今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

【保存版】全身うるうる!秋のスキンケア・ヘアケア大特集!

秋といえば、食欲の秋、芸術の秋、など様々ですが、女性ならやはり“スキンケアの秋”といきましょう。
fc88aa64a73205b70a41b1f3a753ac4d_s

秋は新陳代謝がダウンしがち…。加えて季節の変わり目なので、お肌はとても敏感な状態になっています。

そんな秋肌には、以下のような負担がかかっています。

秋肌を襲う季節のダメージ
■夏のきびしい紫外線によるダメージ!放っておくとシミやそばかすの原因にも…
■乾燥の季節到来!保湿を怠ると枯れ木のようにあなたまで枯れてしまう!?

一見すれば、秋のお肌は夏のトラブルと縁が切れ、コンディションが挽回したように見て取れます。しかし、その実は夏のダメージを溜め込んでいる状態。そのままにしておくと、新たなトラブルを引き起こす元となってしまうのです。秋のお肌に施すべきは、夏の間に受けてしまったダメージをきちんと取り除くケアだといえるでしょう。

また、夏のダメージはお肌同様に髪の毛のコンディションを悪化させています。髪は女の命です。いくらお肌の状態がよくとも、髪の毛がパサパサ状態なら台無し。

乾燥しがちなシーズンを迎える前に、お肌と髪の毛の秋支度をはじめましょう。

1.秋のスキンケアのポイントは、“ダメージからの回復”

49f5b04a49616dded6494498f5159b22_s
夏に受けた負担を取り除き、新しいシーズンをうるうるなコンディションで迎えましょう。それでは、それぞれのアイテムの選び方やポイントを説明します。

1-1 クレンジング・洗顔

スキンケアのなかでも、クレンジングの行程はお肌に最も負担がかかると言われています。とくに洗浄力の強いオイルタイプはダメージが大きくなりがちです。とびっきり優しく洗いたい秋肌。保湿効果のあるタイプやジェルタイプのクレンジング料を選び、メイク落としの際には優しく汚れを取り除くようにしてください。

また、その後の洗顔では、体温よりも少しぬるめのお湯で洗うことをお勧めします。冷水で洗うと、毛穴が閉まって汚れが除去しきれませんし、逆に熱過ぎるお湯は汚れをしっかり落とせますが、お肌の乾燥を招いてしまいます。

アトレンテおススメはオルビス

2015-09-04_162237shoosai
【関連記事】「クレンジングワン」の肌ガード型クレンジングが最強なわけ

1-2 化粧水

乾燥が気になり始めた秋肌へのケアでは、やはり保湿が最重要です。保湿は乾燥によるシワやハリを食い止めるだけでなく、ターンオーバーを助けお肌のバリア機能を向上させる役割を担っています。つまり、夏の間に作ってしまったシミ予備軍やニキビなどの肌トラブル改善にも繋がるということ。

汗ばむシーズン用に化粧水を“さっぱりタイプ”にシフトする方は多いでしょうが、“保湿タイプ”に戻してください。

また、使用する際にお勧めしたいテクニックは“何回かに分けて使う”という方法です。
たとえば…

①洗顔後やお風呂上りに1回目
②歯を磨いたら、その後2回目
③しばらく時間をおいて、3回目
と、何度かに分けて化粧水を使用すれば、一回で済ませてしまうよりもお肌に浸透しやすいと言われています。
この秋からはじめたいのはポーラオルビスグループのアヤナス

2015-09-04_162617shoosai
【関連記事】アヤナストライアルセットを典型的な敏感肌の私が体験!

