今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

美容成分豊かなお茶の洗顔で、美白・美肌・アンチエイジング!

世界的にも注目を浴びているカテキンパワーを最大限活用しよう
8986548ad01f459d12efb607f6f87e14_s
お米と同様、日本人の食文化に不可欠な「お茶」。ダイエットやメタボ対策などの健康面での効果が浸透していますが、そのほかにも多くの有効成分が含まれている優秀な美容食品なのです。その成分を活かし、緑茶成分配合化粧品などお茶を原料としたスキンケアアイテムも多く、自然派化粧品として人気が高いですね。

お茶の基礎知識

お茶は古くから解毒効果が認められ、寿司など生魚を食する機会の多い日本人にとって生活になくてはならない食品でした。近年お茶の有効成分が健康と美容に効果があることが科学的に証明され、特にカテキンが成人病予防成分としてブームになって脚光を浴びています。

なお混同しやすいのですが、ポリフェノールの一種がフラボノイド、その一種がタンニンで、タンニンの一種がカテキンです。緑茶のポリフェノールはほとんどがカテキンです。
ビタミンC

美白成分として人気のビタミンCは非常に酸化しやすいので、烏龍茶や紅茶ではなく、緑茶、それも煎茶で飲むのが一番安定しているそうです。煎茶のビタミンCはレモンの3〜5倍と言われています。またビタミンCは、コラーゲンの生成にも必要な栄養素でもあり、また抗酸化作用も高く、アンチエイジングや生活習慣病の予防にも有効です。他にも皮膚や粘膜の健康維持に有効なビタミンB2や、ビタミンEも含まれています。

カテキン

お茶独特の苦渋味成分のもととなる物質で、脂肪燃焼効果と抗酸化力で人気があります。す。良質な緑茶から抽出されるポリフェノールは、ビタミンEの10倍、ビタミンCの80倍の抗酸化力を誇っています。風邪対策で「お茶でうがいをする」というのもこの抗菌力によるものです。また消臭・脱臭効果があり、ワキガ対策としても活躍しています。カテキンは若芽や古葉を使う玉蕗や番茶より、成長した葉を使う煎茶により多く含まれています。

テアニン/カフェイン

緑茶の注目成分であるテアニンには、脳をリラックスさせる効果があります。一方で活性化させるカフェインも含まれるので、飲み過ぎには注意が必要です。

お茶のスキンケア効果

美白・美肌効果

ビタミンCが、シミ・ソバカスの原因となるメラニン色素の沈着を防ぎ、また肌に弾力性を与え水分の減少も抑制します。

保湿効果

各ビタミンの保湿効果、肌の血行促進効果が肌に水分と栄養分を届け、肌を乾燥から守ります。

抗菌・抗酸化作用

緑茶に含まれるカテキンは殺菌力や抗酸化力が高く、肌を清潔に守り雑菌の繁殖を防ぎます。そのためニキビ肌にも有効です。茶カテキンの抗酸化力はビタミンEの50倍以上といわれ、活性酸素を防いで毒性を消す力を持っているので肌の酸化=老化にも大きな力を発揮します。

お茶を使った洗顔方法

急須で緑茶を煎れます。一番茶は香りはよいのですが、成分的には二番茶以降濃く出るので、そちらを使います。ぬるま湯で2、3倍に薄めます。あとはクレンジングや洗顔のあとに緑茶洗顔水を使って仕上げの洗顔をするだけ。基本的に安全な成分だけなので、すすぐ必要はありませんが、色素移りを避けるために軽く1回すすぐとよいでしょう。

洗顔しない時は、上記の緑茶洗顔水をコットンに含ませて顔を拭くだけでも効果があります。

ただ、最近はペットボトル人気で、お茶をいれるという習慣が減っているかもしれませんね。そういう場合は緑茶成分を活かした石けんなどを活用するのもよいですね。

        
        

  関連記事

湿度だけじゃない!部屋の温度差がたるみの悪化を招く!?

温度差のない部屋作りで肌ストレスの解消を目指そう 湿度の低下による潤い不足は、肌 …

40代のアンチエイジングはスキンケアだけじゃダメ!

年代別アンチエイジング・40代は髪とスタイルにも注意 30代後半から徐々に減少を …

春は敏感肌発動シーズン。花粉や紫外線に負けないエイジングケアを!

春に肌が敏感になりやすい理由 「冬は乾燥対策、夏は日焼け対策」というのはもう昔の …

今最先端のメイクはクボメイク!その全貌を知りたい!

個性的なチーク使いで世間をアッと言わせたおフェロメイク。そのおフェロメイクがさら …

20歳を超えたら吹き出物!?ニキビと吹き出物の違いと対策方法とは?

吹き出物とニキビ、それぞれの原因とケア方法 鏡を見るたびに嫌な気分になる『ニキビ …

顔汗をかく原因&止める方法は?おすすめの顔汗制汗アイテムを紹介!

顔汗をかきやすい方のために汗対策とおすすめ商品をご紹介します。 暑いわけでもない …

薄毛に悩む女性必見!女性用育毛剤「デルメッド ヘアエッセンス」の特徴や効果とは?

女性ホルモンと薄毛の関係に着目した女性用育毛剤をご紹介します。 薄毛に悩む女性が …

シミになりやすい時期がある?生理前は紫外線に注意!

肌が敏感になる生理前は紫外線の影響も受けやすい 春から夏にかけては紫外線を気にし …

バストケアサプリ「ぷるん」で女性らしく魅力的なボディへ

気になるバストのボリュームダウン、女性らしいボディライン作りに 加齢やストレス、 …

花粉症でお肌が敏感になったと感じたら「つつむ」でケア!

敏感肌に傾きがちな花粉症に季節にオススメのスキンケアをご紹介 出典:decenc …