今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

涙袋メイクならオルチャンメイクがぴったり!ぷっくり可愛い目元に!

涙袋メイクででか目効果、小顔効果、若返り効果も!
https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-CRI_IMG_5994-thumb-1000xauto-18019
おしゃれ女子の間で大ブームの「オルチャンメイク」。オルチャンとは韓国語で「とても可愛い顔」や「美女・美少女」のことです。韓国のアイドルや女優さんがしている「オルチャンメイク」が、自然なのにとてもキュートで魅力的、というので同じアジア人の日本人でもいけるんじゃ?と最近人気急上昇なのです。

「オルチャンメイク」のポイントといわれているのが印象的な目元!特にぷっくりした涙袋を演出する涙袋メイクは不可欠です。

実は涙袋は通称「フェロモン袋」、「ホルモンタンク」とも呼ばれ、女性ならではのかわいらしさや愛情、母性を感じさせる部位。男性にとっても大きなアピールポイントなんです。ここを目立たせるメイクは女子力大幅アップにつながるわけですね。

ちなみに涙袋が特徴的な有名人としてはきゃりーぱみゅぱみゅや内田ゆきさん、板野友美さんなどが有名です。

涙袋メイクの凄い効果!

でか目効果

涙袋を明るくして強調することで、目の存在感がアピールされてデカ目に見えます。二重まぶたと同じような効果だと考えるとわかりやすいですね。

立体感

涙袋があることで眼に奥行きが出て、全体として立体的に見えます。平面的な顔ほど目の立体感が際立って目力をアップします。

ハイライト効果

涙袋にパールカラーのラインを入れることでハイライトが生まれ、光を反射して目元を明るく見せます。それによってまつげなどのイ陰影が深まり、目に魅力的な表情を生み出すのです。

小顔効果

顔に対して目の比率が大きく見えることで、総体的に顔が小さく見えます。

優しさ効果

涙袋はにっこり笑った時に盛り上がるので、涙袋がふっくらしていると表情がにこやかに、優しげに見えるという効果もあります。人なつっこさや親しさを演出するのにもよいですね。

若返り効果

加齢によって目元がハリや潤いを失うと、目がくぼんで見えて老け顔になりがち。涙袋メイクをすることで目元が若返り、マイナス10歳若く見えると言われています。若い女性はもちろん、30代・40代の女性もぜひチャレンジしてください

涙袋メイクの効果的な方法

涙袋の位置を確認

まずはにっこり笑ってみて、自分の涙袋の位置や形を確認してください。それがベースになります。

影をつけて立体化

明るめのアイブロウペンシルで、涙袋の下側に薄く線をひき綿棒でぼかして影をつけます。

パールシャドウで涙ライナーを入れる

影をつけた上の部分=涙袋の膨らんでいる部分に、パールカラーのアイシャドウを太めに塗り、涙袋を強調します。これを涙ライナーやアンダーライナーと呼びます。パールの光沢との対比で黒目部分が目立つので、デカ目効果が発揮され、涙でうるんだような瞳が完成します。

マスカラとアイライナーで仕上げる

下まぶたのマスカラで目尻を濃いめに、黒目~目頭を薄めに仕上げるとナチュラルな印象に仕上がります。ブラウン系だとより優しい印象に。「オルチャンメイク」を目指すなら、ブラックのアイラインをしっかりいれて上のマスカラもがっつり盛るとそれらしい仕上がりになります。

最近では涙袋専用のコスメアイテムも出ているので、手軽に魅力的な涙袋メイクが楽しめますよ。

        
        

  関連記事

24時間使えるフェイスパウダー!マキアージュ“スノービューティーⅡ”の予約受付がスタート

塗って寝たほうが綺麗になれる!?昨年の大人気アイテムが今年も登場! 出典:www …

唇のたてジワが原因でモテない?男性が二度見する唇を作ろう

モテない原因を作る唇のたてジワとの決別方法 唇がカサカサする…と感じるのは冬だけ …

足のニオイはその場しのぎじゃダメ、ノーノースメルで「ニオイが発生しにくい足」にチェンジ!

ノーノースメルは塗るだけで「防臭、制汗、殺菌、角質ケア」のトータルケア完了 仕事 …

顔の日焼けはシミに繋がることも…アフターケアの方法を紹介!

顔の日焼けを放置してしまうのはやめましょう。シミを防ぐためにも実践したいアフター …

高い美白効果と抗酸化作用で、肌を老化からガードする「エラグ酸」

植物性ポリフェノールの力で安心、安全に美白ケアしよう エラグ酸は、ザクロやイチゴ …

スクラブ洗顔で古い角質も一掃、透明感のあるつるすべ素肌へ!

つぶが肌を傷つけないか心配だけど…? 古い角質を除去するのには絶大な効果を誇る「 …

色気を漂わせるレディに仕上げるなら、2016年はマットな大人リップで決まり

ハリウッドでも人気のマットを体験してみて グロスでつやつやした唇もジューシーで魅 …

「CCクリーム」はナチュラルメイクでもしっかりUV対策ができる優れもの

BBクリームはもう古い?流行のCCクリームってどんなもの? 今、新しいメイクアイ …

本当に若々しい年齢不詳美人になるにはパーソナルカラーの活用を!

「若づくり」と「若さ」の勘違いって、どこから生まれるの? スキンケアやファッショ …

老け顔や疲れ顔に見えていますよ!見過ごしてませんか?唇のアンチエイジング

血色が悪い唇が、あなたを「老け顔」「疲れ顔」印象にする 赤ちゃんのように、ぷりっ …