク崩れは、見た目を悪くしてしまうだけではなく、夏の紫外線のダメージにお肌を晒してしまう事にもつながります。

ここでは、暑さや汗のシーズンにマッチしたメイク技や、お顔の汗を食い止める裏技についてご紹介します!

汗によるメイク崩れを食い止めるメイク技!

まずはメイクの方法を見直してみましょう!

産毛を処理しておきましょう!

「お顔の産毛を処理すると、ファンデーションのノリも全然違ってくる」と、聞いた事はありあませんか?この仕組みは、お肌とファンデーションの間にある産毛をなくしてしまう事で、お肌とメイクとの密着度をアップさせているためなのです。

また、産毛はファンデーション崩れの原因にもなってしまいます。産毛は綺麗に処理して、崩れにくいコンディションに整えておきましょう!
(※お肌へのダメージを最小限に抑えるため、産毛の処理は1週間に1度程度にしておく事をオススメします。)

しっかりと保湿して、皮脂テカリをストップ!

「テカるから…」と、夏場の保湿を怠ってはいませんか?この認識は、実は間違っているのです。

お肌のテカリ=皮脂は、お肌の水分不足を補うために分泌されます。つまり、テカっているお肌は水分が足りていない状態なのです。

丁寧に洗顔し、その日の汚れを除去したら、いつもよりもたっぷりと化粧水を使って保湿しましょう。お肌が手に吸い付くまで、しっかりとパッティングしていきます。

また、乳液やクリームのつけ方にも注意が必要です。

化粧水でしっかり保湿したお肌に、フタをする意味でも乳液やクリームは必要です。しかし、化粧水のようにたっぷりと使う必要はありません。乳液やクリームには油分が含まれていますので、つけすぎはテカリの原因になってしまいます。

とくに朝のスキンケアでは、少量の乳液やクリームで済ませるように注意してください。また、乳液やクリームを塗った直後にメイクするのではなく、少し時間を空けて、お肌のコンディションが整うのを待ってから、メイクをスタートさせましょう。

汗崩れを防ぐデァンデーションのつけ方は…
・ファンデーションを塗る前に、保冷剤などで軽くお肌をクールダウンさせましょう。タイミングは、ベース→保冷剤→ファンデーション、の手順です。

・パフの使い方は、「トントン」とやさしく叩き込むように!お肌の上で伸ばすように塗ると、ファンデーションがヨレてしまいます。

・ファンデーションは薄くぬり、パウダーで仕上げてメイク崩れを防ぎましょう。

顔の汗をストップさせるテクニック!

汗によるメイク崩れを防ぐには、やっぱり“汗をかかない”事が理想です。生理現象でもある汗を完全にストップさせる事はできませんが、お顔の汗をかきにくくする裏技はいくつか存在しています。

顔の汗をストップさせるツボ!?

お顔や脇の下の汗を止める、と言われるツボがあります。

「大包(だいほう)」と呼ばれるツボで、脇の下の第六肋骨に位置しています。芸妓さんや舞妓さんは、帯で大包を圧迫させ、顔汗を食い止めているといわれているのですが、いまいち場所がわからない場合は、脇の下全体を指や手のひらで圧迫してみてください。

ブラジャーをいつもよりもキツめに止めて、ツボを刺激する手段もあります。

首の後ろをクールダウン!

濡れたハンドタオルや、保冷剤などを使って、首の後ろをクールダウンさせましょう。体感温度がグッと下がりますので、朝のメイク前に行うと効果的です。

顔ばかりから、ダラダラ汗が出てしまう…何が原因なの?

「やばい!遅刻しちゃう〜!」と、普段しないくらい猛ダッシュすると、駅に着いた時にお顔からばかり汗が大量に…、という方は、普段の汗のかき方に問題があるようです。

本来、汗は身体中から発汗されるものです。ところが、長らく汗をかかないライフスタイルを送っていると、身体中に存在している発汗する器官(汗線)の働きが鈍ってしまいます。

そんな状態で汗をかくと、鈍った汗線から出られなくなった汗が同じ場所(お顔など)から集中して出てしまうのです。とくに下半身の汗線は鈍りやすく、「足から汗をかく事がない」と感じる方も少なくはないでしょう。

お顔の汗を少なくするためには、そんな風に鈍ってしまった汗線を目覚めさせる必要があります。汗線は鈍っているだけで、無くなってしまったわけではありません。度々汗をかく事で、鍛える事のできる器官です。

スポーツや入浴などでしっかりと汗を流し、お顔に偏った汗をかかない体質作りをスタートさせてみましょう。

汗によるメイク崩れをストップさせて、涼しげな夏美人を目指しましょう!

        
        

  関連記事

【スーパーヒアルロン酸に馬油】リバテープ製薬は絆創膏だけじゃなく、美肌コスメもすごかった!

リバテープといえば、絆創膏(ばんそうこう)のことだとお考えの方は多いはず。地域に …

年齢を重ねてもキレイな秘密は『成長ホルモン』

成長ホルモンを上げると若返る!?成長ホルモンの概要と成長ホルモンを上げるポイント …

できちゃった目元の小ジワに、今日からできるクイックレスキュー!

目元にできた小ジワに効果的なケア方法を紹介します。 お顔の中でもとくに皮膚が薄く …

夏から秋へ メイク落としも保湿力の高いものに切り替えて肌を乾燥から守ろう!

メイク落としを夏から秋で切り替えた方が良い理由とは? 暑い夏から涼しい秋へ移る頃 …

美白ケアで消えないクマは「アイキララ」でコラーゲンケアするのが正解だった!

老け顔を加速させる目元のたるみは皮膚の痩せが原因!正しくケアを! 年齢とともに目 …

クレンジングの基本~種類とメリット・デメリット~

クレンジングでメイクをしっかり落としてうるおう肌へ 1日のメイクをキレイに落とし …

界面活性剤はなぜ注意が必要だと言われるの?

界面活性剤は肌に悪いから使わない方が良い? 化粧品に含まれる界面活性剤はやっぱり …

深まるほうれい線の進行を食い止めるには保湿とビタミンC補給がポイント

顔の印象を一気に老けさせるほうれい線。放置するとどんどん深くなっていきます。最近 …

芸能人にも人気、話題の「洗わない洗顔」って本当にいいの?

肌の状態に合わせた使い分けが大切、賢く洗顔して素肌力を高めよう 石田ゆり子さんや …

年齢肌の強い味方!リフトアップテープの正しい使い方と注意点

リフトアップテープを効果的に使う方法とは 美容外科やエステサロンに行く必要もなく …