今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

シャンプーも年齢に応じたものを使おう

シャンプーでしっかりエイジングケア
36ee73ebc5ad0184ac6b22e361417e3a_s
エイジングケアというと、ついフェイシャルケアをイメージしませんか?実際、私の周囲でも年齢とともにちょっと高めの美容液を投入したり、パックの回数を増やしたり、エステに行ったり。今時は20代でも将来への投資として早めのエイジングケアに乗り出しているようですが、やはり基本は「顔」のようです。

本格的にエイジングケアをするなら、顔とつながっている頭皮の影響は見逃せません!頭皮がたるむと顔のたるみに直結しますし、頭皮の血行不良が顔のしみ、むくみ、しわの原因だったりします。特に紫外線を一番浴びる部位なのに、顔に比べて紫外線対策されていないという点からも、ケア不足の実態がイメージできます。

美容通はいち早くヘアエイジングケアをはじめています。最近は女性の抜け毛・薄毛もかなり深刻になってきていますし、フェイシャルケアとのディープで密接な関わりを考えても、早めにケアしていくにこしたことはなさそうです。豊かでつややかな髪は女性を若々しく見せますが、白髪や薄毛は一気に女子力を奪って行きます。

あらためて髪のエイジングケアって何?と考えると、加齢とともに気になるのが「髪の痛み」「ツヤのなさ」「ハリコシのなさ」「白髪」「抜け毛」「薄毛」といったところでしょうか?髪の痛みは全年代共通の悩みですが、年々紫外線、パーマ、カラーリングや白髪染め、各種ヘアメイク剤などのダメージが蓄積していくので、深刻度が深まりそう。「髪がやせてきた」「ヘアスタイルがまとまらない」「すぐぺちゃんこになる」といった声も耳にします。こうした悩みを解決するために、今までのヘアケアを見直す必要がありますね。

年齢にあったヘアケアアイテム

若い時はどちらかというと皮脂対策だったり、カラーリングやドライヤーなどのダメージ対策メインですが、アラサー、アラフォーとなるとケア内容もぐっと増えるので、年齢にあったヘアケアアイテムを選ぶ必要があります。エイジングケア成分を配合したシャンプー、コンディショナー、トリートメントを使いましょう。

皮脂分泌も低下していくので、洗浄力が強いものよりは髪に優しく、美容成分や保湿成分、補修成分が多く含まれているアイテムを選ぶことが大切です。30代だとちらほら白髪も気になる年代ですが、白髪染めのダメージを減らすためにシャンプーやトリートメントで髪が染まるものなどもあるので、チェックしてみてくださいね。

シャンプータイムでエイジングケア

髪にいいシャンプーでマッサージするように洗うことで、頭皮の汚れを落とすと同時に血行を促進し、活性化させることができます。シャンプーも泡立てネットを使って十分に泡立て、指の腹を使って、丁寧に洗いましょう。洗顔と同じく泡で洗う感じでゴシゴシとは洗わないようにしてください。

シャンプー後は、コンディショナーやトリートメントで、保湿と補修をアロマ効果のあるヘアパックで、香りを楽しみながら&リラックスしながら髪に栄養を与えるのもよいですね。ストレスヘアを解消でき、白髪や抜け毛防止効果も高まります。

        
        

  関連記事

老け顔の原因となるたるみについて

たるみが与える印象とは 老けて見えるのは、顔に出来る影の影響が大きいと言われてい …

シワはファンデで隠れない!厚塗りよりも薄付けが肝心だった?!

男性のウケの悪いほうれい線はしっかり対策しましょう 年齢を重ねると目立ってくるほ …

紫外線対策フードで体の中から美白しよう!

食べるだけで美白できる紫外線対策フードとは? 紫外線対策と言えば日焼け止めを思い …

何もつけないスキンケア!?「肌断食」の驚くべき若返り効果とは?

肌断食で肌が本来持っている力を引き出そう スキンケアといえば、ぜいたくな美容成分 …

夏本番!強い陽射しを避ける日傘を買う前のチェックポイント

日傘選びに悩んだら、こんなポイントに注目! 帽子や日焼け止めのほかに、定番のUV …

こんなトラブルはハンドケアのサイン!今すぐ美しい手になれる方法

手がキレイな女性は若く見える!ハンドケアでアンチエイジング 人が見た目で年齢を判 …

秋は夏の刺激と冬の乾燥の板挟み!! トラブルを避けるためにできることは?

カサカサ…カサカサ…お肌から落ち葉がこすれる音が聞こえてきそうな秋の乾燥! どう …

モテ髪になりたい!3つのポイントを押さえて非モテ髪から脱却しよう

モテ髪と非モテ髪、あなたの髪型はどちらに該当しますか? 髪型があらわすのは、女性 …

出来れば併用したい…ボディ用日焼け止めは顔にも使えますか?

日焼け止めはボディ用と顔用で使い分けるほうが良い Q.ボディ用の日焼け止めを顔に …

口元から自信を持つために、舌苔ケアを取り入れよう

口臭の原因である舌苔を専用ブラシとヘラで解消 身体のパーツケアの中でも、気にされ …