今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

すべすべの「桃肌」は血行と代謝促進から!

美肌をつくる生活習慣を意識しよう
781f580c1e3e8126e89edcb61703d4e6_s
女性が理想とするのは赤ちゃんのようにぷるぷると弾力があって、柔らかく、つるつるすべすべのなめらか肌=「桃肌」ですよね。見るからに肌の細胞が瑞々しく、水分が行き渡っている感じ。

しかし残念ながら肌は年々老化し、桃肌からかさかさ・しわしわ、たるみがちな加齢肌へと近づいて行きます。

肌の老化はコラーゲンの減少が直接の主原因

肌の弾力やうるおいを決める真皮、その7割がコラーゲンでできています。コラーゲンは古くなると分解され、コラーゲン製造工場である線維芽細胞で新しいコラーゲンが作られます。線維芽細胞は年齢とともに生産能力が低下し、そのためハリや弾力が失われ、しわたたるみが目立つようになります。

コラーゲン生成はなんと20歳頃がピークだと言われているので、人生の大半は桃肌にとっては下り坂のようなもの。なんとか進行を食い止めて改善したいですよね。

コラーゲン対策を頑張ろう

コラーゲンを増やす方法としては

・線維芽細胞そのものを増やす
・線維芽細胞の生産性を高める
・良質なコラーゲンをつくる/古いコラーゲンの分解を高める

等が考えられます。

紫外線のUV-A波は肌を酸化させるだけでなく、繊維芽細胞を破壊して、肌を内側から老化させていきます。(シミの原因になるメラニンが作られるのは、繊維芽細胞を守ろうとする体の防衛メカニズムなのです)。

線維芽細胞の働きを活発にしてコラーゲン生成をサポートするには、こうした紫外線などのダメージを極力減らし、同時に細胞の働きを活発化させることが大切です。そのために重要なのが「代謝」と「血行」です。

「代謝」と「血行」がコラーゲンを増やす

「代謝」とはいわゆる新陳代謝のことで、生命維持活動に必須なエネルギーを獲得したり、自ら生み出したり、不要なものを排出したりする「生化学反応」のことです。「血行」は取り込んだり、作ったりした栄養や酸素を血管を通じて体の隅々まで届けている、血液の流れのことです。

血行が阻害されると細胞に栄養が行きわたらす、代謝力が低下します。代謝力が低下すると栄養が十分に作り出されず、また体に老廃物が蓄積して、ますます血流を妨げるという悪循環に陥ります。

代謝をアップし、血行をよくする桃肌習慣作り

肌は日々紫外線や外気による乾燥、皮脂などの汚れのダメージを受けています。それらの元原因に対しても対策は重要ですが、同様に「代謝」と「血行」をよくする身体の環境整備も重要です。

健康な素肌はバリア機能も高くダメージを受けにくいので、紫外線対策や乾燥対策と同時に代謝と血行促進を行いたいですよね。そのためにはスキンケアだけでなく、食事や睡眠、入浴といった生活習慣の見直しが重要なんです。

入浴

入浴は汚れや汗を落とす以上に血行促進には不可欠。のぼせやすい場合はぬるめのお湯や半身浴でいいので、浴槽につかるバスタイムを!お風呂上がりは化粧水をはじめ美容成分の浸透力がアップします。逆に血行不良だとせっかくの成分も無駄になっているかも。入浴後は指も暖かいのでそれで軽くマッサージするのもよいですね。

睡眠

美肌作りでは不可欠なのが睡眠。肌のターンオーバーは睡眠中に行われますし、コラーゲンやエラスチン、免疫細胞も眠っている間に作られています。

悩み事やストレスを抱えていると睡眠を司る脳内ホルモンの分泌が悪くなって熟睡できず、疲労回復もターンオーバーもうまくいきません。寝具や照明、また香りなどを工夫してリラックスできる睡眠環境を!

食事

栄養バランスのとれた食事は健康にも美容にも必須事項。忙しくても朝・昼・晩3食をきちんと食べましょう。ショウガや豚肉など、血行や代謝に有効な食材を取りいれることも忘れずに。逆に血管を傷つけやすい塩分や糖分は適量摂取を心がけてください。また体を冷やす果物や野菜は朝食べる、といった食べ方のバランスも重要です。

他にも軽いストレッチやウォーキングなどの有酸素運動や、マッサージ・ツボ押しなど血行と代謝をよくする習慣を日々の生活に取り入れてみてくださいね。

        
        

  関連記事

美白成分のアルブチンってなに?肌があまり強くない人にもおすすめ

アルブチンとはどういったもの?ハイドロキノンが合わない人は試してみては? 美白関 …

美しいヒジとヒザを作る専用美白セラム「ロコシャイン」

厳選された美容成分がメラニンを抑制・分解、黒ずみ解消へ ヒジ、ヒザの黒ずみ、気に …

肌に透明感を出すにはどうしたらいい?くすみの原因とケア方法

くすみタイプ別、透明感を取り戻すスキンケアテクニック 抜けるような透明感のある肌 …

老け顔や疲れ顔に見えていますよ!見過ごしてませんか?唇のアンチエイジング

血色が悪い唇が、あなたを「老け顔」「疲れ顔」印象にする 赤ちゃんのように、ぷりっ …

センスエピで家庭用脱毛器デビューしよう!サロン並みの仕上がりで大満足

アフターケアもばっちりでつるつるの夏肌 おしゃれな女子なら露出が増える夏に向けて …

面倒くさがりでも毛穴、しみ、しわをサッとカバーできてキレイ肌に!薬用クリアヴェールをお勧めする5つのポイントとは

時間がないときでもお肌のケアとメイクをばっちりこなせたら…そう思って …

間違った塗り方は逆効果!リップクリームの正しい使い方

唇を乾燥から守ってくれる便利なアイテム、りっぷクリームの正しい使い方とは? 唇の …

新年のご挨拶申し上げます

明けましておめでとうございます。 はじめましてのみなさまも、いつもお越しいただい …

メイクを落としながら美肌を目指したい人がαピニの美容液クレンジングを選ぶべき5つのポイント

αピニ 美容液クレンジングを使えばメイク落とし&美肌作りができます。 出典:sh …

なぜ紫外線は肌によくないの?肌を傷める光老化とは?

若々しい肌の決め手は紫外線対策と美白ケア 紫外線の怖い真実 スキンケアに特に興味 …