今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

柔軟、ふき取り、収れん化粧水、しっかり使い分けできてますか?

保湿だけじゃない!角質を落としたり毛穴を引き締めたり、進化する化粧水たち
019f5c12b04fbc4fbc4aea64fc6dc796_s
化粧水は90%が水でできていますが、本当の水だけだと肌に浸透しない(そうでないとお風呂に入るだけでもたいへんなことになってしまいますよね)ことでもわかるように、グリセリンやエタノール、さまざまな保湿成分などで、肌に潤い成分が浸透するように開発されています。

ニキビ用や、美白化粧水など、有効成分を加えることで、保湿効果+αの効果があるものも多いですね。

そんな化粧水ですが、実は「柔軟化粧水」「ふき取り化粧水」「収れん化粧水」という使い分けがあることをご存知ですか?

これらの化粧水をうまく使い分けることで、美肌効果やアンチエイジング効果を一気に高めることができます。

柔軟化粧水

「柔軟化粧水」ってあまり聞き慣れないかもしれませんが、一般的な化粧水のことなんです。化粧水には、肌に水分を補って肌の調子を整えて肌を柔軟にし、そのあとに使う乳液やクリームを浸透しやすくするという基本的な役割があります。洗顔後にまず化粧水をつけるのは、乾燥を防ぐこともありますが、次のステップの準備の意味もあるんですね。

肌は乾燥すると皮脂分泌を活発にして肌を守ろうとするので、かえってベタつきます。保湿することでモイスチャーバランスを整え、皮脂の過剰な分泌を抑えることができるのです。また肌のphを弱酸性に保って雑菌などから素肌を守り、清潔な肌を保ちます。

実は、柔軟化粧水は海外ではあまり見られず、化粧品ラインに含まれていないことも多いようです。これは日本の水が軟水で石けんが泡立ちやすく、その分毛穴の奥から汚れや皮脂がしっかり落とせることにも関係がありそう。きれいになる分毛穴の乾燥を防ぐ必要があるのではないでしょうか? ただ、だからこそ海外から「陶器のようだ」といわれる、美しいキメ肌日本美人が多いともいえますね。

ふき取り化粧水

最近、スキンケアに取り入れている方が増えている「ふき取り化粧水」。洗顔直後などに落としきれなかった汚れを拭き取るための化粧水です。それによって次に塗る化粧水や美容液などの浸透を高めることができるのです。

朝は洗顔の代わりに拭き取り化粧水で顔を拭くだけという人も増えています。洗面台まで行かなくてもいいので特に冬場は助かりそう。肌の乾燥も防げます。

基本はコットンを使いますが、できれば拭き取り専用コットンのように柔らかめのものを使いましょう。力は入れずに肌の表面を滑らす感じでやさしく拭き取ります。

肌に残りがちな皮脂や角質を除去することで、肌のターンオーバーも活性化され美容成分も浸透しやすくなってスキンケア効果がアップします。

ただし、スクラブ洗顔のようにピーリングアイテムを使った時には、ふき取り化粧水はお休みしてください。毛穴を傷つけたりかえって肌の乾燥を招いて皮脂の過剰分泌を招いてしまう恐れもあります。

収れん化粧水

「収れん化粧水」は、肌を引きしめるための化粧水のことです。通常の化粧水のうるおい効果だけではなく、毛穴を引きしめて、皮脂をコントロールしてキメを整える、という嬉しい効果のある化粧水なんですが、意外と使ってない方が多いのでは?

「収れん化粧水」はアルコール分等の成分を含んでいて、肌を引き締めると同時に、ひんやりするものが多く爽快感があります。汗で化粧崩れしやすく、てかりやすく暑い夏にはぴったり!毛穴が引き締まるので、皮脂や汚れが中に溜まりにくく、ニキビ予防にも効果があります。

化粧ノリがよくなって化粧崩れもしにくくなるので、最近では1年を通して愛用している人も増えています。

使い方としては、洗顔後に化粧水や乳液をつけた後に使用します。その際に肌がひんやりするまでパッティングするのがポイント!特に皮脂が浮きやすい部分はしっかりと、ただし決して力をいれず、肌にダメージを与えないように気をつけて行ってくださいね。

また、もともと乾燥肌の人は皮脂を抑える必要がないので、使わない方がいい場合もあります。肌質に合わせて上手に使い分けましょう。

        
        

  関連記事

ケシミンでシミは消える?シミ予防&改善に効果的な成分とは

小林製薬から出ているケシミンの働きや、シミの予防・改善についてご紹介します。 で …

乾燥性敏感肌とは?症状や原因、対策の他、おすすめ商品を紹介!

肌が乾燥する季節は特に注意が必要な乾燥性敏感肌についてご紹介します。 肌には様々 …

おしゃれな子はもう始めてる?ブラジリアンワックスで見えないところの脱毛にもこだわろう

デリケートゾーンのムレやかゆみの軽減にも! 最近では専門店もあり、日本にも浸透し …

よりよいスキンケアのために、知っておきたい化粧品と医薬品の違い

ネット通販をはじめ、コンビニやドラッグストアなど、いろいろな場所で化粧品が買える …

年齢肌の強い味方!リフトアップテープの正しい使い方と注意点

リフトアップテープを効果的に使う方法とは 美容外科やエステサロンに行く必要もなく …

血圧が高い女性は必見!年齢ペプチドの効果と摂取できる飲み物について

年齢ペプチドを摂取して、血管の老化を予防・改善しよう! みなさんは、「年齢ペプチ …

白髪ができたらまず試したい3つのこと

たった一本でも自分の老化を感じさせる白髪。増やさないためにできることをまとめてみ …

乳化作用で肌の栄養を浸透させ老廃物を排出、肌バリア効果もある「リン脂質」

密着力、保湿力、浸透力を発揮し、スキンケアをサポート 「リン脂質」という言葉を知 …

優しく、しっかりとメイクを落としたい人がテラクオーレ クレンジングミルクを選ぶべき5つのチェック項目

肌が弱い方でも安心、しっかりメイクも落せて肌にやさしいテラクオーレ クレンジング …

同じ年齢でも見た目に差がつくのはなぜ?どうしたらいいの?

肌、体型、姿勢、髪、等を維持することが重要 Q:なぜ見た目が若い人と、老けている …