今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

40代のアンチエイジングはスキンケアだけじゃダメ!

年代別アンチエイジング・40代は髪とスタイルにも注意

d4b3472f695681621c3c1b9edef54eb1

30代後半から徐々に減少を始める女性ホルモンが、40代になると閉経によってさらに分泌量が減っていきます。女性ホルモンには、肌の弾力を支えて肌荒れを防ぎ、髪にボリュームやツヤを与え、メリハリのあるスタイルを保つなど、若々しさを美しさに関係のある作用をしています。

ところが、女性ホルモンの減少によってこれらの効果も薄くなります。30代のアンチエイジングに引き続き、40代からはさらにプラスアルファのエイジングケアが必要です。

40代からのエイジングケア

40代からは肌だけでなく髪にも栄養を!

スキンケアは20代の頃からしっかり行っている方も多いですが、意外と見落としがちなのがヘアケアとスカルプケアです。女性ホルモンの減少にしたがって、髪にコシとハリがなくなっていき、人によっては髪全体が薄くなる女性特有の「びまん性脱毛症」というトラブルが表れます。ちなみに、ホルモンバランスが乱れる産前産後にもこうした髪のトラブルは見られます。

頭皮も皮膚の一部、顔が乾燥しているなら当然頭皮も乾燥しています。トラブルを見落としがちな頭皮は、髪質や量に変化が出ないと気が付きにくいので、頭皮のかゆみや髪質の変化を感じたらすぐにケアを始めるのが大切です。

パサパサで傷んだ髪や頭頂部にボリュームがない髪型は老けて見えがちです。ヘアケア・スカルプケアを行いつつ、できるだけトップのボリュームを持たせやすい髪型にしましょう。特に黒髪のストレートロングヘアは、黒髪によってシワやシミ、たるみといった肌のあらを目立たせ、ボリュームのなさが老化を感じさせるので避けたいヘアスタイルです。

スタイルと姿勢を意識して後ろ姿を若々しくする!

髪と同様に、意外と気づきにくいのが「後ろ姿」の老化です。下着からはみ出たわきのお肉、丸まった背中、垂れたお尻と太ももの裏・・・など、体のたるみは後ろ側に出やすいのです。

年齢を重ねると基礎代謝量が減るので痩せにくく太りやすい体になります。その上、体幹やインナーマッスルの衰えによって内臓全体が下がって下腹や腰回りにお肉が付き始め、皮膚のたるみによってお尻や太もものお肉が垂れ下がってきます。

冷えやむくみが慢性化している場合、脂肪がセルライトになって肌表面がボコボコと波打ったり、みかんの皮のようなぶつぶつ状態になっていることもあります。また、肩や背中のコリは背中のお肉を盛り上がらせて、背筋を正していても背中が丸まって見え、太っているという印象とともに老けているとも感じさせます。

40代以上のダイエットは体重を落とすことよりも、ボディラインと姿勢を意識した動きを取り入れるのがおすすめです。ストレッチ、体幹やインナーマッスルを刺激するトレーニング、セルライトやリンパのマッサージなどを取り入れましょう。これらを続けていると、50代以降に見た目だけでなく体力的にも若々しさをキープできるようになります。

        
        

  関連記事

アラサーアラフォー世代に人気沸騰中!LUSH製品の魅力とは?

LUSH(ラッシュ)はイギリスに本社を置く多国籍化粧品ブランドです。「新鮮・手作 …

デリケートゾーンの悩み…もしかしたら女性器の老化が原因かも?

女性に是非知っておいてほしい女性器の老化についてご紹介します。 女性器などデリケ …

「ステアリン酸コレステロール」は油分との親和性が高い保湿成分

エモリエント効果で肌を柔らかくしてハリや弾力をキープ スキンケアで不可欠な保湿成 …

1台5役の万能美顔器「ララルーチュ レジーナ」で自宅にいながらエステ気分!

5つの効果を手軽に導入!杉本彩さんプロデュースのかんたんケア美顔器 ↓今すぐ公式 …

梅雨など湿気の多い時期に髪で悩みんでいる女性必見!広がりやうねりを抑える方法

梅雨や湿気の多い時期に対策となるヘアケア術のこと 梅雨の訪れや湿気が気になる時期 …

SOD酵素で活性酸素を除去してくれる!健康&美肌効果が見逃せない

SOD酵素で健康で美肌な体作り!酵素の働きと取り入れ方紹介 近年、グリーンスムー …

老け顔の原因となるたるみについて

たるみが与える印象とは 老けて見えるのは、顔に出来る影の影響が大きいと言われてい …

ニベアで作るシュガースクラブは、アラサー・アラフォーに最適・最強

出典:花王株式会社ニベア   最近「ソルトスクラブ」に代わって話題なの …

老けて見えてしまう目の下のくまの原因と対策法

青くま・黒くま・茶くま撃退法! 女子会で思いっきりストレス発散、したのはよいけれ …

骨だけが原因じゃない!顔のエラの出っぱりを解消させるセルフケア

エラを解消させるポイントは、咬筋(こうきん)という筋肉のマッスル化を予防する事! …