今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

お肌の美しさと若々しさに欠かせない美肌菌とは?

自在している美肌のための菌、美肌菌。この美肌菌を上手に増やせれば美肌をずっとキープすることも可能かも!
333bca6252033206f5dc5b67fb7430a6_s
綺麗なお肌は若さと美しさの象徴ですよね。お肌のケアにはとっても気を使っている人も多いと思います。そこで注目したいのが「美肌菌」なるもの。菌と聞くとちょっと不衛生なイメージを持ってしまう人も多いでしょう。しかし、この美肌菌というのは読んで字のごとく、お肌の美しさのための菌なのです。

美肌菌とはどんな菌なのか

私たちの皮膚上には、常在菌と言われている菌がたくさん存在しています。その中でも、表皮ブドウ球菌という菌に注目です。

この表皮ブドウ球菌は、お肌の皮脂を栄養分としてグリセリンというものを排出します。ご存知の通り、グリセリンというのは、お肌の保湿や保護といった効果をもつもの。コスメや基礎化粧品にもたくさん使用されていますよね。

そう、この表皮ブドウ球菌こそが美肌菌と呼ばれているのです。

美肌菌を増やすための方法

毎日の洗顔に注意しましょう

洗顔フォームにメイク落としなど、洗浄力が強いものは、美肌菌のために必要な油分や、美肌菌そのものまで洗い流してしまうのです。

ノーメイクの日なら、ぬるま湯で洗顔するだけでも十分です。メイクした日でも、なるべく弱酸性の洗顔料を使用するなどして美肌菌を守りましょう。

アルカリ性の洗顔料を使用すると、悪玉菌はおろか、美肌菌まで殺菌されてしまいます。
生活習慣を見直そう

お部屋を乾燥させないように、加湿することは美肌菌にとてもいいことです。菌が生きて活性化するために、温度と湿度を保っておきましょう。

体を冷やさないことも大事です。美肌菌は、自分で熱を生み出すことができません。

なので、適温ではないところでは、活動が衰えてしまうのです。お風呂にゆっくり入ったり、運動して汗をかくことは、美肌菌にとってもいいことなんですね。

自分の美肌菌を培養してもらう

なんと驚くべきことに、自分の肌に存在している美肌菌を採取して培養、そこで増えた美肌菌を粉末に変えるという培養サービスも登場しています。

このサービス、とっても人気らしくいまでは美肌菌採取の予約もかなり埋まっているようですよ。自分の菌なので、安心ですし自然な形でお肌の美しさを保てるといった点では注目ですよね。

まずは落としすぎないスキンケアで、美肌菌を自分で増やしてく生活を心がけてみてはどうでしょうか。今日からできる、ぬるま湯洗顔や弱酸性のスキンケアならすぐに取り入れることができますよね。

        
        

  関連記事

万能!ココナッツオイルで上質オイルクレンジング&洗顔!

高い抗酸化効果・免疫力&保湿力アップで肌トラブルゼロ洗顔 巷でウワサのココナッツ …

グラデリップで透明感のある唇を作る!やり方のコツは?

グラデリップは派手めのカラーもかわいく決まる!特徴やポイント 色の濃いリップを使 …

美白とブライトニングの違いとは?それぞれの特徴を紹介

どちらも同じ意味だと思っている人も多い美白とブライトニングの違いについて 肌を白 …

目が小さく見えるのは蒙古ひだが原因!?整形なしでデカ目にするマッサージ方法とは

蒙古ひだを改善するマッサージとは?そのやり方は? みなさんはメイクをするとき、ど …

実年齢より見た目年齢!プラセンタサプリ「FUWARI」でハリのある毎日を

若見えケアの新習慣!FUWARIは濃密な「食べる美容液」 年齢とともに気になって …

思わず目で追いたくなる…「美人なしぐさ」で今日からしぐさ美人♪

生まれ持った造形だけなじゃない!美しさは「しぐさ」で決まる 顔のよさ?それとも、 …

30代のお肌の曲がり角にはラウディのクリーミィモイストミルクで酸化を防ごう

保湿も美容液効果もクリームも乳液ひとつでOKってほんとう? お肌のエイジングケア …

乾燥してるわけじゃないのに髪がパサついてフケがでるのはどうして?その原因と改善する方法とは?

冬は肌と同じで髪も乾燥しやすくパサつくと感じる人も多いはず。でも、冬じゃないのに …

ノーベル賞も受賞している画期的な肌再生成分EGFとは?

EGFには肌のターンオーバーそのものの若返り効果が… エイジングケア化粧品に配合 …

乾燥肌、敏感肌さん必見!「NOV(ノブ) Ⅲ」は臨床皮膚医学に基づいた、高保湿コスメ

「セラミド液晶化技術」で肌のバリア機能を強力にサポート ノブ(NOV)は臨床皮膚 …