今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

美人の秘密はバランスにあり!顔の黄金比率とは?

顔の黄金比率が整っていると美人に見られます。女性の場合はメイクで顔の黄金比率い近付ける場合も。
gf01a201503230500
顔の黄金比率とは、顔のパーツがどのような状態であれば美人に見えるか?というものを表す一つの目安でもあります。人によって好みは違いますが、多くの方から見て「あの人は美人だな」と思われるような方は顔の黄金比率が理想的なものになっている可能性が高いです。

自分の顔はどうなのかな?と疑問に思っている方も今回ご紹介する顔の黄金比率と比べてチェックしてみてくださいね。

顔の黄金比率と種類

一口に顔の黄金比率といっても、いくつかの種類があります。

顔のバランスについて

髪の生え際から眉頭、眉頭から鼻の下、鼻の下からあご先
のそれぞれの長さはチェックしてみましょう。これらが1:1:1になるとバランスが良いとされています。

目は幅や瞳の大きさが大切

まず、目の横幅についてですが、これは目と目の間の距離と目の幅が同じであれば美しいとされています。ただ、これは顔のタイプによっても違ってくるようで、「目:目の間:目」が「1:1:1」であれば美人系、「0.88:1:0.88」だとかわいい系だと言われることが多いようです。

そのため、「0.88:1:0.88」に近いバランスになっているものの、かわいい系ではなく美人系を目指したいと思っているのであれば、メイクで目の横幅を強調し、「1:1:1」に近い形を作ると良いですね。

また、近年は黒目を大きく見せるための黒コンと呼ばれるコンタクトが人気ですが、これは、黒目を大きくすることによって瞳の黄金比率と呼ばれるものに近づくからです。

瞳の黄金比率は「白目:黒目:白目」のバランスが「1:2:1」とされています。ただ、裸眼の状態でこのような比率になる方は少なく、日本人の平均バランスは「1:1.5:1」と言われているので、やはりカラコンを使ってバランスを取ると良いですね。

たらこ唇神話よりも、比率が大切な唇

口も大きさによって印象が変わるパーツです。こちらの黄金比率は「唇の横幅:唇の縦幅」が「3:1」になると美しいとされています。

こちらも女性であればメイクで調整できるので、自分の唇の幅を計ってみましょう。

様々な黄金比率がありますが、それらがすべて完璧として知られているのが「モナ・リザ」です。多くの方が見て美しいと感じる顔だと言われているので、黄金比についてチェックしたいという方はモナ・リザを確認してみるのも良いでしょう。

顔の黄金比に近づく方法

簡単な方法だとメイクがおすすめです。黄金比率に比べて目の横幅が小さいということであればアイラインを長めに引くだけでも簡単に対策が取れます。

本格的に今も黄金比率を目指すのであれば、プチ整形のような選択肢もあるでしょう。ただ、お金がかかるだけでなく失敗の危険性もあるためよく考えた上で選択しなければなりません。

女性の場合、メイクを変えるだけでもかなり印象が変わるので、まずはノーリスクであるメイクから試してみると良いですね。

        
        

  関連記事

ハマる美容マニア続出の『オイル美容』の魅力とは?

オイル美容で乾燥知らずにうるうる美肌!おすすめ美容オイルを紹介 目次1 スキンケ …

髪のパサつきや傷み…。美ツヤ髪になるためのポイントはココ!

ツヤの無い髪はパサついて見えてしまいます。どのような対策を取ればいいのかご紹介! …

美容外科でのシミ治療なら高い美白効果が期待できます♪

美容外科でシミ治療をしようか悩んでいる方に役立つ情報をご紹介します。 気になるシ …

泥洗顔で汚れを吸着、ミネラル保湿で美白&潤い美人に!

泥洗顔で知っておきたい効果と注意点とは? 多くの泥洗顔料の登場で、「泥洗顔」もす …

美顔ローラーの中でも大人気のMTGリファカラット紹介!

ただコロコロするだけでも高い効果が期待できる美顔ローラーMTGリファカラットとは …

一生残るかも?ニキビ跡の恐怖、どう対処すべき?

大人のニキビ跡はターンオーバーだけでは間に合わない 大人の悩みの1つ、ニキビ。思 …

結構みんなやってる!?メイク落としせずに寝ると、お肌はどうなるの?

危険性は?メイクを落とさず寝てしまった時の、回復スキンケアを紹介します! メイク …

肌トラブルを避けるには日焼け直後のアフターケアが大事!

日焼けをしてしまったら、できるだけ早く対策を! その方法は? 美肌を作りたいと思 …

耳たぶつまみが顔のたるみに効く?メカニズムを知り30代からの変化に勝つ!

耳たぶをつまむだけでリフトアップ?誰でも簡単にできる方法 年齢肌を感じさせるポイ …

化粧水をバシャバシャ使うことで乾燥するって本当!?

落とし穴に落ちない、正しい化粧水の使い方のこと 女性がスキンケアを行ううえで、保 …