今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

美人肌を作るならファンデーションは春夏用と秋冬用を使い分けるべき!

ファンデは春夏用から秋冬用に変えた方が良いの?
2caac51ca0f01d2457a58a022a8291df_s
ファンデーションには春夏用と秋冬用があることはご存知でしょうか? 大手化粧品メーカーの主力ブランドでは大体1年に2回、季節に合ったファンデーションが新発売されています。これはメイクのトレンドに合わせるため、そして暖かい季節と寒い季節で変わる肌の状態に合わせたファンデーションを販売するためです。

ファンデが使い終わらないうちに買い直すのはなんだかもったいない気がしますが、そのまま使っていると肌トラブルを起こしやすくなったり、肌が老けて見える可能性があります。今回は春夏用と秋冬用のファンデーションの特徴と、使い分けることでどんな美肌効果があるのかをご紹介します。

春夏用ファンデーションの特徴

・汗や皮脂を抑え、メイクの崩れを防止する
・さっぱり、サラサラした使用感で保湿力は弱め
・落ちにくいウォータープルーフタイプのものも多い
・SPF値が高く紫外線から肌を守る

夏用ファンデーションの最大の特徴が、汗・皮脂を抑制する効果です。ファンデがよれたり崩れたりする一番の原因が汗・皮脂なので、夏でも長時間メイク崩れを予防してサラサラ肌を保つためにはこの効果が欠かせないのです。その反面、保湿力は弱めです。人によってはファンデの皮脂抑制効果が高すぎて粉吹き状態になってしまうこともあります。

また、海やプールへ行くことを想定し、水の中に入ってもファンデが落ちにくいウォータープルーフタイプのファンデーションも増えています。

秋冬用ファンデーションの特徴

・空気の乾燥から肌を守るため保湿力が高い
・しっとり感や肌のツヤを重視したファンデーションが多い
・SPF値は最低限またはないものもある

秋冬用ファンデでは、春夏用ファンデと真逆で保湿力に重点が置かれています。保湿成分や美容成分がたっぷり含まれ、空気やエアコンの乾燥から肌を守り、しっとりとした肌が長時間続くように作用します。

こうして比べてみると春夏用と秋冬用では全く効果が違うことがわかりますよね。

ファンデーションを使い分ける必要性とは?

春夏用と秋冬用のファンデを使い分ける理由は大きく分けて2つあります。

肌の変化に対応するため

人の肌は夏になると汗・皮脂が多く分泌されるようにできています。なぜ皮脂が多く出るのかというと、皮脂には紫外線から肌を守る働きもあるからです。

秋以降になると紫外線も徐々に弱まり皮脂分泌が減り始め、さらに空気はどんどん乾燥していきます。季節によってこういった変化があるのにファンデだけ春夏用を使い続けていると、皮脂分泌がさらに抑制されてカサカサで粉を吹いたような肌になったり小じわが目立ってしまうのです。

夏の間、肌は紫外線によるダメージを受け、秋になって夏のダメージが表面化します。まだ本格的に乾燥し始める前の秋の時点でファンデを切り替えておかないと、冬になる頃にはひどい乾燥肌になる可能性があります。

また、皮脂分泌が抑制されると、本来なら押し出されるはずの皮脂が毛穴の中で固まって角栓になり、毛穴の黒ずみや開きの原因にもなります。

2.肌をキレイに見せるため

「ファンデをなぜ使うのか?」と聞かれたら、ほぼ全員が「実際よりも肌をキレイに見せるため」と答えるのではないでしょうか? ファンデは肌の悩みをカバーして均一に整えてくれるものです。

ところが、季節に合わないファンデーションを使っていてはせっかくの肌をキレイにする効果も薄れてしまいます。乾燥し始める秋に保湿力の弱い春夏用ファンデを使っていると肌が乾燥して小じわが目立ちやすくなったり、ポロポロと剥がれ落ちてカバー力が弱まってしまいます。

メイクでキレイになりたい、なれたらいいなと思っている方は、ぜひ春夏用と秋冬用のファンデを使い分けることをおすすめします。

今回ご紹介した春夏用と秋冬用のファンデの違いはパウダリ―、リキッド、クリームなど全てのファンデに同じことが言えます。ファンデの仕上がりをよりキレイにするなら、化粧下地も季節によって使い分けるのがおすすめです。

        
        

  関連記事

顔だけではなく体も美白!どんな方法がある?

手足や背中の美白方法を紹介!日焼け後の対策も重要 顔以外にもシミやくすみが気にな …

肌がきれいに見えるリキッドファンデーションの探し方&塗り方をご紹介

ただファンデーションを厚塗りしても美肌は作れません。ポイントについてご紹介します …

婚活リップだけじゃない!イブ・サンローランの口紅の魅力

出典:イヴ・サンローラン・ボーテ公式通販    高級感があり世界中の女 …

梅雨でも美人をキープ!周りと差をつけるためのポイント4つ

梅雨の季節は積極的に雨を楽しむのがキレイの秘訣です 雨が長く続く梅雨の季節は、湿 …

美白とブライトニングの違いとは?それぞれの特徴を紹介

どちらも同じ意味だと思っている人も多い美白とブライトニングの違いについて 肌を白 …

糖尿病の治療薬メトホルミンに寿命を伸ばす働きが!効果・効能は?

メトホルミンとは糖尿病の治療薬です。非常に広く利用されており、糖尿病患者にとって …

シャンプーも年齢に応じたものを使おう

シャンプーでしっかりエイジングケア エイジングケアというと、ついフェイシャルケア …

ホームケアで効果が実感できないなら美容皮膚科で美白もおすすめ

美容皮膚科とは何?どのような美白対策を行うことができる? 自宅で美白する方法はい …

切らない、削らない、美容注射でお顔のアンチエイジングを

プラセンタ注射、ヒアルロン注射、ボトックス注射、BNLS注射、その効果は? 今、 …

化粧水が浸透しない?角質ヘドロが溜まっているのかも

古い角質を除去して、しっかり保湿&美容成分補給しよう! 「最近化粧水が浸透しない …