今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

秋は夏の刺激と冬の乾燥の板挟み!! トラブルを避けるためにできることは?

カサカサ…カサカサ…お肌から落ち葉がこすれる音が聞こえてきそうな秋の乾燥! どうにかしたい!!
4df04458e82d28eaedc89de43639492b_s
肌の調子は季節や気候に左右されやすく、夏は強い紫外線から肌を守り、冬は寒い時期の乾燥からお肌を守るケアが必要です。しかし、紫外線との戦いに疲れきって、最も手を抜いてしまいがちなのが秋のお肌ケアです。

日差しもやわらいで気候もよくなり、ついケアに対して無防備に…。気づいたら乾燥やシミ、シワがひどくなっていたという声をよく聞きます。

実は、秋のお肌こそしっかりケアする必要があるのです。その理由についてお話しますね。

夏のダメージをケアしよう

外に出れば強い紫外線の影響を受ける夏、日中甩美容液や日焼け止めなどでしっかり肌を守っていたことと思います。しかし、これも肌に深刻なダメージを与えいていることをご存知でしょうか。

日焼け止めはその都度メイク落として落としていても、肌にとってはとてもつかれた状態です。いろいろな成分が入っている日焼け止めは、紫外線にとっては有効でも肌にとっては負担が大きいのです。

また、夏はエアコンの影響もあります。エアコンは肌を乾燥させるだけでないのです。冷気で知らないうちに体を冷やしてしまうことや屋外との気温差もトラブルの原因で、お肌のターンオーバーのサイクルも乱れがちに。オフィスなどではひざ掛けなどで体を温められても、顔を覆うことはできませんよね。

エアコンの乾燥、外気との違いなどで、気づかないうちに肌は相当なストレスを受けているのです。

そのままの状態で秋になり、気候のよさ、紫外線の少なさからケアを怠ると、夏の蓄積されたダメージが爆発! 肌はぼろぼろの状態になってしまいます。つまり、秋こそ肌をいたわってあげなければいけないのです。

冬のダメージはどうケアする?

夏は紫外線などでダメージを受け、秋にはケアを怠ってしまい、そのまま冬になったらどうなるでしょうか。

冬の気候が肌に与える影響は、乾燥と冷えです。

乾燥することでただ肌がカサカサになるだけならばまだいいですが、乾燥することで水分が失われ、バリア機能が低下することが問題なのです。バリア機能が低下すれば、外からの刺激だけでなく、汚れにも弱くなります。ほんの少しの外的要因が、肌にとても負担をかける状態になってしまうのです。

また、冷えも肌にとって負担になります。体が冷えることで血行不良が起こります。肌にしっかり栄養が行き渡らない状態になってしまうでしょう。血液がしっかり循環しないければ、もちろん肌も含み体全体の代謝が下がり、ターンオーバーを正常な状態では無くしてしまうのです。

そのほかにも、昼と夜の温度差も肌トラブルの原因になります。昼と夜でケアの方法を変えるなどの対処が必要ですね

洗顔から始める秋の保湿ケア

秋にするべきケアの方法はたくさんありますが、基本である洗顔についてお話しますね。

大切なのは、お肌の保湿を行いつつ、保湿の成分はそのままに洗顔することです。洗顔後に肌がつっぱったり、違和感があれば、高保湿タイプの洗顔料を選びましょう。

もちろんのことですが、洗顔料はしっかり泡立てて、そっと肌をなでるように洗いましょう。

すすぎも肝心で、皮脂を奪わない温度ですすぐことが大切です。

40度は高すぎ。35度から37度程度がベストです。

洗ったらすぐ保湿します。洗顔後は水分の蒸発がいつもよりも活発です。やさしくふいた後にすぐ保湿してあげてくださいね。その際は、手のひらで包み込むようにするのがポイントです。

秋のお肌は、夏のダメージと冬の乾燥を一手に引き受けなければいけない状態になっています。ターンオーバーを正常にするために生活習慣や食生活にも気をつけましょう。

肌にストレスを与えないで保湿をしっかりするのはもちろんのこと、睡眠や適度な運動をするなどの心がけが大切です。

        
        

  関連記事

大人の女性に是非使って欲しいコンシーラーご紹介

30・40代でも意外と多いコンシーラー未体験者。「コンシーラーの使い方や選び方が …

乾燥する冬は特に注意!お口のニオイが気になってきたら……乳酸菌LS1

夜寝る前に飴のようになめるだけ。寝ている間のお口の健康をサポート。 年齢を重ねて …

秋冬のケアこそ肝心!今までの美白ケアを台無しにする「シミ・リバウンド」にご用心

肌の乾燥がシミを悪化させる原因に!秋冬でも美白ケアはやめないで 春夏が来ると、美 …

涙袋メイクならオルチャンメイクがぴったり!ぷっくり可愛い目元に!

涙袋メイクででか目効果、小顔効果、若返り効果も! おしゃれ女子の間で大ブームの「 …

年齢がバレやすい唇のエイジングケア方法

唇のカサつきで年齢がバレてる!?ガサガサ唇をぷるぷるにする方法は? 唇は皮膚が薄 …

デリケートゾーンの悩み、予防だけでなくできてしまった黒ずみ解消に「イビサクリーム」

デリケートゾーンだけでなくバストトップ他にも使える実力派・美白クリーム >>思い …

塗るヒアルロン酸注入リップ!リップアディクトVSラシャスリップスで比較してみた

「とてもよく似た2つのアイテム…結局、どちらを選べば間違いないの!?」という方へ …

業界最高レベルの濃度!「エテルノ濃縮プラセンタ」で乾燥しがちな季節もうるうるで過ごそう

1本の70%がプラセンタという驚異の美容ドリンクについてご紹介! 「最近肌にハリ …

ボトックス、光治療、レーザー治療、その効果は?

美容皮膚科のエイジングケアってどう? Q,ケアしても消えないシワに悩んでいます。 …

体の日焼けをした際にすぐに実践したいアフターケア

体も日焼けをしたらアフターケアをしっかり行いましょう! 長時間炎天下にいたりする …