1-3 乳液

化粧水で保湿したら、必ず乳液で蓋をしましょう。乳液に含まれている油分がお肌に合わず、トラブルを起こしてしまうこともあるので、選ぶ際には自分の肌質をよく把握し、タイプにマッチした一品を探してください。

イチオシ!濃密毛穴ケアを実現するアンサージュ

2015-09-04_163047shoosai
>>現品サイズが届く!お得なトライアルセットも

1-4 その他

クリームには、これまで行ってきたスキンケアの効果をお肌に閉じ込める役割があります。施したこれまでのケアがお肌に馴染んだ頃(5分後くらい)に、クリームを使用するようにしてください。

空調の効いた部屋で過ごしたり、灼熱の中外出したり…。夏のお肌は置かれる環境が目まぐるしく変化し、そのたび乾燥と汗ばみを繰り返しています。出先でたくさん汗をかいて、角質がふやける→涼しい部屋に戻って、汗をタオルでぬぐう…。

この何気ない繰り返しは、お肌の表面をはがし落としてしまい、“不全角化”というトラブルを起こしてしまうことが多々あります。

「季節の変わり目に、化粧水がしみて痛む…」という方は、不全角化によって薄くなってしまったお肌が原因かもしれません。そんな場合、しばらくは洗顔後にクリームだけ、というケアを続け、角質の回復を待ちましょう。

製薬会社品質のヒフミド。やさしいクリームでお肌をいたわって

2015-09-04_163807shoosai
>>ラインづかいでもっと効果を実感!初回限定のトライアルセットも

2.弾むようなうるちゅる髪を育てるポイント

cfa75963d832b5556c44aafa7fc22fcf_s
夏の日差しや皮脂・汗は、頭皮や髪の毛にもダメージを与えています。そのため秋は、一年のうちで最も髪の毛のコンディションが悪くなってしまうのだとか。秋のヘアケアのポイントは“髪と頭皮のダブルケア”です。

2-1 シャンプー&コンディショナー

秋は、夏のダメージが表面化するシーズン。ふだん使いのシャンプーやコンディショナーにも気を使いたいものです。化粧品にも同じ事が言えるのですが、シャンプー・コンディショナーはその効果をより実感しやすい“ライン使い”にこだわるのがベター。

自然派ノンシリコンシャンプー、モーガンズでやさしくケア

2015-09-04_165209shoosai

2-2 アウトバストリートメント

「秋・冬の乾燥には、オイルタイプがいい」とイメージしがちですが、一概にそうだとは限りません。アウトバストリートメントのタイプは、髪質やヘアスタイルによって異なります。自身のケースにマッチした選択をするようにしましょう。

・パーマをかけた髪にはミルクタイプ
・細い髪質の方にはミストタイプ
・ツヤツヤを目指しているのであればオイルタイプ

2-3 スカルプケア

秋のスカルプ(頭皮)ケアのポイントは、以下の3つです。

夏バテによる血行不良改善をさせる

夏バテ→食欲不振→頭皮の栄養不足…というふうに、夏バテは意外にも頭皮の健康に関わっています。栄養バランスの良い食事を心がけ、健やかな体・頭皮・毛髪を目指しましょう。また、頭皮のマッサージで血行を促し、栄養や酸素が十分に行き渡る環境を整える事もポイントです。

頭皮環境を悪化させる皮脂、汗、乾燥問題を解消させる

毛穴の汚れを除去する事と同時に、頭皮の潤いを逃がさない事も重要です。洗髪に熱すぎるお湯を使わない、ドライヤーの風が頭皮に当たりすぎないように気をつける…、などの工夫で、毛穴の汚れを落とす事と、潤いを保つ事の両立を心がけましょう。

紫外線によって受けたダメージをいたわる

肌同様、やはり紫外線への対策は“当たらない事”が一番です。とはいえ、すでに紫外線によるダメージを受けてしまっているのであれば、プラスαのケアが必要になってきます。頭皮用エッセンスでアフターケアをして、ダメージからの回復を促しましょう。

秋の抜け毛対策にuruotte(うるおって)

2015-09-04_165801shoosai

3.女として湿度の高いボディを作るには

18fa97b5ce6d1c9a21a342e8e932a791_s
いくらお顔や髪がバッチリでも、手元や足、首回りのお肌がバサバサ状態では台無しです。その人の見た目年齢を、お顔以外の潤い状態から判断している方も多いはず。スキのない美女であるためには、全身しっとりなボディを目指す必要があるのです。

