今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

一生残るかも?ニキビ跡の恐怖、どう対処すべき?

大人のニキビ跡はターンオーバーだけでは間に合わない
9815ebc05f637f3e859199ecf383155b_s
大人の悩みの1つ、ニキビ。思春期の成長ホルモンによるニキビとは異なり、いわゆる「大人ニキビ」は、原因がいろいろ重なり合っていて、そのうえニキビそのものが別の肌荒れの原因になったりしてやっかいです。

また、ニキビは治ってもニキビ跡が残ることも。中にはなかなか消えないニキビ跡もあります。

ニキビ跡の基礎知識

ニキビ跡とは、ニキビによる炎症や傷、また色素沈着によって肌にシミができてしまう状態のことです。ニキビは毛穴の詰まり具合で、繰り返し同じ場所にできる傾向にあります。そのため炎症や傷のダメージが皮膚深部の組織を壊してしまい、ニキビが治っても跡が残ってしまいます。

若い時はターンオーバーも活発で、放置していてもほとんどは自然になくなるニキビ跡ですが、年齢とともに代謝力が落ち、どんどん治りにくくなります

ニキビ跡の種類と原因

ニキビ跡にも種類がありケアの方法が異なります。

通常ニキビは 白色→黒色→赤色→黄色と悪化していきます。白は毛穴に皮脂が詰まった状態、黒は詰まった皮脂が酸化した状態、そしてそこにアクネ菌が繁殖することで炎症を起こした状態が赤ニキビ、炎症がすすんで化膿し膿を持った状態が黄ニキビです。

【関連記事】いまさら聞けない、ニキビケア徹底解説!クリアなつるすべ肌で女度アップ♡

赤みのあるニキビ跡

ニキビの炎症によって損傷した部分を治すために形成された毛細血管のうっ血の赤みがそのまま残るケースです。軽いダメージだと1週間から1ヶ月くらいで治りますが、皮膚が薄くなっているため赤みが目立ちます。

茶色や紫のニキビ跡

「炎症性色素沈着」とも呼ばれ、赤ニキビの跡が紫色や茶色のシミのようになった状態です。紫色のニキビ跡は内出血を起こした状態、茶色のニキビ跡はニキビ跡に紫外線が当たることでメラニン色素が発生して肌内部に沈着した状態です。後者はそのまましみになってしまう危険があります。

クレーター状

ニキビの炎症がひどくなると、アクネ菌の繁殖が周辺組織にも及びます。それをくいとめるために白血球が皮膚細胞を壊するため、真皮に凸凹が生まれ、クレーター状になります。またそこからより悪化してケロイド状になる場合もあります。

ニキビ跡の治し方

赤みや紫のニキビ跡

ニキビ跡改善の基本はターンオーバーによる肌の再生力です。きちんと洗顔して肌を清潔に保ち、保湿効果の高いスキンケア製品で肌のうるおいを高めます。しっかり睡眠をとって、タンパク質や代謝を高めるビタミンやミネラルを摂取します。また適度な運動やマッサージなどの血行促進も有効です。

より早く赤みを取るためには、ケミカルピーリングやレーザーピーリング、フォトフェイシャルなど医療機関を活用することも検討するといいでしょう。
茶色のニキビ跡

上記の対応に加えてメラニン対策が大切なので、ビタミンC誘導体ハイドロキノンなどの美白成分が配合された化粧品を使います。またそれ以上のメラニン増加を防ぐためのUVケアもお忘れなく。

美白成分の浸透を助けるピーリング化粧品を併用する方法もあります。ただしニキビ跡の肌はデリケートなので頻度は加減して、刺激過多にならないよう注意が必要です。

クレーター状

肌の再生力頼りですが、状態がひどい場合は医療機関の力が必要です。レーザー治療や、細胞を増殖させるために「線維芽細胞増殖因子」を直接クレーター部分に注射するFGF治療などがあります。クレーターの状態によって最適な方法を相談してください。

        
        

  関連記事

【保存版】オールインワンゲル大特集! 成分や肌悩みで自分にピッタリのゲルが見つかる!!

現代女性は仕事、家事、育児などとにかく忙しく、スキンケアにかける時間すらもったい …

日焼け止めはクリーム?ジェル?テクスチャーによって違う特徴とは?

日焼け止めをテクスチャー別に選んでみよう! 日焼け止めを選ぶ時のポイントは何でし …

界面活性剤はなぜ注意が必要だと言われるの?

界面活性剤は肌に悪いから使わない方が良い? 化粧品に含まれる界面活性剤はやっぱり …

爪も乾燥する!「ツメリッチリペア」で爪のインナードライ対策をはじめよう

地爪に自信が持てる!塗るだけの簡単ケアでもろくなった爪を美しく! 爪も肌と同じく …

湿気が目立つ日のスキンケア、あなたは大丈夫?覚えておきたい落とし穴とは?

梅雨時期など湿気が多い日に実践したいスキンケア方法ってなんだろう? 梅雨時期や湿 …

ダークチョコレートのカカオが持つアンチエイジングパワーがすごい!

ダークチョコレートがアンチエイジングに効果的だと海外で注目されています。ダークチ …

【保存版】私の肌は今どういう状態?年代別・肌質別の肌状態とケアのポイント

あなたの肌はどのタイプ?手遅れになる前に、肌の現実を知ろう ちまたにあふれる美容 …

オイルリップは美容オイルたっぷりでかわいいぷるぷるの唇に!

乾燥しがちな唇の対策にも人気のオイルリップを紹介! べたべたすることなく、唇にし …

【保存版!】乾燥から全身を守るポイント、赤ちゃんのようなうるぷる肌になるには!?

「えっ!乾燥がシワやシミの原因なの!?」乾燥は老化のサイン!シワやシミになる前に …

美白といえばハイドロキノン!肌の漂白剤で強力美白

美白成分として特に有名なハイドロキノン!その効果や注意点とは? 美白成分には様々 …