今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

一生懸命美白ケアしているそれ、日焼けじゃなくて赤ら顔かも!?

日焼けだと思ったら実は赤ら顔の可能性も…。赤ら顔とはなに?
o0460030713082045123

日焼けをしてしまって対策を取っていたもののなかなか効果が感じられないという場合には、もしかしたら赤ら顔かもしれないと疑ってみましょう。赤ら顔とは、その名の通り顔が赤く染まってしまう状態のことをいいます。

赤ら顔とはどういったもの?

通常、皮膚の奥にある血管は見えませんよね。ですが、血管の膨張や皮膚が薄くなることが原因で血管が透けてしまい、それが赤ら顔に繋がってしまう方もいます

緊張した際に顔が赤くなってしまうタイプの方もこちらに該当するのですが、気温の変化が原因で赤ら顔になる方もいます。日焼けだと思っていたのに実は赤ら顔だったという方は、この気温の変化が関係していると言えるでしょう。

気温の変化が原因で起こる赤ら顔の大きな特徴として挙げられるのが、頬や鼻の周りを中心に赤くなるということ。こういった場所は顔の中でも紫外線を浴びやすい場所なので、日焼けと勘違いしてしまうことがあるようです。

また、紫外線を浴びていないものの赤ら顔になってしまうという場合、肌荒れやニキビが関係していることもあります。中には紫外線を浴びたことが肌荒れに繋がり、それが結果的に赤ら顔に繋がってしまうこともあるので、普段から日焼け止めを塗るなどして紫外線対策を取ることも重要です。

赤ら顔の予防

特に夏場になると赤ら顔になってしまうという方は、普段行っているスキンケアを見直すことをおすすめします。定期的にピーリングをしているという方も多いですが、赤ら顔になりやすい方は頻度を低めにしたほうがいいです。

ピーリングによって肌が刺激を受けていると、それに紫外線の刺激が加わり赤ら顔になってしまうことがあります。また、顔のマッサージを日課にしている方もいますが、これも肌にとって負担となっている可能性があるので注意が必要です。赤ら顔になりやすい方はマッサージの頻度を抑えたり、弱めに行うように心がけましょう。

それから、紫外線など肌への刺激に強い体を手に入れることも重要です。そのためには普段の食生活が大きく関係しています。肌を健康に保つためには新陳代謝機能であるターンオーバーと呼ばれるものを整えることが欠かせないのですが、そのためにはバランスの整った食事を取る必要があるのです。

また、睡眠時間が足りていなかったり、水分が不足している場合にも肌が弱くなりやすく、ちょっとした刺激で赤ら顔に繋がってしまうことがあります。赤ら顔といえば体質だから対策を取っても意味がないと考えてしまう方もいるかもしれませんが、生活習慣やスキンケアを見直すことで改善が可能です。

【ぐっすり眠りたい人必見】安眠サプリでぐっすり眠ろう!不眠に悩む方におすすめのサプリ比較

        
        

  関連記事

オルビスから新発売!「クレンジングワン」の肌ガード型クレンジングが最強なわけ

新発想の「センサーキャッチ成分」でメイク落ちもうるおいも2倍! 2015年5月2 …

唇のたてジワが原因でモテない?男性が二度見する唇を作ろう

モテない原因を作る唇のたてジワとの決別方法 唇がカサカサする…と感じるのは冬だけ …

絶対するべき!蒸しタオル美容法のメリットとは?

蒸しタオルがもたらす美容メリット、蒸しタオルのやり方を紹介します。 「蒸しタオル …

10秒でケア!ワキガ・足の匂い対策にはCLEANEO

たったの10秒でニオイ対策ができるCLEANEOについてご紹介します。 ↓公式サ …

いぼの種類と原因について。基本的な治療方法は?

なぜいぼはできる?種類などについて詳しくご紹介します。 美肌を心がけていたとして …

クレンジングの洗い流し、すすぎのポイントは?

クレンジングのすすぎはこすらず手早く10回程度で! Q.クレンジングの洗い流し、 …

自宅でサロン仕様のビキニライン美白ケアができる!「VL WHITE(ヴィエルホワイト)」

独自のリポゾーム美容成分が美白効果・美肌効果を高め、黒ずみ解消! おしゃれな水着 …

美肌ケアに不可欠な「天然保湿因子(NMF)」ってどんな成分?

天然保湿因子(NMF)はもともと私たちの肌が生み出す天然の保湿成分 スキンケアを …

拭き取り化粧水は正しく使おう!NGの使用方法とは?

拭き取り化粧水によるお肌への影響について みなさんも日々のスキンケアの中で、必ず …

塗るヒアルロン酸注入リップ!リップアディクトVSラシャスリップスで比較してみた

「とてもよく似た2つのアイテム…結局、どちらを選べば間違いないの!?」という方へ …