3-1 保湿効果の高いボディークリームを選ぶ

ボディクリーム選びで、何に重点を置いていますか?口コミ?パッケージデザイン?価格?…

これらで選んでいたのであれば、今すぐ考え方をシフトしてください。

ボディクリームは全身の潤いを補うために購入するものですので、最も重要なポイントは“保湿効果”であるはずです。

購入の際には以下で紹介する保湿成分に着目して選びましょう。

保湿効果の高い成分
・コラーゲン(お肌に弾力を与える)
・ヒアルロン酸(お肌に潤いを与える)
・セラミド(お肌の潤いを守る)
・尿素(お肌に潤いを与え、柔らかくする)
・油分成分(ホホバ油、シア油、オリーブ油 など)

3-2 ボディクリームを塗るタイミング

ボディクリームを塗るタイミングにもこだわりましょう。バスタイムの後に塗っている方は多いでしょうが、実は体を拭き切ってしまう前が最も保湿効果が期待できると言われています。

お風呂上り直後のびちゃびちゃな状態である必要はありませんが、少し肌が湿っている状態でボディクリームを塗り、最後に余分な水分をタオルで抑えるようにしましょう。

また、「一回塗っただけじゃパサパサが改善されたない!」という場合には、翌朝、お出かけ前にも塗る事をオススメします。

3-3 ボディクリームを塗る範囲

ボディの場所によって、お肌の状態は違ってくるものです。そのため、すべてのゾーンを同じケアでOK!というワケにも行きません。

ボディクリームを塗るべきゾーンは、以下のように皮脂分泌が少なく油分が不足している部分になります。

ボディクリームを塗るべきゾーン
・腕、手
・脚、足
・首元から鎖骨まで
・お尻

逆に、胸元や背中などには、ボディクリームを塗るべきではありません。その理由は、これらのゾーンはボディの中でも皮脂の分泌が盛んなので、ボディクリームによってニキビなどの肌トラブルが引き起こされてしまうリスクがあるためです。

夏の間に受けたダメージは、秋・冬の女子力ダウンにつながってしまいます。「紫外線の恐怖も、おしまい!」「汗や皮脂・テカリも、もう心配ない!」と、気を抜いていると、溜め込んだダメージが肌トラブルとなって表に出てきてしまうかも…。

この季節は、まさにお肌のターニングポイントだと言えます。秋のお疲れ肌・髪へのスペシャルケアをスタートさせて、全身うるうるで新しい季節を迎えましょう。

        
        

  関連記事

肌のハリを目指すなら美顔器「エミリーストーン ワン」が効果的!

美顔器エミリーストーン ワンが自信の持てる素肌作りをサポート! エミリーストーン …

女性の薄毛「びまん性脱毛症」とは?早めの対策がオススメ

多くの女性を悩ませているびまん性脱毛症についてご紹介します。 薄毛の問題に悩んで …

コンブチャで、最新のアンチエイジング「菌活美容」をはじめましょう!

日本でも実は実績ある“あの”発酵飲料を、手軽に美味しく! マドンナやミランダ・カ …

拭き取り化粧水は正しく使おう!NGの使用方法とは?

拭き取り化粧水によるお肌への影響について みなさんも日々のスキンケアの中で、必ず …

プラセンタで美肌作り!働きや期待できる効果、取り入れる時のポイントは?

美容の分野で注目されているプラセンタについてご紹介します。 プラセンタといえば、 …

地まつ毛を育てて、スッピンでもフサフサな天然美人に!

まつ毛を育てる方法をまとめました メイク顔とスッピンの最大の違い…、それは“まつ …

緊急美容警報!毎日の「ブルーライト焼け」は紫外線以上の深刻ダメージ!

最先端のブルーライト対策コスメで「ブルーライト色素沈着」から肌を守ろう! 今、美 …

顔汗をかく原因&止める方法は?おすすめの顔汗制汗アイテムを紹介!

顔汗をかきやすい方のために汗対策とおすすめ商品をご紹介します。 暑いわけでもない …

小じわが消えた!見えないシート『マジックフェイシャル』でいつでも保湿タイム!

小ジワやたるみ、シミ、クマ、ハリ不足…大人の目元に起こるトラブルは、保湿が鍵!目 …

ノーベル賞も受賞している画期的な肌再生成分EGFとは?

EGFには肌のターンオーバーそのものの若返り効果が… エイジングケア化粧品に配合 …