今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

紫外線で髪バッサバサ!今からできるヘアケアは何?

お肌の紫外線対策はバッチリ!…でも、髪は?日焼けした髪に出来るアフターケアを紹介します。
d556c1b24bd6061436da4c486fb59a26_s
日差しが強いシーズンでも、「UV対策!?バッチリだよ!」な美容優等生さんへ。 今年も夏が終わりましたが、髪の毛への紫外線対策はどうされましたか?

お肌へのダメージが気になる女性にとって、夏のお出かけでは日焼け止めが最優先課題ですが、髪の毛への紫外線対策となると、「そこまで頑張ってないかも…」という方も多いはず。それでも、髪の毛だって着実に紫外線によるダメージを受け続けているのです。

今回は、うっかり紫外線に晒してしまいバサバサになってしまった髪の毛に、今からでも間に合うアフターケアの方法をご紹介します。

1.そもそも、髪に立って紫外線対策をするべきなんです!

こまめに保湿が施され、丁寧に日焼け止めクリームを塗られ…お肌はこんなにも労られているのに、よく考えてみれば髪の毛や頭皮はほぼ丸腰の状態で太陽の日差しに照らされています。

髪の毛は太陽の日差しに照らされると、内部のメラニンが破壊されていまいます。メラニンは髪の毛の色を左右しているので、これが破壊されると健康的な黒い髪は赤みのある茶色に変色してしまうのです。

紫外線で焼けてしまった髪の毛の色は、カラーリングで綺麗に染めた色とは異なります。不健康で艶がなく、見た目年齢を一気に老け込ませてしまうでしょう。

また、紫外線は髪内部のタンパク質にもダメージを与えてしまいます。そのため、プツプツと切れやすく枝毛がちな髪になってしまうのです。

これに加えて、紫外線は頭皮の細胞も壊してしまいます。日差しを浴びダメージを貯め続けた頭皮は、抜け毛や薄毛などを引き起こす事もあるのです!

髪や頭皮にできるUV対策の方法は、日傘をさしたり帽子をかぶったり…といったものや、日焼け止めスプレーでケアする事もできます。

2.うっかり度初期〜髪が紫外線のダメージにさらされた直後にできる事〜

「うっかり髪を紫外線にさらしてしまった!ダメージが心配!」そんな時は、以下のステップでケアしましょう。

⑴まずは、冷たいシャワーや、冷やしたタオルなどを当てて日差しで火照った頭皮をクールダウンさせましょう。
⑵シャンプーやコンディショナーは、UV対策用のものを使用する事をお勧めします。
⑶日焼けしたお肌へのケアと同じく、その後はローションで頭皮に潤いを与えてあげましょう。
⑷また、洗髪後のドライヤーは髪内部の乾燥を悪化させない方法がベストだと言われています。
濡れたままは絶対にNGですが、髪の水分を失ってしまう事も避けたい時、オススメはイオンドライヤーで乾かす事です。

3.うっかり度末期〜すでにバサバサになっちゃった髪にできる事〜

紫外線の影響から、すっかり髪の毛がバサバサになってしまったのなら、トリートメントでしっかりとケアしてください。ダメージヘアへのトリートメントを、より効果的にするコツをご案内しておきます。

トリートメントはすぐ流さないで!

トリートメントをつけたら、すすぐまで少なくとも5分間はつけたままにしておいて下さい。髪に浸透しやすくなるように、蒸しタオルなどで頭をカバーしておくと、より効果的です。

トリートメント前は、髪の水分を拭き取って!

トリートメントの裏面などを見ると、「シャンプー後に水気をきって…」と表記されているかと思います。案外忘れがちなステップですが、これを守るだけでも効果はぐっとアップするのです。べちょべちょに濡れたまま始めるのではなく、一度タオルドライしてからトリートメントしてみましょう。

トリートメントは、しっかりすすいでも大丈夫!

トリートメントは、軽く流すだけ…という方も少なくはないでしょう。しかし、トリートメントは髪の表面についているわけではなく、髪の内部に浸透しているものですので、使用後はしっかりすすいでも大丈夫なのです。むしろ、流し残しが毛穴につまってしまうリスクもありますので、最後はしっかりとすすぎ流してください

        
        

  関連記事

「CCクリーム」はナチュラルメイクでもしっかりUV対策ができる優れもの

BBクリームはもう古い?流行のCCクリームってどんなもの? 今、新しいメイクアイ …

【要確認】プチプラコスメブームの火付け役【ハトムギ化粧水】が一部回収へ…

ナチュリエハトムギ化粧水に配合ミス!お手持ちのハトムギ化粧水をいますぐチェックし …

【保存版】毛穴汚れ、シミ、たるみ、ハリ…本格エイジングケアなら美顔器の力を借りよう

あなたに合うのはどの美顔器?タイプ別の特徴と効果を紹介 お肌のエイジングケアとい …

日焼け止めはクリーム?ジェル?テクスチャーによって違う特徴とは?

日焼け止めをテクスチャー別に選んでみよう! 日焼け止めを選ぶ時のポイントは何でし …

大人の女性に是非使って欲しいコンシーラーご紹介

30・40代でも意外と多いコンシーラー未体験者。「コンシーラーの使い方や選び方が …

糖尿病の治療薬メトホルミンに寿命を伸ばす働きが!効果・効能は?

メトホルミンとは糖尿病の治療薬です。非常に広く利用されており、糖尿病患者にとって …

オルチャンメイクとは?似合う年代やメイクのポイント紹介

オルチャンメイクは派手すぎないキレイを演出できるメイクとしてもおすすめ! 出典: …

見た目年齢+10歳!? マリオネットラインでブルドッグ顔にならないために!

たるみを防いで、表情筋を鍛える習慣をつけよう 「マリオネットライン」-なんだか可 …

年齢がバレやすい唇のエイジングケア方法

唇のカサつきで年齢がバレてる!?ガサガサ唇をぷるぷるにする方法は? 唇は皮膚が薄 …

安くて効果大!100円ショップで必ず買いたい美容アイテム5つ

日頃の生活用品のみではなく、実は美容アイテムの優れものも多い100円ショップ。買 …