今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

同じ年齢でも見た目に差がつくのはなぜ?どうしたらいいの?

肌、体型、姿勢、髪、等を維持することが重要
b0175a62148ae8e0b7e606265f0bcd54_s

Q:なぜ見た目が若い人と、老けている人に差が付くのでしょうか。

先日同窓会に出たら、ひさびさにあった同級生の何人かがすごく若々しくてぜんぜん変わっていないのに驚きました、逆に昔はクラスのアイドルだったのに、すごく老けて見えるようになった友人も。同じ年齢でもこんなに差がつくのはどうしてでしょう?またどうしたら若さを保てますか?
【相談者:30代パート主婦】

A:年齢を言い訳にせず、日々前向きに取り組む姿勢に若さが宿ります。

確かに同じ年齢でも若々しく見える人と老けて見える人っていますね。差がでやすいエイジング要素をまとめてみました。

ハリのある美しい肌

やはり目がいくのは肌のハリ・ツヤ。若いときは水を弾くようでなにもしなくてもつややかでしたが、年齢とともに肌の保水量が減ってうるおい感が失われて行きます。肌が美しいとそれだけでぐっと若く見えます。逆に肌が乾燥してかさついてみえたり、目の下にクマやたるみがあったり。ほうれい線が目立ったりすると老け顔に見えます。

クマはつい濃いめのファンデーションなどでカバーしたくなりますが、かえって小じわが目立つ場合もあるので要注意。また、いかにもな若作りメイクはかえってマイナスです。

体型維持

若い頃と変わらないスリムなボディをキープしている人は年齢を感じさせません。女性は年齢とともに二の腕や下半身など全体に脂肪がつきはじめます。食生活に偏りがあったり、睡眠不足だったり不摂生をしているといわゆる「おばさん体型」になりがち。ぽっこりおなかでメタボの心配も出てきます。日頃から正しいダイエットやバランスのとれた食生活を心がけることが大切。また動作が機敏で、てきぱき動けることも若く見えます。

逆に動作が緩慢でさまざまな事象にぱっと対応できないと年をとった印象が強まります。運動不足にならないよう適度なエクササイズ、スポーツを習慣にして、反射力のいい身体を作りましょう。

つややかな髪

つややかで美しい髪は若さの象徴。白髪や抜け毛がないことも大切ですが、ある程度ボリュームがあるロングの髪の毛は若々しく見えます。ロングは手間がかかりますが、手間をかける余裕があることが大切なポイントといえます。

おしゃれを楽しむ

変な若作りと「若さ」は違います。自分に合ったファッションを上手に着こなし、とんがったトレンドではないけれど流行もさりげなく取り入れる、そのバランス感覚やアンテナのよさに若さが光ります。

ポジティブにアクティブに行動

「うわぁ、なんだかこの人年取ったなぁ」と感じるのは、顔のパーツ以上に、表情だったり姿勢だったり、話す内容や話し方も影響していると思います。リンカーンの名言に、”40歳を過ぎたら男は自分の顔に責任を持て”というのがありますが、女性も同じ。新しいことにチャレンジし、楽しいことを積極的に見つけて、笑顔で活き活きとしている人は年齢に関わらず魅力的です。

また食生活や睡眠といった生活習慣の不摂生のツケもアラサー、アラフォーで表れてきます。徹夜でカラオケのようないままでは無理が効いたことがだんだんできなくなって、機動力が鈍って話題などにも疎くなってきがち。「年なんだから」「おばさんなんだから」と自分に言い訳して改善しないと、女子力も急降下しそうです。年齢を言い訳にせず、つねにポジティブにアクティブに行動してください。

        
        

  関連記事

紫外線対策フードで体の中から美白しよう!

食べるだけで美白できる紫外線対策フードとは? 紫外線対策と言えば日焼け止めを思い …

薄い・ハリがない髪の悩みにサヨナラ!女性専用サプリ「Growth Project. BOSTONフォーレディース」

女性の薄毛対策には女性専用のアイテムを選びましょう 女性の髪の毛も、加齢やストレ …

必見!ナチュラルで涼しげな大人の浴衣メイク!

ベースメイクは?アイメイクは?浴衣の時にぴったりなメイクのポイントをご紹介! お …

50年の歴史を持つシーボン.の魅力、ホームケア×サロンケアで美肌度アップ!

出典:株式会社シーボン   シーボン.は1966年に誕生して以来、50 …

バラサプリメントで女子力アップ! 麗しい吐息を手に入れよう

バラサプリメントで気になる口臭対策。上品なバラの香りに。 事実、口臭がひどいとど …

ユーグレナのパワーを肌で実感したい!B.C.A.D.トライアルキットの注目ポイント5つ

使うたびに効果を実感できるようなケアがしたい、そんな人には太古の昔から地球に存在 …

吹き出物や肌荒れ…もしかしたら顔ダニが原因?

顔ダニとはどんなもの?増えすぎた場合の駆除方法は? しっかりスキンケアをしている …

海外セレブ発!写真映えする立体メイク コントゥアリングが話題!

SNSに写真をアップする際にもおすすめ!コントゥアリングとは? 近年はFaceb …

【必見バストケア】お肌だけじゃない!30代はお乳の曲り角にも要注意!

一度垂れたバストは一生戻らない!? 加齢によってバストの形が変わったり、垂れたり …

オルチャンメイクのトレンド!水光肌(ムルグァンピブ)で注目を浴びるうるツヤ肌へ

いままでのマットで人工的な肌とうってかわってうるおいとツヤを重視した肌感。肌が一 …