今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

肌トラブルを避けるには日焼け直後のアフターケアが大事!

日焼けをしてしまったら、できるだけ早く対策を! その方法は?
gf01a201503310700
美肌を作りたいと思っているのであれば日焼けをしないことが大切です。ですが、日焼けをしてしまったということであれば、その後のアフターケアが非常に大切になってきます。ここでポイントとなるのが日焼け直後のアフターケアです。

できるだけ早く対策をとることにより、お肌の状態も安定しやすくなります。

日焼け直後のアフターケア方法

日焼けをした直後の肌というのは火傷をしたのと同じような状態になっています。そのため、まずは冷やすことが大切です。流水で冷やすのもいいのですが、ビニール袋に氷水を入れたものをタオルに包み、日焼けしてしまった部分を冷やすのも効果的です。

その後のケアについてですが、肌の状態によって対処方法が変わってきます。

ひどい痛みを伴う日焼けをしてしまった場合、ホームケアよりも病院で手当を受けたほうがいいです。

日焼けは甘く見てしまうと大きなシミやくすみの原因になってしまうこともあります。水ぶくれができていたり、日焼けが原因と思われる頭痛などがある場合も病院で手当を受けましょう。

次に、ひどい痛みがあるわけではないものの、ヒリヒリとした刺激を感じるということであれば化粧水を塗るのではなく、軟膏を使ったほうがいいです。肌がヒリヒリ痛む状態で化粧水を塗ってしまうと更に痛みがひどくなってしまうこともあります。

最後に、痛みのないタイプの日焼けであればとにかく保水をすることが大切です。患部を冷やしてある程度痛みや赤みが引いてきたら化粧水をたっぷり塗り込みます。日焼けした直後の肌というのは水分不足の状態になり乾燥しているため、普段より多めにつけましょう。

ここで高価な化粧水を使う必要はありません。安いものでもいいのでとにかく沢山使うことが大切です。ただ、日焼けをした直後の肌というのはとても敏感な状態になっているため、できることならば、敏感肌用の保湿化粧水を使った方がいいでしょう。

注意しなければならないことが、美白化粧水は使わないということ。日焼けをした後はすぐに美白をしたくなってしまうかもしれませんが、美白化粧水にはビタミンCなどが配合されている場合が多く、日焼けした後の肌には負担になってしまうことがあります。

日焼けが落ち着いてから美白をすると考え、まずは保水をすることが大切です。シミができてしまったらどうしようと焦ってしまうかもしれませんが、日焼け直後のアフターケア方法としては冷やす・保水をするということが何よりも重要です。

        
        

  関連記事

すかすかまつ毛がふさふさまつ毛に大変身

もうまつ毛のことで悩まない 少し前まで、まつ毛の量で悩んだことはないのに、最近、 …

乾燥が気になる季節は極上の潤いでケア!プロテオグリカン原液で肌の悩みをまとめて解決しよう!

さらっとした使い心地のプロテオグリカン美容液を探しているという方におすすめ! フ …

シワはファンデで隠れない!厚塗りよりも薄付けが肝心だった?!

男性のウケの悪いほうれい線はしっかり対策しましょう 年齢を重ねると目立ってくるほ …

プラセンタで美肌作り!働きや期待できる効果、取り入れる時のポイントは?

美容の分野で注目されているプラセンタについてご紹介します。 プラセンタといえば、 …

【知っておきたい】アンチエイジングの成分

アンチエイジングに求めるものは?理想の肌を叶える成分をチェック! 『アンチエイジ …

見られてますよ!実年齢が出てしまう首と手のパーツ・アンチエイジングケア

顔はメイクでカバーできても、意外と年齢が出やすいのが首と手。そして顔以上に見られ …

美しいヒジとヒザを作る専用美白セラム「ロコシャイン」

厳選された美容成分がメラニンを抑制・分解、黒ずみ解消へ ヒジ、ヒザの黒ずみ、気に …

顔の印象を左右する綺麗なまつげのためのビューラー選びと使い方

意外に自分にあったビューラーを選ぶのが難しいものですが、選ぶポイントとその使い方 …

牛乳石鹸での洗顔が話題!赤箱青箱の違いや効果は?

昔ながらの牛乳石鹸で洗顔!期待できる効果と正しい洗顔方法 洗顔をする際には洗顔フ …

足のニオイはその場しのぎじゃダメ、ノーノースメルで「ニオイが発生しにくい足」にチェンジ!

ノーノースメルは塗るだけで「防臭、制汗、殺菌、角質ケア」のトータルケア完了 仕事 …