今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

白髪ができたらまず試したい3つのこと

たった一本でも自分の老化を感じさせる白髪。増やさないためにできることをまとめてみました。
7694a7fd626516f517c791e71b44914f_s
ふと鏡を見ていて白髪を発見したときの気持ちはちょっとショックですよね。

たった一本でも意外に目立ちますし、その一本でも一気に老けて見えるものです。

白髪の原因は、加齢が主たるものですが実はそれだけではないのです。

まずは、白髪ができてしまう原因を理解し、これから白髪を増やさないための対策をしていきましょう。

白髪ができる原因を知ろう

白髪は、メラノサイトという色素の細胞の活動が低下してできるもの。髪の毛の根元にある色素をつくっている細胞なので、この細胞に元気が無くなってくると髪に色素が入らなくなってしまうというわけです。

メラノサイトに元気が無くなってしまう原因は、遺伝によるものや加齢が大きな原因なのですが、他にも様々な原因が関連しています。

 

生活習慣を見直そう

健康な生活には欠かせないのが規則正しい生活です。

白髪を防ぐためにもきちんとした生活習慣を心がけていきましょう。特に睡眠不足に運動不足に加えて、強いストレスや喫煙などは血行を滞らせ体全体の代謝を悪くします。

毎日の通勤や通学時には一駅分余計に歩いてみたり、階段を利用したり。

ゆっくりと湯船につかってみるのも血行を促進してストレスを解消するのにとてもいいことです。体の代謝が良くなってくると、白髪対策にもなりますし美容健康の面でもいいことだらけです。

 

頭皮ケアに気をつけてみよう

頭皮の血行も悪くなれば、もちろんメラノサイトの活動も低下しますよね。

なので、毎日頭皮をマッサージして血行を良くしてあげることで、メラノサイトの働きを活発にしてあげましょう。

頭皮にはたくさんのツボがありますし、白髪予防のためにもストレスの解消にも毎日の習慣にしたいものです。

頭頂部の真ん中でにある百会というツボは、血行を良くしてくれますし自分でもマッサージしやすいところなのでオススメです。

マッサージと一緒に気を使いたいのがシャンプーです。

頭皮の血行促進や、ダメージケア、汚れをしっかり落とすなどの機能が備わっているスカルプケア用のシャンプーを選んでみましょう。

 

毎日の食事で白髪対策していこう

髪の毛は、お肌や爪と同じように体の一部です。きちんとした食事で髪に良い食材を意識して摂ることで白髪対策になるのです。

まず一番重要なのは体を作る元となっているタンパク質です。

無理なダイエットなどで食事を減らしてしまうと抜け毛が増えたり肌がカサカサしたりするのはこのためです。

お肉やお魚、卵など意識的に摂るようにしましょう

タンパク質の他には亜鉛も白髪に効果的です。

亜鉛は食事で摂ったタンパク質を、しっかりと髪に届けてくれる働きがあります。納豆や黒ゴマ、しじみやエビ、海藻などに含まれています。

ビタミン類もしっかりと取りたいですよね。特にビタミンA,C,Eには血行を促進してくれるので、大豆やパセリ、アーモンドなどを食事に取り入れてみましょう。

フルーツもビタミンがたくさん含まれているので毎日食べたいものです。

白髪を改善するということは、自分の体を健康にすることが一番大切です。食事や生活習慣などは、健康のために一番の基礎となるところ。

まずは自分の健康を一番に考えていくことが結果的に白髪対策にもなっていくというわけですね。

        
        

  関連記事

フェイシャルエステ、美容整形、毎日自宅で表情筋を鍛える…結局、たるみに一番効くのはドレ?

お顔のたるみを改善させるためには、どの選択肢が一番いいの? とにかく効果的なたる …

美白といえばハイドロキノン!肌の漂白剤で強力美白

美白成分として特に有名なハイドロキノン!その効果や注意点とは? 美白成分には様々 …

自宅でサロン仕様のビキニライン美白ケアができる!「VL WHITE(ヴィエルホワイト)」

独自のリポゾーム美容成分が美白効果・美肌効果を高め、黒ずみ解消! おしゃれな水着 …

エイジングケアの悩みの原因はメラニンとコラーゲンにあった!

メラニンの増加とコラーゲンの減少が毛穴、シミ、シワ、たるみを引き起こす 女性のエ …

顔の日焼けはシミに繋がることも…アフターケアの方法を紹介!

顔の日焼けを放置してしまうのはやめましょう。シミを防ぐためにも実践したいアフター …

悩み多きお年頃!思春期ニキビをなんとかしたい!

思春期ニキビに悩む人も多いもの、まずはその原因を知ってきちんとケアすることが大切 …

年齢肌の強い味方!リフトアップテープの正しい使い方と注意点

リフトアップテープを効果的に使う方法とは 美容外科やエステサロンに行く必要もなく …

間違った塗り方は逆効果!リップクリームの正しい使い方

唇を乾燥から守ってくれる便利なアイテム、りっぷクリームの正しい使い方とは? 唇の …

老け顔や疲れ顔に見えていますよ!見過ごしてませんか?唇のアンチエイジング

血色が悪い唇が、あなたを「老け顔」「疲れ顔」印象にする 赤ちゃんのように、ぷりっ …

冷やし美容特集!暑い夏の肌老化を防ぐには肌を冷やすことがポイント!

夏はベタつきやすく肌トラブルに繋がりやすい季節…冷やし美容で対策を取りましょう! …